つむぱぱの幸せの気づき方

秘密まで溶かす、祖母と食べた甘いケーキ

娘の「つむぎちゃん」や、息子の「なおくん」との何げない、ほっこりした日常のイラストをInstagramに投稿する「つむぱぱ」さん。

そんなつむぱぱさんが、みなさんの「家族との、個人的な幸せの思い出」をもとにイラストを描く連載「つむぱぱの幸せの気づき方」。

今回読者さんからお寄せ頂いたのは、優しいおばあちゃんと食べたケーキのお話。

あなただけのトートバッグをプレゼント

 

あなたの「家族との、個人的な幸せの思い出」を教えてください。そのエピソードをもとにつむぱぱさんが世界に一つだけのイラストを描きます。採用された方には、つむぱぱさんが描いたイラスト入りのトートバッグをプレゼントします。

 

※詳しくは応募フォームをご覧のうえ、お申し込みください。

福岡県在住・30代女性

    ◇

つむぱぱイラスト

幼い頃、私はおばあちゃんの家に遊びに行くのが大好きだった。彼女にとって私が唯一の孫だったこともあり、おばあちゃんはいつも、私の訪問をすごく楽しみにしてくれていた。

もちろん最初は両親に連れられていたけれど、そのうちひとりで電車に乗って向かうようになった。たしか10歳ぐらいの頃だったと思う。初めてひとりで車両に足を踏み入れた時は、すごくドキドキした。

どこからか急に誰かがやってきて私をさらっていってしまうのではないか、とわけもなく震えそうになった。たった5駅の時間が永遠に感じられた。だから、無事に目的の駅に着いた時はちょっとお姉さんになれたような気がした。

「よう来たねえ」と改札まで迎えに来てくれたおばあちゃんが言う。「簡単やったよ」と強がる私の頭をなでて、おばあちゃんは駅前の商店街にあるおもちゃ屋さんへ連れて行ってくれる。これがお決まりのコースだ。

着せ替え人形のお洋服を買ってもらったあと、数軒先の小さな喫茶店にふたりで入る。茶色のドアを開けると角についた鈴が鳴り、カウンターの向こうから、店主が落ち着いた声で「いらっしゃいませ」と迎えてくれる。趣味のよいピアノが小さく流れる、こぢんまりとした素敵な店だった。

つむぱぱイラストイラスト

祖母は自分にコーヒー、私にイチゴのショートケーキを頼んでくれた。これもふたりの定番だった。そして甘くておいしいケーキを食べながら、私はほとんど一方的にいろんな話をした。

つむぱぱイラストイラスト

友達と出かけた場所や学校の先生の特徴、親に怒られたこと、親には話せないクラスで気になる男子のことなんかも話した。おばあちゃんはただほほ笑み、ずっとうなずきながら聞いてくれた。世の多くのおばあちゃんがそうであるように、私の祖母も孫にはとても優しく寛大だった。

つむぱぱイラストイラスト

先日、久しぶりに実家に帰った時、現在の祖母が生活するケアハウスを訪れた。私は大学への入学と同時に実家を離れてから、年に数えるほどしか実家に帰らなくなった。自分が薄情だと感じることもある。だからせめてたまに帰省するときくらいは、前もって連絡くらいはすることにしている。

つむぱぱイラスト

ずいぶん会っていなかったおばあちゃんは、昨年から入居し始めたその施設で楽しそうに過ごしていた。柔和な表情も昔のままだ。ただかつてと比べると、私の話をただ聞いてくれるだけでなく、ちょっと自分を主張するようになったような気がする。

ケアホーム内のウクレレ教室に通っているようで、私が訪ねるとおもむろにウクレレをひっぱりだし、自慢げに腕前を披露してくれる。「たぶんここで私が一番の腕前だわ。ほほほほ」

おちゃめでかわいいおばあちゃん。ひとは老いると精神的に幼くなると聞いたことがあるけれど、ひょっとしたら彼女もそうなのかもしれない。

つむぱぱイラスト

部屋でふたりきりで話していると、おばあちゃんが「そうやった。冷蔵庫を開けて」と言う。なかには、白い箱に入ったイチゴのショートケーキがあった。

「あんたが来るって言うから、ここのひとに頼んでおいたんよ」とおばあちゃん。自分には缶コーヒーを用意していた。

「あの喫茶店みたい」と私が言うと、「ほんとやねえ。あそこも、もうないみたいやけどねえ」とおばあちゃんはとても寂しそうに言った。

ケーキの味も会話の内容も少し変わったけれど、私が好きだった時間はほとんど同じままだ。これからはもっと、おばあちゃんに会いに来ようと思う。

つむぱぱイラスト

つむぱぱさんの言の葉

わかるわかる。とてもわかります。僕のおばあちゃんも、一度でも孫の好物を知ったら、永遠にそれが好きだと思い込む習性がありました。そして、孫が飽きるまで、それを与え続けるという。どこのおばあちゃんでも同じでしょうか。

ちなみに、僕の場合は、ヤクルトと、アンバサでした。一生分のヤクルトとアンバサを、小学生の時に飲んだと言っても過言ではありません。幼い頃に好きだったことを覚えていてくれて、実家帰った時にヤクルトを出されたら、泣いちゃう自信あるなぁ。

(文・構成/井川洋一)

つむぱぱ

娘「つむぎちゃん」、息子「なおくん」との日常をInstagramで、ほっこりとしたイラストで表現し、子育て世代を中心に幅広い人気を誇るインスタグラマー。Instagramアカウントのフォロワーは、60万人を超える。

Instagram

落っこちないように父の背中にしがみついた70ccのバイク

一覧へ戻る

RECOMMENDおすすめの記事