高山都の日々、うつわ。

#15 パリの味。

#15 パリの味。

去年の年末、ひとりでパリを旅した。
同じ年の秋、仕事で滞在したのをきっかけに
いっぺんにその虜(とりこ)になってしまった街。

ひとりきりで海外を旅するのは初めてで、
決心するまでには少し悩んだけれど、
短い滞在の間に感じた、パリの人々の飾らない暮らし、
健やかでどこまでもシンプルな食の魅力を
もっともっと知りたくて、
えいやっと航空券を手配したのだった。

旅の目的やスケジュールを明確に決めなかったのは
できるだけ日常の延長線上でパリを楽しみたかったから。
滞在する場所もホテルではなくアパートメントを借りて、
その日の気分でどう動くか決めようと思っていた。

かくして上陸したパリ。
大規模なストライキの期間に当たってしまって
電車もバスも、タクシーすらほとんど動いていない。
移動は自然と徒歩が多くなってしまって
最初は「あーあ」と思っていたのだけれど、
だんだんそれが面白くなってきた。

#15 パリの味。

#15 パリの味。

朝起きて、天気が良ければブラブラと歩く。
途中に気になる教会や美術館があれば立ち寄って、
疲れたら目についたお店でカフェオレを飲む。
そんな日々を過ごしているうちに土地勘もついて
気づけば地図なしであちこち歩き回れるようになった。

朝、いつものようにアパートの近くを散歩する。
パリの人はみんな早起きで、
7時半頃から散歩やランニングしている人が多い。

早朝というのにもう開店している店もあって、
ひときわにぎわっているのがパン屋さん。
ランニングの途中に立ち寄って、
焼きたてのバゲットを抱えて帰る人の姿もあって、
なんだかいいなあ、と思った。

ある日、まねしてバゲットを一本買って帰った。
前の日に買っておいたバターを大きめに切って、
マルシェで調達した生ハムを挟む。
どこまでもシンプルなサンドイッチなのに、
「おおお……」と声が出てしまうほどおいしい。

#15 パリの味。

#15 パリの味。

お料理用に買い求めたバター。
じつはフランス語が読めなくて、有塩を買うべきところを
間違えて無塩バターを買ってしまった。
でもそれが大当たり。

生ハムの塩気とバターのコクがちょうどいい塩梅(あんばい)で
これ以外の具材を入れるのは邪道だと思うほどの
最高のバランス。
ひとつひとつの素材がしっかり存在感を持っていれば
余計なものはいらない。
パリの人の暮らしがどこまでもシンプルなのに
とても豊かだと感じるのは、まさにこういうことなんだと思った。

普段は近所のスーパーで何げなく買っていたバター。
パリから戻ってからは、しっかりと吟味して選ぶようになった。
朝の日課のランニングの帰りに、少し遠くのパン屋さんに寄って、
焼きたてのバゲットを買う。
ああ、この味。
なんてことはない。
東京でだって、シンプルでも豊かな暮らしはできる。
大切なのは、考え方なんだ。

パリで過ごした10日間。
特別なことは何もなかったけれど、
とても大切なことを教えてもらったと思っている。

#15 パリの味。

今日のうつわ

パリの蚤(のみ)の市で買ったアンティークプレート

プライベートでパリに行きたいと思わせてくれたことのひとつが蚤の市。撮影で少しだけ立ち寄ったのですが、そのときにアンティークの器の美しさに魅了されました。気になっていた店に再訪し、今度は時間を気にせずお買い物。最近集めている白い器に加えて、繊細な絵付けが施されたプレートもいくつか買い求めました。器だけだとややガーリーな感じがしますが、シンプルでラフなバゲットサンドをのせると、素朴で温かみのある雰囲気になりました。

    ◇

写真 相馬ミナ 構成 小林百合子

PROFILE

高山都

モデル 1982年、大阪府生まれ。モデルやドラマ、舞台の出演、ラジオ番組のパーソナリティなど幅広い分野で活躍。フルマラソンを3時間台で完走するなどアクティブな一面も。最近は料理の分野でも注目を集め、2作目となる著書『高山都の美 食 姿2』では、背伸びせずに作る家ごはんレシピを提案。その自然体なライフスタイルが同世代の女性の共感を呼んでいる。

高山都の日々、うつわ。

丁寧に自分らしく過ごすのが好きだというモデル・女優の高山都さん。日々のうつわ選びを通して、自分の心地良いと思う暮らし方、日々の忙しさの中で、心豊かに生きるための工夫や発見など、高山さんの何げない日常を紡ぐ連載コラム。

おすすめ記事

  • #14 どんぶりの中の夢。

    #14 どんぶりの中の夢。

  • #13 食器棚を整える。

    #13 食器棚を整える。

     

  • #12 クリスマスの夜。

    #12 クリスマスの夜。

  • >>「高山都の日々、うつわ。」 記事一覧へ

    #14 どんぶりの中の夢。

    一覧へ戻る

    RECOMMENDおすすめの記事