朝日新聞ファッションニュース

トモ・コイズミが最終8組に LVMHプライズ、選考は中止

若手デザイナーの世界的な登竜門とされるLVMHプライズの今年のファイナリスト8候補に、日本からトモ・コイズミのデザイナー小泉智貴(ともたか)(32)が選ばれた。新型コロナウイルスの影響で6月の最終選考は中止となり、賞金の30万ユーロ(約3540万円)は均等に分けられるという。

トモ・コイズミが最終8組に LVMHプライズ、選考は中止

昨秋、東京でのショー=大原広和氏撮影

カラフルでボリューム感のある独創的なトモ・コイズミの衣装は、ミュージシャンらに愛されてきた。SNSで作品が海外の著名スタイリストの目にとまり、昨年2月にニューヨークでショーを開くと一躍注目された。

小泉は今回の選出について「自信がついた。『実用性を求めないとファッションデザイナーとして活躍できないのか』と思っている学生や若手デザイナーに、実験的なこともできるんだよと示せたらうれしい」と話した。人々の自粛生活が続いた新型コロナによって「ファッションは気持ちをわくわくさせる、見て心が高まるもの。その意味が強くなっていると思う。夢を見せる、未来を期待させるような作品を作りたい」と言う。

LVMHプライズは7回目で、他に南アフリカのシンディソ・クマロや米国のピーター・ドゥなどが選ばれた。

(神宮桃子)

関連記事#ファッション・ビューティー

  • <モードの新星>トモ・コイズミ 小泉智貴さん 「純粋にかわいいものを極める」

    <モードの新星>トモ・コイズミ 小泉智貴さん 「純粋にかわいいものを極める」

  • アフリカ勢、パリに新風 デザイナー3人に聞く

    アフリカ勢、パリに新風 デザイナー3人に聞く

  • コロナ以後、「おしゃれ」の行方は

    コロナ以後、「おしゃれ」の行方は

  • >>海外・国内のファッションニュース

    コロナ以後、「おしゃれ」の行方は

    一覧へ戻る

    ネットで対話し、お仕立て服を ユイマ・ナカザトの中里唯馬

    RECOMMENDおすすめの記事