子どもの情報教育元年 スタイリッシュなパソコンで親子が楽しめるパソコン学習とは?PR

新型コロナウイルスの感染予防のため、はからずも在宅勤務の機会が増えている人も多いだろう。休校で在宅の機会が増えたお子さんが、パソコンで仕事にいそしむ親の姿に興味を示す。そんな場面も増えているに違いない。

親子で過ごす時間が増えて

フリーランスの編集者、ライターとして活躍する原かおりさん(44)=東京都世田谷区在住=も2月下旬以降、不急の出張取材が延期になるなどし、自宅でノートパソコンとにらめっこする日々を送っている。人々が外出する機会が減ってネットを見るようになったためか、ウェブ記事の制作などで逆に忙しくなったという。

そんな母親の傍らで、小学2年生の長女すみれちゃん(8)=仮名=が、興味津々のまなざしで画面をのぞき込むこともしょっちゅうだ。自宅から数分で通える小学校がやはり3月2日から休校となり、自宅で共に過ごす時間がぐっと増えた。

子どもの情報教育元年 スタイリッシュなパソコンで親子が楽しめるパソコン学習とは?

一緒に自宅で過ごす時間が増えたという原さん親子

昨年から小学校のPTA役員を務めているため、わが子に学校の様子を聞きながら、保護者向けの書類をWordで作る作業も日常的になっている。

「こういう機会なので、そろそろ娘にもパソコンを触らせて、一緒に使いながら基本的な操作を身につけさせてもよいかなと思っています」

原家ではもともと、子どもが小さいうちはデジタルデバイスにはほとんど触らせない教育方針だった。

2020年度から始まる情報教育

ただ、子どもを取り巻く教育環境は昨今、劇的に変わりつつある。インターネットの普及や人工知能(AI)の進化といった社会の変化を受けて、新しい学習指導要領では、パソコン活用をはじめとする「情報活用能力」の育成が重視される。

2020年度から始まる新学習指導要領で、プログラミング教育が小学校で必修化されるほか、キーボード入力などの操作や、パソコンを使ったプレゼンテーションの授業も本格化する。今後、中学、高校もふくめてすべての学校で「主体的・対話的で深い学び」(いわゆるアクティブ・ラーニング)が推進され、特定のテーマをネットで調べたり、議論して考えをまとめたり、発表したりといった授業が展開されることになる。2024年度の大学入学共通テストからは、CBT方式(Computer Based Testing)という、パソコンで試験を受ける方式が検討されている。

「新年度から中学年になるので、まずはパソコン自体に慣れるところからかな。でもゲームなどの遊びには使わせたくはないので、お小遣い帳をつけるとか、本人が自然と興味を持つことから覚えさせたい」と原さん。

リビングにぴったりのノートパソコン

そんな原さんにおすすめなのが、映像・音・デザインにこだわったリビングにぴったりの富士通FMV「LIFEBOOK AH-X/D3」。実は原さんが現在使っているノートパソコンも同じLIFEBOOK AHシリーズだが、使い始めて5年以上経つので、そろそろ買い替えを考えていたという。

それならと、AH-X/D3をふたりに試してもらった。

子どもの情報教育元年 スタイリッシュなパソコンで親子が楽しめるパソコン学習とは?

4K対応の映像の美しさを肉眼で確かめた原さん親子

高速起動でネットサーフィンも快適

AH-X/D3は、ハードディスクドライブではなく、高速タイプのSSDが搭載されているため、起動やブラウザのページ表示、ファイルの読み書きがさらに高速になり、ストレスなく仕事ができる。インターネットを立ち上げ、いつもチェックするニュースサイトを閲覧し始めた原さんは「はやーい」と思わず声をもらす。

有機ELディスプレイの美しさに没入感高まるデザイン

何よりも素晴らしいのはディスプレイの美しさ。AH-X/D3は4K×有機ELディスプレイを搭載しており、バックライトを使用せずにピクセル単位で発光を制御できるのが特長。高精彩かつ、漆黒や高輝度で色鮮やかなハイコントラスト映像を楽しめる。

画面に映し出されたグランドキャニオンや花弁の画像を見たふたりは「きれーい」「明るいねー」と歓声をあげた。AH-X/D3は左右わずか約7.8mmの狭額縁液晶を採用していて、画面周りがすっきりし、よりディスプレイに没入できるデザインになっている。

子どもの情報教育元年 スタイリッシュなパソコンで親子が楽しめるパソコン学習とは?

キーボードの打ち心地を確かめる原さん

打ち心地にこだわったキーボード

キーボードのキーストローク(沈み込む深さ)は、無理なく打ちやすい約2.5mmで、指の力に合わせてキーの重さも調整されている。原さんも「いま使っているものよりも、打ちやすくなっている。パンチ疲れも軽くなりそう」と高評価。この日はじめてキーボードに触れたすみれちゃんも、試しにカチカチとキーをたたいて喜んだ。キーの側面はキラリと輝くプリズムクリアキーを採用しているため、見た目も美しい。

原さんは「やっぱり、かな入力よりはローマ字入力を覚えてもらいたいかな。でも、その前にアルファベットを習うのが先だけど(笑)」。

パームレスト部分には、金属調のヘアラインテクスチャーが採用された。手が触れる表面にはマットコーティングが施されたことで、見た目に美しく、スムーズな触感を実現している。

活用機会が増える「Office 2019」を標準搭載

肝心のアクティブ・ラーニングや家庭学習への活用だが、AH-X/D3にはマイクロソフトの「Office Home & Business 2019」が標準搭載されている。いまやオフィスワークに不可欠なOfficeだが、子どもにとっても必須のツールだ。

アクティブ・ラーニングは、グループで主体的に調査や議論をし、意見をまとめて発表する機会もある。そんな場面で頼りになるのが「Power Point」。調べた結果や自分の考えを整理し、相手にわかりやすく伝えるための表現力を高めることができる。

さらに中高生になれば、Officeを活用する機会はもっと増えるだろう。実験やアンケート結果を分析したりグラフにする際には「Excel」。レポートを手際よくまとめて見栄えもよく整えるには「Word」が最適だ。早いうちに操作に慣れておいて損はない。

子どもの情報教育元年 スタイリッシュなパソコンで親子が楽しめるパソコン学習とは?

「楽しもう Office キッズ」サイトで、マウスで遊べるジグソーパズルを体験する原さん親子

遊んで学べる「楽しもう Office キッズ」

Office をもっと活用したいというお子さんには、マイクロソフト社のウェブサイト「楽しもう Office キッズ」が大いに役立つ。夏休みの自由研究や学校新聞、お誕生会の招待状、朝顔の観察日記などに使える「ひな型ファイル(テンプレート)」が多数アップされている。どれも無料で使える。勉強に疲れたときにアタマを休めるためのパズルやゲームなどのお楽しみツールも充実している。原さん所望の「お小遣い帳」も含まれている。

お子さんの家庭内での学習環境が変わることで、少し先の未来も変わっていくかもしれない。

新年度、新しいスタイリッシュなパソコンで、親子で一緒に楽しくPC学習に取り組んでみませんか。

子どもの情報教育元年 スタイリッシュなパソコンで親子が楽しめるパソコン学習とは?

今回ご紹介したFMV「LIFEBOOK AH-X/D3」は、ブライトブラックのみだが、「AH77/D3」「AH53/D3」には、リビングにぴったりな色が選べる4色のカラーバリエーションが用意されている。

◆FMV「LIFEBOOK AHシリーズ」の公式サイトはこちら

◆「楽しもう Office キッズ」はこちら

ショー中止の「東コレ」 デザイナーらが工夫する新しい発表スタイルとは

TOPへ戻る

生きている実感が湧いてくるサンドイッチとスープを食す ベーカリー&カフェ「kamakura 24sekki」

RECOMMENDおすすめの記事