とっておきのお福分け

【読者プレゼント】何があっても共に生きる夫婦を描く、映画『在りし日の歌』劇場鑑賞券

朝日新聞デジタル&wとっておきのお福分けでは、ライフスタイルを豊かにする手がかりとして、編集部で厳選したすてきな読者プレゼントをお届けします。今回のプレゼントは、中国の激動の30年を背景に、何があっても共に生きる夫婦を描く、映画『在りし日の歌』劇場鑑賞券です。

【読者プレゼント】何があっても共に生きる夫婦を描く、映画『在りし日の歌』劇場鑑賞券

『在りし日の歌』4月3日(金)より角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開 © Dongchun Films Production

様変わりし続ける社会のなかで、それでも人は生きていく

舞台は中国。“一人っ子政策” が進む1980年代、めざましい経済成長をとげた1990年代、そして2010年代。喜びと悲しみ、出会いと別れを繰り返し、それでも共に手をたずさえて生きていく夫婦の姿を、中国の激動の30年を背景に映し出す映画『在りし日の歌』が、4月3日(金)より全国公開されます。大きく変貌(へんぼう)し続ける社会の中で、精いっぱい生きる庶民の姿が丁寧に描かれています。

主役夫婦を演じたのは、『薄氷の殺人』(2014)のワン・ジンチュンと、『黒衣の刺客』(15)のヨン・メイ。80年代の若夫婦から2010年代の老夫婦まで、見た目だけでなく内面的な変化までをも繊細に演じきった2人は、第69回ベルリン国際映画祭で、最優秀男優賞と最優秀女優賞をW受賞する快挙を成しとげました。

この映画の劇場鑑賞券を3組6名様にプレゼントいたします。

喜びも、悲しみも 一緒に重ねてきた日々は、こんなにもいとおしい

STORY

1986年。中国の地方都市にある国有企業の工場に勤めるヤオジュンとリーユン夫婦は、ひとり息子のシンと幸せに暮らしていた。同じ工場で働く仲間のインミンとハイイエン夫婦には、シンと同じ年の同じ日に生まれた息子ハオがおり、2組の夫婦は家族ぐるみの付き合いをしていた。ところがある日、シンがハオに連れられて行った川で、幼い命を落とし、一家の幸福な日々は突然終わりを告げる。

乗り越えられない悲しみを抱えたヤオジュンとリーユンは、住み慣れた故郷を捨て、インミン、ハイイエンら親しい友と別れ、彼らのことを誰も知らない福建省の小さな町へと移り住む。やがて時は流れ――。

>>応募はこちらから(3月29日〈日〉締め切りです)。

応募の条件は、下記の通りです。
応募条件は二つあります。
1.メルマガの受信登録
&編集部からお送りしている「&w」「&M」「&TRAVEL」の各メルマガの受信登録をしていただくことです。詳細は下記をご確認ください。
※すでに「&w」「&M」「&TRAVEL」の各メルマガを受信いただいている方もご応募できます。

2.SNSのフォローと拡散へのご協力
「&w」のTwitterFacebookInstagramいずれかのアカウントをフォローしてください。
さらに、プレゼントキャンペーン投稿をTwitterの場合は、ハッシュタグ(#お福分け)をつけてリツイート、Facebookの場合はシェア、Instagramの場合はリポスト(リグラム)をお願いいたします。

※抽選に際しては、条件に同意のうえ不備なく応募してくださった方を対象といたします。
※応募後の取り消し、およびお問い合わせはお控えください。
※応募者多数の場合は厳正な抽選により当選者を決定します。発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※日本国内のご住所のみの対応とさせていただきます。ご住所の入力がない、もしくはご住所に間違いがあり商品が送付できなかった場合は、当選を辞退されたとみなし発送を停止させていただきますので、あらかじめご了承ください。
※当選の権利を他人に譲渡することはできません。

応募はこちらから。

『在りし日の歌』

4月3日(金)より角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
公式HP:bitters.co.jp/arishihi
監督:ワン・シャオシュアイ(王小帥)  脚本:ワン・シャオシュアイ(王小帥) 、アー・メイ(阿美)
出演:ワン・ジンチュン(王景春)、 ヨン・メイ(詠梅)ほか
英題:SO LONG, MY SON 原題:地久天長
2019年/中国/185分/カラー
配給:ビターズ・エンド
© Dongchun Films Production

■「&w」読者プレゼント「とっておきのお福分け」
>>これまでの「とっておきのお福分け」を見る

この記事をシェアしよう!
応募はこちらから

【読者プレゼント】書籍『ニューヨークでしたい100のこと 大好きな街を暮らすように楽しむ旅』 を5名様に

一覧へ戻る

【劇場鑑賞券プレゼント】世界的ベストセラー小説が映画に「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」

RECOMMENDおすすめの記事