このパンがすごい!

初めてでも懐かしい。ぷわぷわ「ミルクコッペ」のやさしい甘さ/オノパン

はじめて来るのになつかしく、わりと新しい店なのに古めかしい。そんなたたずまいの店が、千葉県と利根川をはさんで境を接する茨城県利根町にある。アンティークのガラスケースにパンを並べて対面販売。和菓子屋や豆腐屋のような「古き良き」感をただよわせる。

「利根町にパン屋は2軒しかないんです。そのうちの1軒。もう1軒は70歳のおじいさんのお店。私も子供の頃から通ってました」と販売を担当する酒井由佳さん。

2軒に1軒なら責任重大。パンで町の人の食卓を支える立場だが、「オノパン」のパンはまさにうってつけだろう。なぜって、おじいちゃんおばあちゃん子供たちでも「これぞパン」と思うようなど真ん中、普通の普通のとびっきりなのだから。

初めてでも懐かしい。ぷわぷわ「ミルクコッペ」のやさしい甘さ/オノパン

ミルクコッペ

「この店のたたずまいならコッペパンでしょう」という予想に違わず、「ミルクコッペ」が秀逸。もちもちでもあり、ふわふわでもあり、あえていうなら「ぷわぷわ」。砂糖の甘さではなく、皮の香ばしさと、小麦の旨味(うまみ)で食べさせる。生地の甘みを控えているから、食べ手はなお甘みを欲し、やさしめの甘さのクリームとの相性を格段によくする。普通のミルククリームよりもバター風味が強め。それが後を引き、どんどん食べ進んでしまう。

店主の酒井克巳さんは北海道出身。パンに目覚めたのは遅く、30歳のとき、「国産小麦の母」ともいわれる家庭製パン講師・森本まどかさんの「男のパン教室」に参加してのこと。雑誌で見た「ダンディゾン」のパンにあこがれて上京。都内のパン屋さんで、妻の由佳さんと出会い、茨城県利根町にやってきた。

「北海道出身だから北海道の食材をなるべく使いたくて」と克巳さん。十勝・前田農産のキタノカオリと、北海道産のじゃがいも「キタアカリ」がパンの中で出会った「オリーブフォカッチャ」。小さな型に入れて焼き、ころんとしている。この生地の食感が、抱きしめたくなるほど愛(いと)おしい。

初めてでも懐かしい。ぷわぷわ「ミルクコッペ」のやさしい甘さ/オノパン

オリーブフォカッチャ

湿った中身。あまりのやわらかさゆえに、歯が吸い込まれるかのようだ。そして、ふにふにと弾んでとろーっと溶けていく。オリーブオイルによって強められた、小麦の甘い口溶けがやばいレベル。しかもときどき舌に当たる粒塩の刺激がいい塩梅(あんばい)に旨味を鼓舞する。オリーブのつぶつぶ感から放たれる香りはエクスタシーのダメ押しである。

「角食」も北海道にこだわり、「ゆめちからブレンド」(江別製粉)100%に北海道産バターを使用する。ザ・食パンという風情。なつかしめの香ばしさ、すーっと鼻を抜ける発酵の香り。ふわふわぷりぷりの食感は、いわゆる食パンよりちょっと上をいくやわらかさ。甘すぎず、しかしミルキーさと小麦の旨味はあふれだし、耳も香ばしい。

初めてでも懐かしい。ぷわぷわ「ミルクコッペ」のやさしい甘さ/オノパン

シナモンロール

シナモンロールは、もちっと沈んだあとしゅわっと爽快に溶ける、心地いい生地。クリームチーズとバターときび糖を混ぜたアイシングは、キャラメルのような風味が、中からわっと出てくるシナモンと響き合う。菓子パンのような甘い生地ではなく、シンプルな山食パンの生地を使用。それゆえに、フィリングの甘さをパンが吸い込んでさっぱりと食べさせる。

東京から少し離れただけでのんびりムード。この店にくると心なごむのは、克巳さん、由佳さんの幸福な暮らしぶりの反映をどこかに見るからだろう。ぽつぽつとやってくる地元のお客さんに、笑顔で応対するのは由佳さんの役割。実は、彼女もまたNYで修行したほどのプロフェッショナル。由佳さんの作るキャロットケーキがすばらしいことはぜひ付け加えておきたい。

初めてでも懐かしい。ぷわぷわ「ミルクコッペ」のやさしい甘さ/オノパン

バゲット、リュスティック

オノパン
茨城県利根町布川2828-5
0297-86-6233
10:00~17:00、及び第4火曜休(5月から)
日月休
https://www.facebook.com/onopain2015/

*新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出自粛の要請が出ている地域があります。
お出かけの際は、国や自治体からの情報や、店舗の営業状況などにご注意ください。

こんなお店もおすすめ

  • 全国の小麦を駆使して生み出す、驚きのふんわりやさしい甘さ/オーディナリー

    全国の小麦を駆使して生み出す、驚きのふんわりやさしい甘さ/オーディナリー


    茨城県・守谷市

  • 地元愛を結集、必殺技「中とろ」でヒット商品連発/パン工房ぐるぐる

    地元愛を結集、必殺技「中とろ」でヒット商品連発/パン工房ぐるぐる


    茨城県・ひたちなか市

  • 世界大会「iba cup」で総合優勝のパン職人が焼く、金メダル級のフランスパン/トモニパン

    世界大会「iba cup」で総合優勝のパン職人が焼く、金メダル級のフランスパン/トモニパン


    千葉県・成田市

  • 夏の入道雲のようなリュスティックの香りと、自由形アイスパンの衝撃/パラオア

    夏の入道雲のようなリュスティックの香りと、自由形アイスパンの衝撃/パラオア


    千葉県・鎌ヶ谷市

  • 「でか盛り」の誘惑が、食欲中枢を直撃/ツオップ

    「でか盛り」の誘惑が、食欲中枢を直撃/ツオップ


    千葉県・松戸市

  • >>まとめて食べたい!「このパンがすごい!」記事一覧

    >>地図で見る

    PROFILE

    池田浩明

    佐賀県出身。ライター、パンの研究所「パンラボ」主宰
    日本中のパンを食べまくり、パンについて書きまくるブレッドギーク(パンおたく)。編著書に『パン欲』(世界文化社)、『サッカロマイセスセレビシエ』『パンの雑誌』『食パンをもっとおいしくする99の魔法』(ガイドワークス)、『人生で一度は食べたいサンドイッチ』(PHP研究所)など。国産小麦のおいしさを伝える「新麦コレクション」でも活動中。最新刊は『パンラボ&comics 漫画で巡るパンとテロワールな世界』(ガイドワークス)
    http://panlabo.jugem.jp/

    凝り性シェフの“問題作” 川のようにバター滴る「ジュワッサン」/なんすかぱんすか

    一覧へ戻る

    小麦も牛乳も敷地内で。とれたて素材を詰め込んだ「クルックムッシュ」/KURKKU FIELDS

    RECOMMENDおすすめの記事