鎌倉から、ものがたり。

姉妹でいつか、語り合った夢のカフェを 海が見渡せる逗子の「N邸 N-Café」

地図を頼りに、「本当にここ?」と思うほど、急勾配の坂をあがっていく。うっそうと茂る木々の脇に、小さな階段を見つけて、さらにのぼる。息を切らしてたどりついた先に、白い木製フェンス、芝生の庭、ひょうたん型のプール、海……と、絵になるシーンが次々と現れる。

 逗子・小坪港を見下ろす高台にある「N邸 N-Café」は、鎌逗葉(かまずよう=鎌倉・逗子・葉山)エリアの中でも、ピカイチの眺望を誇るカフェだ。昨秋の大型台風で大きな被害を受け、修復のために休業を続けていたが、この6月にファン待望の再開を果たした。

 もとは著名な日本画家が、半世紀以上も前に建てた邸宅だったという。2015年に撮影スタジオ「鎌倉N邸」として運営されるようになり、敷地内にある瀟洒(しょうしゃ)な母屋は、現在、広告やミュージックビデオなどの映像、雑誌のスチールの舞台に使われている。

 その母屋とは別に、プールサイドに設けられた木造のシェッド(シンプルな小屋)がカフェのスペースだ。カフェでは住吉由美さん(38)が店主となり、金・土・日・祝日に予約客のみを受け入れている。

 足かけ6年めになるカフェは、「オープンエアの隠れ家」という、このエリアならではの魅力で、訪れる人の心をひきつけてきた。そもそも、どうしたら、こんな絶景の場所に巡り合えるのだろうか。

 発端は、住吉さんの姉で、映像美術の仕事にたずさわる佐々木麗子さん(42)にあった。

「鎌倉N邸がお披露目パーティーを開いたときに、オーナーと共通の友人が『あなたが好きそうなところだから』と、声をかけてくれたんです。眺望はもちろんですが、母屋のたたずまい、庭、プールサイドと、すべての雰囲気がよく、ああ、こんなところにいつもいられたらなあ……と」(佐々木さん)

 そのとき、佐々木さんの脳裏に浮かんでいたのが、妹の住吉さんの存在だった。住吉さんはコンテンポラリーダンサーとして舞台活動を行いつつ、男の子2人の子育て中。クリエーティブな才能を持ち、料理の腕も期待できる。住吉さんが話をつなげる。

「姉妹って、よくおしゃべりをしますよね。姉と私も『いつか、カフェ、やりたいよねー』などといいあっていて。私はひそかに、1階が店、2階がオフィス、3階は賃貸で貸す!なんてことを夢見ていました」(住吉さん)

 そんなところに、N邸オーナーのひとことがあったのだ。「誰か、スタジオとN邸の管理をしてくれる人はいないかな」
 
 潮風にさらされる邸宅は、人の手が入らないと傷みが早まる。庭もしかり。両者のニーズがマッチして、話はトントンと進んだ。

 カフェでは住吉さんが運営の柱となり、店内での飲食、ケータリング、テイクアウトを手がける。彼女が公演で不在のときは、佐々木さんと、横須賀市の実家に暮らす母の佐々木茂子さんが留守を担う。家族の連携がはじまった。

 たとえば母屋で大がかりな撮影があるときは、ケータリングで1日200食以上をつくることもある。そんなときに力を発揮するのが、家族同士の「あうんの呼吸」だという。

「キッチンでは、互いに気を遣いあっていては、仕事が進みません。必要なことだけを伝えて、あとは黙々と作業をこなす。愛想笑いや、取り繕いをしないでいい。そこは、家族ならではのよさですね」(佐々木さん)

 場の仕切りが上手な佐々木さんと、マイペースで自分の道を貫く住吉さん。姉妹はクリエーティブなベースを共有しながら、それぞれの個性で、この場に似合ったハーモニーを奏でている。

→後編に続きます

N邸N-Café
神奈川県逗子市小坪6-6-46
電話番号:0467-95-8749

>>フォトギャラリーはこちら ※写真をクリックすると、くわしくご覧いただけます。

おすすめの記事

  • 坂道の上、土曜と日曜だけのカフェ 南町テラス

    坂道の上、土曜と日曜だけのカフェ 南町テラス

  • “パン屋やってみる? 崖上の古民家カフェ「山の上ベーカリー」

    パン屋やってみる? 崖上の古民家カフェ「山の上ベーカリー」

  • “あこがれの、映画と本とパンの店「シネコヤ」

    あこがれの、映画と本とパンの店「シネコヤ」

  • 「鎌倉から、ものがたり。」バックナンバー

    >>地図で見る

    PROFILE

    • 清野由美

      ジャーナリスト。1960年、東京都生まれ。東京女子大学卒。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了。英ケンブリッジ大学客員研究員。英国留学、出版社勤務を経て、92年にフリー。先端を行く各界の人物インタビューとともに、時代の価値観や感覚、ライフスタイルの変化をとらえる記事を「AERA」「朝日新聞」「日経ビジネスオンライン」などに執筆。著書に『新・都市論 TOKYO』『新・ムラ論 TOKYO』(隈研吾と共著・集英社新書)、『ほんものの日本人』(日経BP社)、『観光亡国論』(アレックス・カーと共著・中公新書ラクレ)、&w連載「葉山から、はじまる。」を1冊の本にまとめた『住む場所を選べば、生き方が変わる――葉山からはじまるシフトチェンジ』(講談社)など。

    • 猪俣博史(写真)

      1968年神奈川県横須賀市生まれ。慶応義塾大学商学部卒業。卒業後、カナダを拠点に世界各地を放浪。帰国後、レコード会社、広告制作会社勤務などを経て1999年にフリーに。鎌倉、葉山を拠点に、ライフスタイル系のほか、釣り系媒体なども手がけ、場の空気感をとらえた取材撮影を得意とする。本連載のほか、&travelで「太公望のわくわく 釣ってきました」の執筆と撮影を担当。神奈川県三浦半島の海辺に暮らす。

    人と人とのつながりを届けます 「北鎌倉 morozumi」

    一覧へ戻る

    ずっと大事にしたい、わたしを自由にしてくれる場所 「N邸 N-Café」

    RECOMMENDおすすめの記事