NYのタイムズスクエアをジャック 「美は #競争ではない」

SK-IIのキーカラー、深紅の色で統一されたステージ。煌々(こうこう)と光る、いくつもの大画面。雨上がりでぬれた路面は光を反射して、つややかにきらめく。ニューヨークのタイムズスクエアに特別に設置された会場は、開始前からドラマチックな印象だ。

グローバルスキンケアブランドのSK-IIは、3月3日に大々的なイベントを開催した。同イベントは、オリンピックの公式スキンケアブランドとして、6組のアスリートを迎えたキャンペーン「#NOCOMPETITION 美は #競争ではない」の一環だ。

NYのタイムズスクエアをジャック 「美は #競争ではない」

観客が固唾(かたず)を呑んで見守る中、デジタルビルボードにシモーン・バイルスのアバターが登場。タイムズスクエア全体が、SK-IIの世界に包まれたかのように、幻想的な雰囲気に

駆けつけた多くの人が注目する中、さっそうと登場したのは、弱冠22歳にして、オリンピックで5つのメダルに輝いたトップアスリートのシモーン・バイルス。「今夜は競争について語りたいと思います。それは、私が決して申し込んでいない競争、つまり『美』の競争です。私は非現実的な美の定義との闘いや、揚げ足をとるような、インターネット上の有害なカルチャーにはもう目を向けません。ともに立ち上がり、『#NOCOMPETITION 美は #競争ではない』と宣言することで、私たちは勝利するのです」と語り、 美しさとは何であるかを定義するのは自分で、自身の美しさを他人が決めるべきではないことをアピールした。

NYのタイムズスクエアをジャック 「美は #競争ではない」

元気はつらつとステージに上がったシモーン・バイルス。東京オリンピックでの活躍が期待される
(Photo by Craig Barritt/Getty Images for SK-II)

バイルスがカウントダウンした後に、タイムズスクエア中の電光掲示板がジャックされ、彼女を元にしたアニメーションが流れだした。この動画は、バイルスのデジタルアバターと、彼女を襲う巨大な“Kaiju”(怪獣)との戦いを描いたもの。50メートル以上あるKaijuの正体こそ、体操選手としての彼女の容姿や振る舞いに対して向けられた、ネット上での実際の批判コメントやツイートだ。動画は、世の中が決める美しさの定義や、こうしたネット上での批判に対する彼女の戦いを描き出し、タイムズスクエアの 41 ものデジタルビルボードを独占。複数の大型ビジョンが連動して披露された、約3分間の圧巻のパフォーマンスとなった。

NYのタイムズスクエアをジャック 「美は #競争ではない」

バイルスの実体験をもとに、インターネット上に書き込まれた心無いコメントを表現した”Kaiju”

NYのタイムズスクエアをジャック 「美は #競争ではない」

Kaijuが会場をジャックした

このパワフルな動画を手がけたのは、ジョン・サンダース監督。ナイキのアイコニックなショートフィルムのアニメーション『ザ・ラスト・ゲーム』で知られる。制作会社は、『One Day in September』(邦題:ブラック・セプテンバー)でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞に輝いたこともある、パッション・ピクチャーズ。強力なタッグのもと、誰の心にも響くようなストーリーに仕上がっている。

「この動画は、私の人生で最大の戦いです。自分のストーリーを多くの人と共有できたことは、私にとって大きな意味がありました。このような美の批判を受けたことがある若い女性や女の子たちが、今日ここで起きたことを見て、美の基準の押し付けと戦っているのは自分だけではないということを知ってほしいと思います。美しさとは何であるかは、自分自身で定義することができます。私たち自身の美しさを他人が決めるべきではないのです」と、バイルス。

記者や観客からの声援のあと、続いて同ブランドアンバサダーの綾瀬はるかが登壇した。キーカラーの赤いトレンチコートを身にまとった綾瀬は、エレガントで華やか。バイルスと一緒ににこやかに写真撮影に応じ、観客の興奮が止まらない、エキサイティングな夜となった。

NYのタイムズスクエアをジャック 「美は #競争ではない」

綾瀬はるかの登場で、スペシャルな夜がさらに盛り上がった
(Photo by Craig Barritt/Getty Images for SK-II)

アスリートの実体験に基づく6部構成の動画『SK-II スタジオアニメーションシリーズ “VS”』では、見た目、振る舞い、気持ちまでを抑制する不要な美の競争に対して、それらと対峙(たいじ)するアスリートたちの姿を描く。問題の切り口は「アンチ」「プレッシャー」「ルックス」「ルール」「リミット」「マシーン」という6つの側面。同動画シリーズは2020年4月6日に世界同時公開予定だ。

(取材・文=長谷川安曇)

女優・大政絢さんが『Precious』新ミューズに。「改めて、新人になったような気分です」

TOPへ戻る

《「&w」読者プレゼント》銀座のホテルディナー券や酒井美華さんの器、按田餃子の調味料が当たる!

RECOMMENDおすすめの記事