おうち時間を描く

〈3〉家族で絵本作り/木下ようすけさん

家にいる時間が長いからこそ、今しかできないことを楽しみたい。

 

美容やインテリア、カフェタイム、休日の過ごし方などで、新たに取り入れた習慣や、改めて大切だと気がついたモノ・コトが誰にでもあるのでは?
連載「おうち時間を描く」では、インドアのプロ(!?)でもあるイラストレーターやアーティストたちが、自身の“おうち時間”をイラストとともにご紹介します。

 

ZINEは個を育む面白いメディア

最近我が家では、保育園の登園自粛要請があって以来、毎日家族一緒に何かやる時間、その名も「プリプリタイム」を設けています。

先日息子と妻と3人でZINE(編注:ジン=個人で作る雑誌)作りをしました。
そのきっかけは、ある日息子が僕の作業部屋に来て、もくもくとたくさん絵を描いていたので、試しに「本にしてみる?」と聞いたら、「絵本にする!」と答えたので、絵本ZINEを作ることに決定。

絵をスキャンしてパソコンに入れて、絵の一つ一つに入れる言葉を息子に聞いて、文字を入れる。題名は、超ノリノリの前のめりで息子が手描きしました。

「こうせん」

息子は、ウルトラマンの光線をずっと描いていたみたいです。
原画は保存用に綴(と)じて、印刷用のものはホチキスで中綴じに。

自分の中で渦巻く“好き”や思いつきのアイデアの断面が、紙一つにまとまっていれば、それが全部作品になる楽しさ。おしゃれにしなくてもいい。ごちゃごちゃしてていい。ちゃんとしなくていい。

ZINEは個を育むため、主体的に取り組める手段として、大人はもちろんそうだけど、むしろ僕は子供たちこそ、学校、そして家で作れるとても面白いメディアになるのではないかと個人的に思った今日この頃です。

    ◇

木下ようすけ(きのした・ようすけ)
イラストレーター、絵描き。広告や書籍、映像、壁画など、様々な媒体で活動中。「あいまいな感情」や「分かりにくさ」のようなものを、視覚で楽しめるよう絵で表現することを目指している。また、「ロバートバーロー」というユニットで「あそびの教室」を主催し、公演などを行う。音楽家の小島ケイタニーラブとの共著『こちら、苦手レスキューQQQ!』(白水社)などがある。
WEB:https://yousukekinoshita.com/
instagram:@kinoyoyoyo
twitter :@kinoyoyoyo

連載一覧

  • 〈13〉植物からエネルギーをもらう/酒井真織さん

    〈13〉植物からエネルギーをもらう/酒井真織さん

  • 〈12〉離れた相手ともできる「絵しりとり」/ニシワキタダシさん

    〈12〉離れた相手ともできる「絵しりとり」/ニシワキタダシさん

  • 〈11〉セルフカットで気分転換/なかむらるみさん

    〈11〉セルフカットで気分転換/なかむらるみさん

  • 〈10〉観葉植物ときちんと向き合う/itabamoeさん

    〈10〉観葉植物ときちんと向き合う/itabamoeさん

  • 〈9〉紅茶の香りに包まれて深呼吸/そで山かほ子さん

    〈9〉紅茶の香りに包まれて深呼吸/そで山かほ子さん

  • 〈8〉「手をいたわること」を楽しむ/松尾たいこさん

    〈8〉「手をいたわること」を楽しむ/松尾たいこさん

  • 〈7〉オンライン句会に参加/小林エリカさん

    〈7〉オンライン句会に参加/小林エリカさん

  • 〈6〉料理で異文化を楽しむ/別府麻衣さん

    〈6〉料理で異文化を楽しむ/別府麻衣さん

  • 〈5〉心の「応援団」をささえに/大嶋奈都子さん

    〈5〉心の「応援団」をささえに/大嶋奈都子さん

  • 〈4〉オリジナルの時間割を作成/カツヤマケイコさん

    〈4〉オリジナルの時間割を作成/カツヤマケイコさん

  • 〈2〉四股を踏んで邪気払い/金井真紀さん

    〈2〉四股を踏んで邪気払い/金井真紀さん

  • 〈1〉何気ない落書きを再開!/yamyamさん

    〈1〉何気ない落書きを再開!/yamyamさん

  • 〈2〉四股を踏んで邪気払い/金井真紀さん

    一覧へ戻る

    〈4〉オリジナルの時間割を作成/カツヤマケイコさん

    RECOMMENDおすすめの記事