朝日新聞ファッションニュース

きちんと心地よく気分転換 春夏トレンドに見つける「楽しみ」

今春夏のファッショントレンドのキーワードは、シンプル、フェミニン、自然。カジュアルからエレガントへの転換期ともいわれる。新型コロナウイルスの感染拡大によって在宅勤務や外出自粛が求められる中でも、何か楽しめるポイントを探した。

表情豊かなシャツ 新鮮な色柄

春夏のトレンドをごく簡単にいえば、装飾をそぎ落としたシンプルなシャツやコートなど誰もが知るスタンダードなアイテム。とはいえ、レースやフリルなどディテールやシルエットはフェミニンで、素材はコットンや麻などの天然素材。花柄や植物柄など自然からのモチーフが主流、といったところだろう。

なかでも、多くのブランドがコレクションで提案していたのは、シャツやブラウスだ。これまでトップスで人気だったニットやTシャツとは違って、きちんとしていながらも、さらりとしたコットンや麻、ガーゼなどで肌に心地よいものが多い。

きちんと心地よく気分転換 春夏トレンドに見つける「楽しみ」

左:フリル襟のブラウス(セリーヌ)、右:ゆったりとしたシャツ(サルヴァトーレ・フェラガモ)

セリーヌやクロエではボウタイやフリル付きなどロマンチックなシャツやブラウスがずらり。サルヴァトーレ・フェラガモや日本のタエ・アシダは、メンズのシャツ風な生地に柔らかいギャザーを寄せた。バーニーズニューヨークの鈴木春バイヤーは「何かひとつトレンドを取り入れるなら、シャツやブラウス」と推す。バリエーションが豊富で、何通りにも着られるタイプもある。「家でも外でも、長く大事に着たくなるようなデザインが増えた」という。

ワンピースやジャケットは、ゆったりとしてシンプルなデザインが多い。スカートはプリーツやすそ広がりの形で丈は様々。パンツもフレアーと共にキュロットも新鮮だ。色はベージュや白黒のほか、緑や黄、ピンクも旬だ。

きちんと心地よく気分転換 春夏トレンドに見つける「楽しみ」

左:シンプルなワンピース(ジル・サンダー)、右:ゆったりとしたジャケット(ハイク)

三越伊勢丹新宿特選営業部の高橋政樹スーパーバイザーがすすめる柄は、アニマル柄や花柄、ドット(水玉)。アニマル柄ではヒョウ柄のほか、新顔としてシマウマやトラ柄が出ている。水玉模様の間隔や大きさは様々だ。

きちんと心地よく気分転換 春夏トレンドに見つける「楽しみ」

左から、アニマル柄(マリーン・セル)、植物柄(フェンディ)、ドット柄(サカイ)、グリーン(マメ・クロゴウチ)

小物でもナチュラル感のある素材やデザインが増えている。コットンや麻糸のかぎ針編みや、キャンバス地のバッグ、かごバッグ、ラフィア素材のサンダルなど。

きちんと心地よく気分転換 春夏トレンドに見つける「楽しみ」

左:かごバッグ(ミュウミュウ)、右:サンダル(MSGM)

バーニーズニューヨークで小物を担当する福原菜津子バイヤーは、それ以外にもペットボトルやタイヤを再生したサステイナブル(持続可能)な素材のバッグなどを薦める。「2万~3万円など求めやすい物もあり、リサイクルとデザイン性、価格がうまく結びついた新しい流れが出てきた」。春物ではなく、真夏の楽しみにと、つっかけ風のデザインのサンダルがすでに人気という。

不安定な社会状況が続く中で、ファッションが時に気分を変えるきっかけになるかもしれない。バーニーズの鈴木バイヤーは「ファッションはたえず変化を続け、そのたびに改良され、人々を勇気づける」としながらも、「いまは無理をせず、部屋着でも日用品でも、自分に何が必要か考えた結果が本当の正解なのでは」と話した。

(編集委員・高橋牧子)

<写真は大原広和氏とRunway-Photographie撮影>

関連記事#ファッション・ビューティー

  • きちんと心地よく気分転換 春夏トレンドに見つける「楽しみ」

    より優雅に、クラシカルに 20年春夏パリ・コレのトレンド

  • ナチュラルに、サステイナブルに 20年春夏、ミラノ&ロンドンコレクション

    ナチュラルに、サステイナブルに 20年春夏、ミラノ&ロンドンコレクション

  • セットアップ、着心地も◎

    セットアップ、着心地も◎

  • >>海外・国内のファッションニュース

    誰もにトミー・ヒルフィガー 障がいある人向けのライン、日本上陸

    一覧へ戻る

    メイクは? マスク・在宅勤務

    RECOMMENDおすすめの記事