朝日新聞ファッションニュース

コムデギャルソンが東京でメンズショー 「希望を生む強さ」メタルに込めて

コムデギャルソンが東京でメンズショー 「希望を生む強さ」メタルに込めて

コムデギャルソン

コムデギャルソンが7月28日、都内で2021年春夏メンズコレクションをショー形式で発表した。

イメージは「メタル・アウトロー」。新作の多くにシルバーの様々なメタリック地が使われた。銀色の輝きがハーフパンツのスーツを覆い、少し肩の広いジャケットにはパッチワークとしてあしらわれ、服のテンションを高める。

デザイナーの川久保玲は、「メタルの強さ。どの様な圧力にも負けない強さと、今直面する難題を乗り越える、希望を生む強さ」とコメントした。7月中旬にデジタルで開催されたパリ・メンズコレには参加せず、換気の徹底やフェースシールドの配布、観客数を絞るなどの新型コロナの感染予防対策を取り、モデルを歩かせた。川久保は以前から「服は実際に見せることで訴える力を持つ」と語っていた。

コムデギャルソンが東京でメンズショー 「希望を生む強さ」メタルに込めて

ジュンヤ・ワタナベ

一方、コムデギャルソン社内のブランド、ジュンヤ・ワタナベのメンズは、ショーの代わりに趣向を凝らした写真集で新作を披露した。キーワードは「本」。作品は、デザイナーの私物の美術書や料理本などのページをそのままプリントしたシャツやジャケットなど。まとうのは若いモデルではなく、年齢を重ねたすし職人や盆栽家、刀工ら。写真家の北島敬三が全国各地で撮ったカットが味わい深い。

(編集委員・高橋牧子)

#ファッション・ビューティー
>>海外・国内のファッションニュース

希望や喜び、映像に込めて ミラノ・ファッションウィーク、デジタルで初開催

一覧へ戻る

めくるめく夢への招待映像 2020年秋冬パリ・オートクチュールコレクション

RECOMMENDおすすめの記事