リノベーション・スタイル

「どうする、ワークスペース?」から広がる住まいの可能性

いつもより時間がある今だからこそ、暮らしや家のことを見直してみませんか? 今回から2回にわたり、いつもと趣向を変えて、石井健さんにこれからの住まいについてお話を聞きました。1回目はワークスペースについて、2回目はお金についてです。

ワークスペースから考える、これからの暮らしと住まい

新型コロナウイルスの影響を受ける前から、働き方が多様化してきたので在宅勤務の方が増えてはいましたが、今回、一気に現実のものになりました。

もちろん、このまま在宅勤務が日常になるわけではなく、落ち着いてくればオフィスに出勤する人も増えるでしょう。でも、今までは在宅勤務は一部の人のワークスタイルだったのが、今回のことで「私にもできる!」と思った人も多いと思います。

そこで、気になるのは、やはり家の中のワークスペースのこと。ダイニングテーブルで仕事をしていると、なかなか集中できないと思う人も。夫婦2人とも在宅勤務となると、同じ場所で仕事をするのは気詰まりだなと思うものです。

とはいえ、今の既成の住宅では家を個室単位で考えるので、仕事部屋という個室を追加で作ることは難しい。リノベーションのご相談に来る方からも、「広さがないと、仕事部屋を作れませんよね?」と質問を受けることがあります。

個室単位で考えていたら、確かに難しいかもしれません。でも、リノベーションなら個室ではなく、空間としてとらえることができます。場所からではなく、まずは「そこで何をするのか?」と目的を考えます。

「必要なのはパソコンだけなので、パソコンがおけるテーブルが欲しい」とか「資料を広げたいので、パソコンとプラスαの広さが欲しい」などと目的が明確になると、個室でなくてもいいとわかります。

「どうする、ワークスペース?」から広がる住まいの可能性

廊下は少し広めにとり、ワークスペースや本棚やベンチを置いて。通路としてだけでなく、まるで大きな部屋のように。
(事例:ごく普通のマンションが猫も喜ぶ「光と風がまわる」空間に

例えば、私たちブルースタジオでは、「廊下を有効に使う」方法を提案します。既成の住宅では、廊下は移動するための通路でしかありません。でも、本棚をおくと書庫になり、さらにデスクをおくとワークスペースになる。通路という一つの用途だけでなく、用途を重ねることで可能性が広がります。

「どうする、ワークスペース?」から広がる住まいの可能性

廊下は少し広めにとり、本棚やベンチを置いてワークスペースに。
(事例:<172>縁側に障子…今の暮らしに合わせた和の空間

また、玄関をワークスペースにする方法もあります。リビングは家族が集まる場所なので、落ち着かないという方には、リビングから離れた玄関はこもることができる最適な場所です。人の出入りは朝と夕方など限られた時間なので、昼間は集中できます。こんなふうに、時間軸での使用を考えるのもおすすめです。

「どうする、ワークスペース?」から広がる住まいの可能性

玄関脇に作ったコンパクトなワークスペース。使わないときは、スーツケースや自転車など、大きなものを収納するスペースも兼ねている。
(事例:<145>築45年のマンション1階、大きな庭へと続く広いリビング

リビングにワークスペースを作ると、狭くなると心配になる人もいるかもしれません。そんなときは、テーブルと椅子だけの省スペースに。ダイニングテーブルで仕事をするよりも、ずっと集中できます。また、リビングの中で独立した空間にしたいときは、小部屋のようにすることも可能。個室にしなくても、省スペースで個室の雰囲気を味わえます。

「どうする、ワークスペース?」から広がる住まいの可能性

リビングの壁の一部は、棚と机をつけてワークスペースに。パソコンを2台置いて夫婦並んで作業ができるくらいのコンパクトさがちょうどいい。
(事例:<125>土間から書斎まで、リノベの「新しいふつう」

「どうする、ワークスペース?」から広がる住まいの可能性

リビングに作った、小部屋のようなワークスペース。リビングに家族がいても気にならない。
(事例:<112>ワンルームを広く使うための「余白」

時間がある今だからこそ、自分の住まいや暮らしを見つめ直す。それで例えば思い切って「玄関にワークスペースを作ったらどうだろう?」と考えてみる。あり得ないなと思っていることを、シミュレーションしてみます。そうすると、「寒くて無理」「靴と仕事道具の両方は収納できない」など、問題点が見えてきます。さらに考えていくと、「夏だけなら涼しくていいけど、冬は無理かな」「今すぐ履かない靴はクローゼットに移動すれば、仕事道具をおける」と、できること、できないことが見えてきます。

緊急事態に備えることも大切ですが、もっと別の視点、「自分の住まいの可能性を広げる」ことを考えると、楽しくできます。いつもは仕事、家事、子育てに忙しい日々ですが、今なら少しだけ立ち止まって考えられる、いいチャンスかなと思うのです。

(構成・文 大橋史子)

関連記事

  • 仕事と暮らしが同居する、住まいの中のアトリエ

    仕事と暮らしが同居する、住まいの中のアトリエ

  • 仕事と子育てを両立する、都心の“職住隣接”スタイル

    仕事と子育てを両立する、都心の“職住隣接”スタイル

  • 「最近、リノベに求められるもの」がつまった部屋

    「最近、リノベに求められるもの」がつまった部屋”

  • >>リノベーション・スタイルのバックナンバーはこちら

    PROFILE

    石井健

    「ブルースタジオ」執行役員
    1969年、福岡県生まれ。「ブルースタジオ」執行役員。日本のリノベーション・シーンの創世期から600件以上を手がけてきた。「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)でも「古い物件の家賃を倍にする不動産集団!」として紹介される。「郷さくら美術館」(東京・中目黒)で2012年度グッドデザイン賞受賞。また「賃貸アパート改修さくらアパートメント」(東京・経堂)で2014年度グッドデザイン賞受賞。 著書に『リノベーション物件に住もう』(共同編集/ブルースタジオ)、『MUJI 家について話そう』(部分監修)、『リノベーションでかなえる、自分らしい暮らしとインテリア LIFE in TOKYO』(監修)。
    ブルースタジオへのリノベーションのご相談は、隔月開催のセミナーや、個別相談で承っています。
    http://www.bluestudio.jp/

    ごく普通のマンションが猫も喜ぶ「光と風がまわる」空間に

    一覧へ戻る

    家づくりにかかるお金は、いつでも少ないほうがいい

    RECOMMENDおすすめの記事