高山都の日々、うつわ。

#19 花がくれるチカラ。

#19 花がくれるチカラ。

ふだんはなんとも思わない、日常に溶け込んだ風景。
それがあるとき、大きなチカラをくれる瞬間がある。

たとえば仕事がうまくいかず、自己嫌悪に陥ったとき。
近しい人に、思っているのと違うことを言ってしまったとき。
世の中にうっすらと不安な気配が漂っているときだってそう。

いつもと同じ部屋なのに、どことなく空気が重い。
そんなとき、私はいつも台所の窓辺に目をやる。
行儀よく並んだちいさな花瓶たち。
ほとんどが一輪挿しで、
帰宅途中に花屋で買い求めたものもあるし、
お祝いや打ち上げでいただいたものもある。

どれもさりげない花たちだけれど、
太陽の光を浴びて、すくっと立っている姿を見ると、
くよくよしてないで、今日も頑張ろうという気持ちになる。

#19 花がくれるチカラ。

#19 花がくれるチカラ。

部屋に花を飾るようになったのはここ数年のことだ。
仕事柄、お花をいただく機会が多いけれど、
20代、ちいさなワンルームに暮らしていたあの頃は
花瓶なんて持っていなくて、
せっかくのお花をすぐにダメにしていた。

自分で花を買って生けるのが楽しくなったのは、
やっぱりこの部屋の台所の存在が大きい。
朝はもちろん、夕方にも奇麗な光が入る窓辺は
同じ花でも時刻によって表情が変わって、とてもすてき。

面倒な洗い物の時間も、ふと顔をあげると
季節の花々が咲いていて、
それだけで心が躍ってしまうから不思議だ。

当然のことだけれど、花はいつか枯れてしまう。
それは裏を返せば生きている、ということ。
ささやかな一輪でも部屋に生命がある。
その気配はどこか心強くて、
折れそうになった心をそっと支えてくれる。

#19 花がくれるチカラ。

#19 花がくれるチカラ。

窓辺の一輪挿しは、自然とその数が増えて、
今では花瓶と花瓶の肩が触れ合ってしまいそうなほど。

好きな器屋さんや窯元へお邪魔すると
器の傍らにちょこん、とある一輪挿しが気になって、
いつもたまらず持ち帰ってしまうから。

ほかにも奇麗な形のジャムの空き瓶や、
アンティークの薬瓶なんかもあって、
花瓶の素材や形に合わせて花を選ぶのも楽しい。

最近の日課は、いいことがあった日に
一輪の花を買って帰ること。
それは私の元気のバロメーターみたいなものだ。

窓辺に花がある限り、楽しい日々は続く。
だから私は今日もささやかな「いいこと」を探して、
小さな花を買って帰るんだ。

#19 花がくれるチカラ。

今日のうつわ

文祥窯の一輪挿し

佐賀県に窯を持つ文祥窯は昔ながらの伊万里焼の技法を受け継ぐ数少ない存在。よく見ると釉薬(ゆうやく)の垂れや焼き加減による色ムラがあったりして、作り手の手触りを感じられます。上品で落ち着いた佇(たたず)まいはどんな花も受け入れてくれて、実もの、枝ものとの相性もいい。玄関やトイレなどにさりげなく置いてもすてきなサイズです。

    ◇

写真 相馬ミナ 構成 小林百合子

PROFILE

高山都

モデル 1982年、大阪府生まれ。モデルやドラマ、舞台の出演、ラジオ番組のパーソナリティなど幅広い分野で活躍。フルマラソンを3時間台で完走するなどアクティブな一面も。最近は料理の分野でも注目を集め、2作目となる著書『高山都の美 食 姿2』では、背伸びせずに作る家ごはんレシピを提案。その自然体なライフスタイルが同世代の女性の共感を呼んでいる。

高山都の日々、うつわ。

丁寧に自分らしく過ごすのが好きだというモデル・俳優の高山都さん。日々のうつわ選びを通して、自分の心地良いと思う暮らし方、日々の忙しさの中で、心豊かに生きるための工夫や発見など、高山さんの何げない日常を紡ぐ連載コラム。

>>「高山都の日々、うつわ。」 記事一覧へ

#18 春のポタージュ

一覧へ戻る

#20 いつかのピクニックのために。

RECOMMENDおすすめの記事