花のない花屋

平坦ではなかった10年「2人とも頑張ったね」 シングルマザーの私から娘へ

〈依頼人プロフィール〉
林 淳子さん 35歳 女性
東京都在住
大学職員

     ◇

昨年娘が10歳を迎えました。思えば、これまでの10年は私たち母娘にとって平坦(へいたん)な道ではありませんでした。私は大学院生のときに結婚して娘を授かりましたが、1歳のときに離婚。以来ずっと娘と2人暮らしです。離婚するときに一度、研究の道をあきらめることも考えましたが、両親の支援のおかげで無事に博士論文を提出、3年前に大学教員の職に就くことができました。

娘にとってこの10年は決して最善のものではなかったように思います。研究の道で身を立て、娘を養っていくと決めてからは、私は幼い娘を抱えながらも研究優先の日々を過ごしてきました。

日中は保育園に預け、ときには遠方に住む両親の助けを借り、お迎えに行った後も娘と研究室に戻って論文を書くこともしばしばありました。土日に研究会や学会があれば、シッターさんや両親に娘を預けて出席しました。

研究に集中する時間を作るため、遠方の実家に娘を数週間預けることもありました。一人で育てると覚悟を決めた割に、家庭らしい時間を作ることができていない自分に嫌悪感を抱くこともありましたが、「厳しい研究職の争奪戦を勝ち抜き、娘を養うため」と自らを奮い立たせ、歯を食いしばる毎日でした。

しかし、大学に就職してからはさらに忙しくなり、1限目の授業があるときは娘より早く家を出ていき、夜は娘が寝る直前に帰ってくるということも。保育園の送りも迎えも、入浴も食事もシッターさん任せで、娘と会う時間は1日30分程度という時期もありました。娘から「もっとラクな仕事に変えられないの?」と言われたこともあり、父親に「ママと一緒に暮らしていても、一緒に暮らしていない感じ」と愚痴っていたこともあったそうです。

それでも、そんな環境の中で娘はシッターさんとうまくやり、私に付き合って研究室へ行けば、ほかの先生や大学院生と仲良くなり……。いつも人を尊重し、人の気持ちを慮(おもんぱか)れる優しい子に育ってくれたことに感謝です。

この10年、シングルマザーとして生きることは容易ではありませんでしたが、「ママ大好き」「ママお勉強頑張ってね」と言ってくれる娘が大きな支えでした。そこで、私たち2人とも10年間頑張ったね、またこれからもともに歩んでいこうね、という気持ちを込めて娘に感謝の花束を贈りたいです。

娘はやわらかい雰囲気の女の子で、今はバレエが大好き。できたらやさしい色使いで、バレエをテーマにアレンジしていただけるとうれしいです。これから自分の道を模索していく娘に、「明るい未来が待っているよ」「好きな道を歩んでいってね」と励ますお花になりますように。

平坦ではなかった10年「2人とも頑張ったね」 シングルマザーの私から娘へ

花束を作った東さんのコメント

今回はバレエをテーマにということでしたので、舞台に送り出すイメージでブーケを作ってみました。

バレエのチュチュのようにヒラヒラしているのは、ピンクのスイートピーです。そこに優しいイメージのサクラコマチやエピデンドラム、ピンクから白のグラデーションが美しいダリアなどを挿していきました。ピンクと白のあわい花束にアクセントを与えているのが、濃いピンクのラナンキュラス。ボリュームたっぷりに加えたのが、明るいグリーンのゼラニウムです。花束から漂ういい香りはこのゼラニウムの葉です。

つぼみも意識的に多く挿したので、これからどんどん咲いてくるはず。明るい未来に向かって咲き誇る娘さんへ、僕からもエールを送ります。

平坦ではなかった10年「2人とも頑張ったね」 シングルマザーの私から娘へ

平坦ではなかった10年「2人とも頑張ったね」 シングルマザーの私から娘へ

平坦ではなかった10年「2人とも頑張ったね」 シングルマザーの私から娘へ

平坦ではなかった10年「2人とも頑張ったね」 シングルマザーの私から娘へ

(&編集部/写真・椎木俊介)

>>これまでの「花のない花屋」をまとめ読み


  •    

    「治ったら彼女と結婚する」 闘病支えてくれた妻へ改めてプロポーズ
       

       

    「治ったら彼女と結婚する」 闘病支えてくれた妻へ改めてプロポーズ


       


  •    


       

       

    あっという間に逝ってしまった父へ 言えなかった「ありがとう」を込めて


       


  •    

    不遇に見えていた次男 希望をかなえて社会へ
       

       

    不遇に見えていた次男 希望をかなえて社会へ


       

  •      ◇

    「&w」では、読者のみなさまから「物語」を募集しています。
    こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。
    花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。
    詳しくは応募フォームをご覧のうえ、お申し込みください。

    フラワーアーティスト・東信 (あずままこと)

    平坦ではなかった10年「2人とも頑張ったね」 シングルマザーの私から娘へ

    1976年生まれ。
    2002年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。2005年よりフラワーアーティストとして、ニューヨーク、パリ、ドイツ、ブラジル等、国内外で精力的な活動を展開。独自の視点から花や植物の美を表現し続けている。
    近著に作品集「ENCYCLOPEDIA OF FLOWERS Ⅳ 植物図鑑」(青幻舎)など。

    facebook

    instagram

    http://azumamakoto.com/

    PROFILE

    椎木 俊介(写真)

    ボタニカル・フォトグラファー

    2002年、東信とともに、銀座にオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。東が植物による造形表現をはじめると時期を同じくして、カメラを手にし、刻々と朽ちゆき、姿かたちを変容させていってしまう生命のありようを写真に留める活動に傾倒していく。日々、植物に触れ、その生死に向き合ってきたからこそ導き出すことのできる、花や植物のみが生来的に有する自然界特有の色彩や生命力、神秘性を鋭く切り取っていく。

    2011年に初の作品集となる東信との共著『2009-2011 Flowers』(青幻舎)を発表以降、常に独特の視点ですべての東の作品を捉え続け、近年は映像制作にも力を入れ、多岐にわたる活動を行っている。


    「治ったら彼女と結婚する」 闘病支えてくれた妻へ改めてプロポーズ

    一覧へ戻る

    50代で転職した夫へ、生き生きと働けることを願って

    RECOMMENDおすすめの記事