朝日新聞ファッションニュース

ニューバランス、新店舗は茶室の精神

ニューバランスが7月、茶室のもてなしの精神に着想を得たコンセプトストア「ティーハウス・ニューバランス」を東京・日本橋浜町に開いた。洋服やファッション性の高いスニーカーなどライフスタイルを重視した商品を手がける、同社の「東京デザインスタジオ」を併設し創造の場にもなっている。

ニューバランス、新店舗は茶室の精神

ティーハウス・ニューバランス

新築の建物内に、埼玉県川越市にあった築120年超の蔵の骨組みを移した、伝統とモダンが融合した空間だ。1階が店舗兼ギャラリーで、靴のほか、東京デザインスタジオによるTシャツや靴下、京都の陶芸家や静岡の日本茶ブランドなどと協業した商品も販売する。15~25日には、アーティストの玉山拓郎によるインスタレーションが予定されている。

2階に東京デザインスタジオが入り、デザインや打ち合わせのためのスペースになっている。同スタジオのデザイナー、モリタニシュウゴは「日本橋浜町のある東京の東部は、ものづくりが根付いていて、ふさわしい場所だと思う」と言う。店舗から吹き抜けがあり、客に近い場で商品を手がけることで「ものづくりにどう影響していくか」と楽しみにしている。

水・木曜は定休。現金での支払いは不可で、クレジットカードなどキャッシュレス決済のみ。買い物袋は有料。

(神宮桃子)

>>海外・国内のファッションニュース

コロナ禍、変わりゆくスタイル ドルチェ&ガッバーナに聞く

一覧へ戻る

秋冬のトレンドは? 生活になじむ、リラックス感

RECOMMENDおすすめの記事