店で

春に使いたいリュック

春に使いたいリュック

東京ミッドタウン「イデーショップ」では、真鍮(しんちゅう)の金具がアクセントになったリュックを選ぶ。素材は綿60%、ナイロン40%の生地で、色に深みがあり手触りも優しい。底部やファスナーのストラップにはスエードを使い上質感を出した。くたっとした形は肩の力が抜けた大人の女性が持つのにも良さそう。写真のグレーのほかに黒、ベージュもそろう。1万7380円。

春に使いたいリュック

きれいなオレンジと黒のコントラストが目を引くリュックは、代官山「コンバーストウキョウ」で見つけた。通常の7倍の強度があるという特殊なナイロンを用い、はっ水性にも優れている。スポーティーなデザインだがトレンチコートなどとも合わせやすい。両脇のメッシュのポケットは水筒やぬれた傘などを入れるのに便利。他に黒、茶。1万3200円。

春に使いたいリュック

神楽坂「よこぐも」では「イエティザック」に注目。神戸の登山用ザックメーカーの製造で、重心が上にくるようなパターンや肩の負担を軽くするショルダーベルトなど機能性はそのままに、日常的に使えるデザインに落とし込んだ。軽く、体に沿う感触が心地良い。ハリのある素材でオフィススタイルにも似合う。2万350円。

おすすめ記事 【#ファッション・ビューティー

  • バッグ、小さく?大きく? デジタル化で減る荷物とマッチ

    バッグ、小さく?大きく? デジタル化で減る荷物とマッチ

  • 春を待つトップス

    春を待つトップス

  • タイ・チェンマイのバーンロムサイでつくられたリメイク・ハンドバッグ 川内倫子さん

    タイ・チェンマイのバーンロムサイでつくられたリメイク・ハンドバッグ 川内倫子さん

  • PROFILE

    飯塚りえ

    ゴロゾーマシーン 編集者・ライター
    ファッション業界紙、建築雑誌、女性サイトの編集などを経て編集プロダクション設立。著名人、研究者など200名以上にインタビュー。ファッションから先端科学まで幅広く執筆中。
    https://ja-jp.facebook.com/gorozomachine.jp/

    今年のバレンタインは? 

    一覧へ戻る

    アウター、多様なデザインが今年風

    RECOMMENDおすすめの記事