#ステイホーム with 花のない花屋

#10 毎日の食卓を華やかに飾りたい

おうち時間に花束を――。

 

新型コロナウイルスで、外出自粛が求められているいま、 おうちにいる時間が増えている方が多いと思います。先が見えない漠然とした不安の中、花を部屋に飾ることで沈みがちな気分が明るくなったり、水をあげることで心が落ち着いたり……。おうち時間を少しでも楽しく心身ともに穏やかに過ごせますように。
いま、“わたし”に贈る花束を。

 

心に大きな不安と恐怖がのしかかっているこんなときだからこそ、花から伝わるメッセージを多くの読者の方に受け取って、感じてもらいたい!という思いを込めて。フラワーアーティスト東信さんが、2週間連続で14人の方の気持ちに寄り添った花束をお届けします。

 

※詳しくは応募フォームをご覧のうえ、お申し込みください。(締め切り5月4日)

#10
白鳥みさとさん 31歳 女性
大田区在住 会社員

     ◇

私は昨年の5月に約4年付き合った彼と入籍した、31歳の新米妻です。仕事に家事に忙しく充実した毎日を送っています。

そんな私は昨年の12月に都内の神社で結婚式を挙げました。七五三シーズンだったので、境内は多くの家族でにぎわっていましたが、参進が始まった途端、あたりは静寂に包まれ、多くの人が温かい目で私たちを見守ってくれました。その情景は今もはっきりと脳裏に浮かびます。厳かで素晴らしい式でした。
10代から憧れていた白無垢の花嫁になれたこと、何より両親の喜ぶ顔を見ることができて、満足のいく式になりました。

それでも、ウェディングドレスへの憧れもあったことや友人を招くことができなかったことが心残りだったので、5月にお披露目パーティーを開催することに。プランナーの友人に助けてもらいながら、自分たちでパーティーの準備を進めていました。

計画していたのはパーティーだけではありません。新婚旅行もです。
なぜなら、1月末に突然飛び込んできた悲しいニュース。それは、私たち夫婦が好きだった元NBA選手コービー・ブライアントの訃報でした。バスケ経験者だった私たちが彼から受けた影響は大きく、しばらくは失意の状態でした。そのこともあって「新婚旅行はアメリカでNBAを観よう! コービーに哀悼の意を捧げよう」と決意。行き先は、コービーがプロバスケ人生を捧げたチームの本拠地であるL.A.に。夫との初めての海外旅行を楽しみにしていました。

しかし、3月には新型コロナウイルスの影響でパーティーや旅行は自粛モードに。会社から自宅勤務を勧められ、私は1日のほとんどを自宅で過ごしていました。ある日、報道番組で「結婚式の中止や延期を考える夫婦」のニュースを目にしました。開催しても「非常識」と言われ、中止・延期してもキャンセル料がかかってしまう。そんな選択を強いられている夫婦がいることを考えたら、私たちは「結婚式ができただけ幸せ」と思うしかありません。新型コロナウイルスが収束したらドレスを着て写真だけでも残そう、新婚旅行も「楽しみが先に延びただけ」と気持ちを切り替えて過ごしています。

そんな私たちは来月で結婚して1年になります。この1年、休みが合わず帰宅時間も遅い夫とは食事の時間もバラバラでしたが、今は毎日一緒に食卓を囲むことができて貴重な時間だと思っています。とは言え、計画していたイベントが次々と中止になったことはやはり残念です。せめて、毎日の食卓を華やかに飾って、前向きに日々を過ごしたいと思っています。

花束を受け取って……

#10  毎日の食卓を華やかに飾りたい
素敵なお花をありがとうございます。
堂々とした佇(たたず)まい、そして生命力があふれていて、眺めているだけで自然と活力が湧いてきます! 少し和の雰囲気も感じられて、私好みのお花にしていただけてうれしく思います。
受け取る際に、ランには「福を招く」という意味があることを教えていただきました。そこまで考えて作ってくださったと思うと、感慨深くなりました。
このお花のように堂々と、真っ直ぐ前を向いて、日々の暮らしをより丁寧に送りたいと思います。
 
 

 

花束を作った東さんのコメント

ご結婚のお披露目パーティや新婚旅行も延期となってしまったその残念な気持ちごと吹き飛ばすような、力強くてエネルギーあふれる花々を束ねました。
バスケがお好きでアクティブなお二人のようですので、ジンジャーやプロテア、カンガルーポーなど、ネイティブフラワーと呼ばれる強い花をメインに、明るく元気の出るような色合いでまとめています。
毎日の食卓を彩り、花の変化を見ながら、ささやかな幸せを感じて頂けたらうれしいです。

 

#10  毎日の食卓を華やかに飾りたい

(&編集部/写真・椎木俊介)

    ◇

2週間連続!特別企画
おうち時間に花束を――。
あなたの「物語」を募集しています

「いまだからこそ」のご自身のエピソードと、花束を作って欲しいと思う理由をお寄せください。
今回は2週間連続の特別企画のため、毎日東さんに花束をつくっていただきます。そして、その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介します。
詳しくは応募フォームをご覧のうえ、お申し込みください。

もっと読みたい「#ステイホーム with 花のない花屋」


  •    

    #20  離れていても、花で思いよつながって
       

       

    #20 離れていても、花で思いよつながって


       


  •    

    #19  ゆっくり待つのも、悪くない日々
       

       

    #19 ゆっくり待つのも、悪くない日々


       


  •    

    #18 描いていた青写真のようにはいかなくても 支えてくれる妻へ
       

       

    #18 描いていた青写真のようにはいかなくても 支えてくれる妻へ


       


  •    

    #17  大輪の花を咲かせた母のように、自分にも力が満ちる時を信じて
       

       

    #17 大輪の花を咲かせた母のように、自分にも力が満ちる時を信じて


       


  •    

    #16 ステージ4と診断されて…… 息子に今、してあげられること全部
       

       

    #16 ステージ4と診断されて…… 息子に今、してあげられること全部


       


  •    

    #15  ボタンの咲く時期に思い出す、母の愛
       

       

    #15 ボタンの咲く時期に思い出す、母の愛


       


  •    

    #14  必要としてくれる人がいるなら、明日も明後日もその先も
       

       

    #14 必要としてくれる人がいるなら、明日も明後日もその先も


       


  •    

    #13 甘えたい盛りの息子 一緒にいる時間が増えたからこそ……
       

       

    #13 甘えたい盛りの息子 一緒にいる時間が増えたからこそ……


       


  •    

    #12 いつか来るその日のために、今できることに目を向けて
       

       

    #12 いつか来るその日のために、今できることに目を向けて


       


  •    

    #10  毎日の食卓を華やかに飾りたい
       

       

    #11 夫の単身赴任が急に解消 優しい気持ちを取り戻したい


       


  •    

    #09 妊娠8カ月。家族みんなが元気なだけで幸せ
       

       

    #09 妊娠8カ月。家族みんなが元気なだけで幸せ


       


  •    

    #08 精いっぱいのロマンチックを
       

       

    #08 精いっぱいのロマンチックを


       


  •    

    #07 ひとりぼっちで始まった社会人生活 早く会社で会いたい
       

       

    #07 ひとりぼっちで始まった社会人生活 早く会社で会いたい


       


  •    

    #06 ヨークシャーの大草原へ空想トリップしたい
       

       

    #06 ヨークシャーの大草原へ空想トリップしたい


       


  •    

    #05 言葉にしない優しさに気づかされた
       

       

    #05 言葉にしない優しさに気づかされた


       


  •    

    #04 自分と向き合う時間を大切にし、癒やしと幸せを感じたい
       

       

    #04 自分と向き合う時間を大切にし、癒やしと幸せを感じたい


       


  •    

    #03 リモートワーク生活も季節を感じて過ごしたい
       

       

    #03 リモートワーク生活も季節を感じて過ごしたい


       


  •    

    #02 唯一くつろげる場所で自然の美しさに触れたい
       

       

    #02 唯一くつろげる場所で自然の美しさに触れたい


       


  •    

    #01「会いたい」気持ちをハッピーに伝えたい
       

       

    #01「会いたい」気持ちをハッピーに伝えたい


       

  • >>これまでの「花のない花屋」をまとめ読み

    フラワーアーティスト・東信 (あずままこと)

    #10  毎日の食卓を華やかに飾りたい

    1976年生まれ。
    2002年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。2005年よりフラワーアーティストとして、ニューヨーク、パリ、ドイツ、ブラジル等、国内外で精力的な活動を展開。独自の視点から花や植物の美を表現し続けている。
    近著に作品集「ENCYCLOPEDIA OF FLOWERS Ⅳ 植物図鑑」(青幻舎)など。

    facebook

    instagram

    http://azumamakoto.com/

    PROFILE

    椎木 俊介(写真)

    ボタニカル・フォトグラファー

    2002年、東信とともに、銀座にオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。東が植物による造形表現をはじめると時期を同じくして、カメラを手にし、刻々と朽ちゆき、姿かたちを変容させていってしまう生命のありようを写真に留める活動に傾倒していく。日々、植物に触れ、その生死に向き合ってきたからこそ導き出すことのできる、花や植物のみが生来的に有する自然界特有の色彩や生命力、神秘性を鋭く切り取っていく。

    2011年に初の作品集となる東信との共著『2009-2011 Flowers』(青幻舎)を発表以降、常に独特の視点ですべての東の作品を捉え続け、近年は映像制作にも力を入れ、多岐にわたる活動を行っている。


    #09 妊娠8カ月。家族みんなが元気なだけで幸せ

    一覧へ戻る

    #11 夫の単身赴任が急に解消 優しい気持ちを取り戻したい

    RECOMMENDおすすめの記事