オトコの別腹

「長命寺桜もち 山本や」の桜もち 田沼武能さん

「長命寺桜もち 山本や」の桜もち 田沼武能さん

「長命寺桜もち 山本や」の桜もち

創業300年以上の歴史があるお店。小さなころから食べています。こしあんに薄い皮、塩漬けにしたオオシマザクラの葉っぱ3枚で包んであります。葉っぱごとほおばるのが私の食べ方。香りがしっかりしていて、塩気もいいあんばいです。

私は浅草生まれの浅草育ち。実家は写真館を営んでいました。「子どもは外で勝手に遊んでこい」なんて時代でしたから、近所の仲間たちと一緒によく、この桜もちを食べに行ったものです。浅草からお店がある向島へ行くには、橋を渡って隅田川を越えなければならないので、幼い私には大冒険でしたよ。店内の緋毛氈(ひもうせん)が敷かれた席に座って、煎茶と一緒に食べるのが恒例でした。

16歳の年、東京大空襲に遭いました。信州へ疎開しましたが、食料はまったく手に入らなかった。お金があっても無意味でした。母は食料と自分の着物を交換していました。戦中戦後、砂糖はとても貴重で、甘味料といえば人工のサッカリン。そんな時でも長命寺の桜もちは伝統の味を守っていた。いつ食べても変わらない味にふるさとを感じます。

    ◇

「長命寺桜もち 山本や」 東京都墨田区向島5の1の14(電話03-3622-3266)。「召し上がり」は煎茶付き350円のイートイン。持ち帰りは220円~。花見の混雑期は持ち帰りのみとなる時も。午前8時半~午後6時。月曜休み。

PROFILE

「長命寺桜もち 山本や」の桜もち 田沼武能さん

田沼武能さん

たぬま・たけよし 写真家。1929年生まれ。昨年、写真の分野で初の文化勲章を受章。2019年度の朝日賞特別賞。7月31日から富士フイルムフォトサロン大阪で個展「わが心の東京」を開催予定。

>>「オトコの別腹」バックナンバー

「菓子処 おゝみや」のかりんとうまんじゅう マギーさん

一覧へ戻る

「柏屋」の柏屋薄皮饅頭 こしあん 堀潤さん

RECOMMENDおすすめの記事