女優・田丸麻紀「子どもたちの未来を考えてサステナブルなバッグを選びたい」PR

ボルネオチャリティーバッグで心地よく共生できる社会へ

「動物の生態系や地球の自然環境など、みんながあるべき場所にあるべき姿で心地よく共生できる社会が理想」。数年前に、マレーシア、ニューカレドニアの観光親善大使を務めていた女優の田丸さんはそう語る。長い休暇ができるたび、自然を求めて家族と世界を巡ってきた。
「街からは街のよさやパワーをもらいますが、自然のなかに身を置くと、浄化されるような、地球のあるべき姿を感じられてほっとできるんです」

ボルネオ島は、世界有数の熱帯雨林のある地で、多くの野生動物が生息している。近年、化粧品や植物油の原料として使われるパーム油の最大規模の生産地となり、森林が減少。そのため野生動物は行き場を失い、人間とのトラブルが急増した。ハンティング・ワールドはチャリティーグッズの売り上げの1%で、ボルネオ島の動物と人とが共生する社会をつくる活動を支援している。

女優・田丸麻紀「子どもたちの未来を考えてサステナブルなバッグを選びたい」

ボルネオゾウを一時保護・収容する施設で、チャリティーグッズによる支援金が活用されている。詳しい活動内容はハンティング・ワールドオフィシャルサイトへ。

「見た目もかわいらしく、持つことで支援に参加できるバッグなら、環境問題に取り組みたいと考えたとき、入り口になってくれますね。自分自身も心地いいし、持っている人もすてきです」

プラスチックの利用を減らし自然環境にいい生活を実践

「我が家ではガラスのストローを使っています。自然環境にいい生活を考えて行動し、それは子どもたちにも伝えています」

田丸さんは以前に長期滞在していたバリ島での経験から、意識がより高まったと言う。そしてご自身の子どもたちに対しても期待に胸をふくらませる。
「彼らの未来に望むのは、感謝・変化・巡りを感じられる生き方。人間本位ではなく、自然から恩恵をもらっていることに気づけるように育ってほしい」

女優・田丸麻紀「子どもたちの未来を考えてサステナブルなバッグを選びたい」

ママバッグとしてもお出かけ時もすてき映え

軽量で柔らかく、大容量なバッグを2児の母である田丸さんは称賛する。
「持ち手がマグネット式なので、バギーに掛けるときにずれなくて便利! 夫と一緒に使えるユニセックスなデザインもいい。私はいろんなファッションに合わせたいです。メインバッグとしても、くるくるっと巻いて旅先で使うサブとしても。ハンティング・ワールドのバッグはすてき映えするから、おしゃれを楽しませてくれそうです」

女優・田丸麻紀「子どもたちの未来を考えてサステナブルなバッグを選びたい」

「ボトルを入れられるポケットがあると、ママとしてすごく助かります」

加えて、このバッグを選びたい理由は、見た目や利便性だけではなく、目には見えないことにあるとも。
「バッグと目が合うたび、チャリティーに貢献していると感じられるのもいいですね。バッグの背景を子どもにも伝えて使いたいです。そうやって、未来につながるきらめきが続くのも魅力ですね」

田丸麻紀(たまる・まき)
1978年、大阪府出身。10代でモデルとしてデビュー後、数々の雑誌の表紙を飾る。2003年から映画やテレビドラマに出演。女優・タレント・モデル、MCなど幅広いジャンルで活躍中。2012年に結婚、現在2児の母。

すべてがエコロジーなリバーシブルバッグ

女優・田丸麻紀「子どもたちの未来を考えてサステナブルなバッグを選びたい」

(左)トートM(縦30×横30×マチ13 ㎝)20,000円、(右)トートL( 縦35×横35×マチ13 ㎝)23,000円
※どちらもリバーシブル使用です

2008年の登場以来、人気のリバーシブルバッグが今年、循環型経済の実現を目指すプロジェクト「RENU(レニュー)」の再生ポリエステルを用いた世界初のバッグへと進化した。

女優・田丸麻紀「子どもたちの未来を考えてサステナブルなバッグを選びたい」

(左上)表地はオーガニックコットン100%、ファスナーポケット付き(右上)ファスナーポケットの中は仕切り付き(左下)マグネットで持ち手をひとつにまとめられ、肩からずれ落ちにくい(右下)「自然との共生」を表現した愛らしいプリントが目を惹く。高品質な再生ポリエステル「RENU(レニュー)」を世界で初めてバッグに採用

表地は100%オーガニックコットン、「自然との共生」を表現したプリントの裏地に、高品質な「RENU」のリサイクルポリエステルを採用し、化石燃料の使用量削減に貢献する。表面は仕切り付きファスナーポケット、裏面はボトルポケット付き。

チャリティーグッズは、バッグの他にアパレルアイテムも取りそろえている。詳しくはオンラインストアへ。

女優・田丸麻紀「子どもたちの未来を考えてサステナブルなバッグを選びたい」

ロゴをエンボス加工で表現したアイコニックなTシャツ。身幅にゆとりのあるデザイン。メンズ/グレー、カーキ、ネイビー ウィメンズ/イエロー、オレンジ、ライトブルーのそれぞれ3色展開。各10,000円

 

お問い合わせ先
ハンティング・ワールド青山店 03-3486-8818
ハンティング・ワールド梅田店 06-6377-5521
オンラインストアはこちら
チャリティープロジェクトについてはこちら
※店舗により一部取扱いのない場合がございます
※表示価格は税抜きです

SHOP LIST
さっぽろ東急百貨店/伊勢丹浦和店/東武百貨店船橋店/帝国ホテル店/青山店/髙島屋日本橋店/大丸東京店/松屋銀座店/東武百貨店池袋店/髙島屋/新宿店/渋谷・東急本店/髙島屋玉川店/伊勢丹立川店/髙島屋横浜店/横浜ランドマークプラザ店/新潟伊勢丹/静岡伊勢丹/ジェイアール名古屋タカシマヤ/髙島屋京都店/梅田店/阪急うめだ本店/阪神梅田本店/髙島屋大阪店/大丸神戸店/天満屋岡山店/福屋八丁堀本店/大丸福岡天神店

Photograph: Sunao Ohmori(TABLE ROCK.INC) [Model], Ryohei Oizumi[Still]
Styling: Hitomi Suzuki [Model], Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO) [Still]
Hair Make-up: Miyuki Watanabe
Text & Edit: Tomoko Komiyama
Direction: Shingo Fujioka(AERA STYLE MAGAZINE)

「お花見でもしませんか?」再婚して32年。外出できない彼を元気づける花束を

TOPへ戻る

慎重に、でも気分上げて店へ 対面販売、各地で再開

RECOMMENDおすすめの記事