オトコの別腹

「高山堂」の神戸生きんつば 森永卓郎さん

「高山堂」の神戸生きんつば 森永卓郎さん

「高山堂」の神戸生きんつば

きんつばは「刀の鍔(つば)」に似ていることから名付けられた和菓子です。だから、発祥は丸い形なんです。ここのきんつばは、その本来の形をしているのがまずいい。そして、食感が柔らかくてさっぱりしている。小豆そのままの味。お土産に新大阪の駅でよく買ってきますが、みんなおいしいって言うんです。これは外したことないですよ。

でも、私は食べたとしてもほんのひとかけら。約20キロダイエットしたCM契約は今も続いていて、リバウンドが許されない(笑)。仮に1個食べても、いきなり体重が増えはしないと思うけど、気持ちが切れちゃうので。

でもね、ずっとそれを続けていると、昔とは違ってひとかけらで十分満足できるように変わるんです。妻もここのきんつばが好きで、僕は体重が目標を下回っているときに、ほんのちょっともらうんです。とてもおいしいですね。食べるのがもったいないくらい。

日本のスイーツはアートですよね。でも、値段が高ければいいというものでもない。ここはきちんとした品質のものを適正な価格で提供しているところもいいですね。

    ◇

「高山堂」 兵庫県西宮市の本店(電話0120-763321)、JR新大阪駅構内など阪神間に6店舗。6個入り842円。午前9時半~午後7時。オンラインショップでも注文可。火曜休み。

PROFILE

「高山堂」の神戸生きんつば 森永卓郎さん

森永卓郎さん

もりなが・たくろう 1957年生まれ。経済アナリスト、独協大教授。専門はマクロ経済学、計量経済学など。近著に「親子ゼニ問答」(角川新書)。

>>「オトコの別腹」バックナンバー

「小宮のせんべい」の草加せんべい 筒型プチギフト 小宮孝泰さん

一覧へ戻る

「目白 志むら」の姫薯蕷饅頭 小林研一郎さん

RECOMMENDおすすめの記事