花のない花屋

桜の季節に思い出す「この子は僕の宝物」と言ってくれた父へ

〈依頼人プロフィール〉
佐々木和歌子さん(仮名) 58歳 女性
東京都在住
会社員

     ◇

大好きな父が亡くなって今年で19年です。毎年この時期になると、いまだに父を思い出しては涙が出てきます。

私たち姉妹には姉が2人いたそうですが、流産してしまい、やっとのことで生まれたのが私たち年子の姉妹。母は、気に入らないことがあると手を上げ、育児放棄(ネグレクト)のようなところがありましたが、父は私たちにほんとうに愛情をかけてくれました。

父は、毎年3月3日には庭の桃の木から花を摘んできて、わざわざ杵(きね)でついたお餅をひし形に切り、七段飾りのひな壇にお花と一緒に飾ってくれました。私たちが「もういいよ」と言ってもきかず、その習慣は高校を卒業するまでずっと続きました。

私が30歳を超えた頃、両親は離婚し母が家を出てからは、父は私と一緒に暮らしていました。毎日顔を合わせていたので、父の変化にはなかなか気付きませんでした。あるとき「このごろ胃腸薬ばかり飲んでいるな」と思っていたら、どうやら胃の調子がかなり悪いよう。親戚の医者に一度検査をしてもらうことになりましたが、いつも病院には1人で行く父が、その日は珍しく一緒に来てほしいと頼んできました。

あとで思えばなんとなく嫌な予感があったのでしょう。検査の結果、スキルス性の胃がんだったことがわかり、すでに腫瘍(しゅよう)は梅干しくらいの大きさになっていました。

そこから3年ほど闘病生活を送り、父は70歳で亡くなりました。白髪も入れ歯もなく、何歳になってもジーンズで若々しかった父は、誰に対しても人懐っこく、みんなから好かれる性格でした。当時私はすでに30代半ばでしたが、会いに行くたびに肩を抱いてきて、主治医には「この子は僕の宝物なんですよ」なんて笑顔で話す人でした。宝物なんて言われ、改めて私は父の子どもに生まれてよかった、と思ったものです。

入院したときに父がつけていたノートは今でも大事に持っています。こうやって父のことを思い出すたびに、本当に大好きなんだなあと改めて実感します。誰からも好かれていた父を本当に心から尊敬しています。

亡くなってから時間は経っていますが、そんな父へ改めて感謝の気持ちを込めて花を贈りたいと思い、応募しました。桜や桃を見るたびに父を思い出すので、春の枝ものか、春らしい花でまとめていただけるとうれしいです。

桜の季節に思い出す「この子は僕の宝物」と言ってくれた父へ

花束を作った東さんのコメント

今回はご希望通り桜を使ってアレンジをしました。桜の種類は啓翁桜(けいおうざくら)。そこにスイートピー、ルピナス、サクラコマチ、ピンクレースといった淡いピンクの花を長めに切って一緒に束ねています。

枝ものは水をよく吸うので、花器にはたっぷり水をいれるのがおすすめです。そして花が届いたら、枝の先にはさみを十字に入れてください。この「割りを入れる」ひと手間で、花の持ちがよくなりますよ。

桜はすぐに散ってしまうイメージがありますが、葉桜もそれはそれでいいもの。特に今回の場合は、桜が散ってしまったあとも葉桜と花の組み合わせをしばらく楽しめるはずです。お父様のことを偲(しの)びながら花を愛(め)でてもらえればうれしいです。

桜の季節に思い出す「この子は僕の宝物」と言ってくれた父へ

桜の季節に思い出す「この子は僕の宝物」と言ってくれた父へ

桜の季節に思い出す「この子は僕の宝物」と言ってくれた父へ

桜の季節に思い出す「この子は僕の宝物」と言ってくれた父へ

(&編集部/写真・椎木俊介)

>>これまでの「花のない花屋」をまとめ読み


  •    

    「ワイン農家になる!」会社を辞めて移住した親友へ
       

       

    「ワイン農家になる!」会社を辞めて移住した親友へ


       


  •    

    「母のように生きていきたい」 就活で語った娘へ
       

       

    「母のように生きていきたい」 就活で語った娘へ


       


  •    

    家族の借金と病気 「もっと難しいことかと思った」とびきりの笑顔で受け入れてくれた夫へ
       

       

    家族の借金と病気 「もっと難しいことかと思った」とびきりの笑顔で受け入れてくれた夫へ


       

  •      ◇

    「&w」では、読者のみなさまから「物語」を募集しています。
    こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。
    花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。
    詳しくは応募フォームをご覧のうえ、お申し込みください。

    フラワーアーティスト・東信 (あずままこと)

    桜の季節に思い出す「この子は僕の宝物」と言ってくれた父へ

    1976年生まれ。
    2002年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。2005年よりフラワーアーティストとして、ニューヨーク、パリ、ドイツ、ブラジル等、国内外で精力的な活動を展開。独自の視点から花や植物の美を表現し続けている。
    近著に作品集「ENCYCLOPEDIA OF FLOWERS Ⅳ 植物図鑑」(青幻舎)など。

    facebook

    instagram

    http://azumamakoto.com/

    PROFILE

    椎木 俊介(写真)

    ボタニカル・フォトグラファー

    2002年、東信とともに、銀座にオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。東が植物による造形表現をはじめると時期を同じくして、カメラを手にし、刻々と朽ちゆき、姿かたちを変容させていってしまう生命のありようを写真に留める活動に傾倒していく。日々、植物に触れ、その生死に向き合ってきたからこそ導き出すことのできる、花や植物のみが生来的に有する自然界特有の色彩や生命力、神秘性を鋭く切り取っていく。

    2011年に初の作品集となる東信との共著『2009-2011 Flowers』(青幻舎)を発表以降、常に独特の視点ですべての東の作品を捉え続け、近年は映像制作にも力を入れ、多岐にわたる活動を行っている。


    「ワイン農家になる!」会社を辞めて移住した親友へ

    一覧へ戻る

    「自立しないと……」自分を責めてばかりの私を支えてくれる両親へ

    RECOMMENDおすすめの記事