おんなのイケ麺

「鉄板焼き 高見」の豚焼きそば 御喜美江さん

「鉄板焼き 高見」の豚焼きそば 御喜美江さん

「鉄板焼き 高見」の豚焼きそば

単身16歳で留学してから47年、ドイツを拠点に活動しています。演奏家って演奏旅行が多いから、よく食べ物屋さんを知っているし美食家が多い。だから、おいしいものは尊敬する演奏家に聞くに限ります。このお店は指揮者の佐渡裕さんに教えてもらいました。

先日はここのカウンターでお任せのコースを頼みました。その日にある食材で即興的に作ってくれて、最後に出てきたのが塩、しょうゆ、ソースの3種類の焼きそば。焼きそばってやっぱり庶民的な食べ物ですよね。その前にさんざん豪華な魚介や肉を味わわせて締めに焼きそばなんて、よほど自信がないと出せない。確かにおいしくて、たくさん食べた後なのに焼きそばも食べきりました!

目の前の鉄板で、オーナーがヘラを使ってリズム良く食材を巧みにまとめ上げていく。そのリズム感とハーモニーがまるでオーケストラの指揮者のようなんです。演奏の最後にアンコールのような形で焼きそばを持ってきて、あー、今日の演奏良かったねって。

同じ材料でも作る人の才能次第で味が変わる。それは演奏と似ているように思います。

    ◇

「鉄板焼き 高見」 東京都渋谷区広尾3の12の40の2階(電話03-5766-8120)。935円(別途お通し代660円)。午後5時半~翌午前0時(ラストオーダー午後10時半)。日曜休み。

PROFILE

「鉄板焼き 高見」の豚焼きそば 御喜美江さん

御喜美江さん

みき・みえ クラシックアコーディオン奏者。ドイツ・フォルクヴァンク芸術大学副学長などを務める。2018年、ドイツの音楽賞「オーパス・クラシック賞」を受賞。

>>「おんなのイケ麺」バックナンバー

「ラー麺ずんどう屋」の元味らーめん 谷村美月さん

一覧へ戻る

「東京うりずん」の沖縄そば 木村衣有子さん

RECOMMENDおすすめの記事