鎌倉から、ものがたり。

こだわりがあっても、とらわれない そんな自由なサブカルチャーの空気が茅ケ崎に カフェ「BRANDIN」

茅ヶ崎の住宅街の中の一軒家。ミュージックライブラリー&カフェ「BRANDIN(ブランディン)」の扉を開けて、今日もお客さんたちが、そぞろにやってくる。遠くの地から、近所から、音楽の話と、何てことはない世間話をするために。

(→前編から続きます)

 カフェの営業は、金曜から火曜までの午後1時から6時まで。メニューはコーヒー、紅茶、カフェオレ、ビールとシンプルで、食べ物は出していないが、ここには約1万枚のLPレコードコレクションを中心に、あふれんばかりの音楽の泉がある。

 ピンク・フロイド、ジョン・レノン、山下達郎……。LPならではの少しくぐもったアナログな音が流れる中で、お客さんを迎えるのはBRANDINの主人、宮治淳一さん(65)の妻ひろみさん(58)だ。

 淳一さんとの出会いは、新卒で入社した音楽ソフト企業だったというひろみさんは、自身も筋金入りのミュージックラバーだ。大学時代にアルバイトをしていた西新宿の中古レコード店は、音楽通が通う場所として有名で、1970、80年代サブカルチャーの自由で知的な空気に満ちていた。

 サブカルチャーは、こだわりがあっても、とらわれないという、自在な人生のありかたに通じる。90年代後半、淳一さんの赴任に伴ってロサンゼルスに暮らした後、茅ヶ崎の自宅でこのミュージックライブラリー&カフェを2人で開いたときも、「カフェができたら面白いね」と、自然な流れだったと、ひろみさんはいう。

 そこには淳一さんと同じく、アメリカで体験したブックカフェへの思いがあった。

「地元の小さなカフェだけでなく、大手の書店でもソファを置いていて、自由な雰囲気にカルチャーショックを受けました。人々が本や音楽を介してひとつの場所に集って、ゆるくつながっていく。そんな発想がすてきだな、と」

 近年では、ブックカフェやミュージックカフェとともに、縫い物、繕い物、刺繍(ししゅう)などの手仕事にいそしめる「ソーイングカフェ」も、人々を媒介するものとして人気を集めている。

 BRANDINでは、カフェの定休日である木曜日に、隣の藤沢市内に住む磯部尚子さん(65)、岡崎昌代さん(61)が1日オーナーとなり、「ソーイングカフェ 縫い」を開いている。

 もとは2人とも、BRANDINのお客さん。磯部さんはアパレルのパタンナーとして、ウェディングドレスの制作を手がけてきた人で、岡崎さんは屈指の音楽好き。フランス在住の友人から、パリで人気のソーイングカフェの話を聞いた磯部さんが「ミシンを使えるカフェを近隣でも催したい」と考えたことが発端だった。 

「でも、普通に物件を借りると高いですし、1週間を通しての営業もできません。そんなことを、カウンター越しにひろみさんに話していたら、『だったらウチでやれば!?』と、話がトントンと決まったんです」(磯部さん)

 店内には、直線縫いミシン、ロックミシン、刺繍(ししゅう)ミシンと、洋裁道具を備え、お客さんは布だけ持ってくれば大丈夫。普段はひろみさんが立つキッチンでは、岡崎さんが木曜日用のメニューを用意して、カフェをまかなう。

 私たちが訪ねた日は、ひろみさん自身もコットンドレスに取り組み、参加者がわきあいあいと手を動かしていた。そのかたわらでは、常連のお客さんがコーヒーを1杯。自室でテレワークをしている淳一さんも、ふらっと来ては、コロナ禍のご時勢における日本政府のふがいなさをサカナに、一席ぶっては、またふらっと自室に戻っていく。

 茅ヶ崎という開けた街に、ひろみさんの悠揚とした度量が重なり、湘南の日常がひときわ明るく感じるのだった。

BRANDIN(ブランディン)
〒253-0031 神奈川県茅ヶ崎市富士見町1-2
TEL:0467-85-3818

>>フォトギャラリーはこちら ※写真をクリックすると、くわしくご覧いただけます。

おすすめの記事

  • 姉妹でいつか、語り合った夢のカフェを 海が見渡せる逗子の「N邸 N-Café」

    姉妹でいつか、語り合った夢のカフェを 海が見渡せる逗子の「N邸 N-Café」

  • 4代続く味噌屋の麹菌からの贈り物 ベーカリー&カフェ「kamakura 24sekki」

    4代続く味噌屋の麹菌からの贈り物 ベーカリー&カフェ「kamakura 24sekki」

  • 知人の別荘に来たように。家具と海が響き合うカフェ「コード葉山」

    知人の別荘に来たように。家具と海が響き合うカフェ「コード葉山」

  • 「鎌倉から、ものがたり。」バックナンバー

    >>地図で見る

    PROFILE

    • 清野由美

      ジャーナリスト。1960年、東京都生まれ。東京女子大学卒。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了。英ケンブリッジ大学客員研究員。英国留学、出版社勤務を経て、92年にフリー。先端を行く各界の人物インタビューとともに、時代の価値観や感覚、ライフスタイルの変化をとらえる記事を「AERA」「朝日新聞」「日経ビジネスオンライン」などに執筆。著書に『新・都市論 TOKYO』『新・ムラ論 TOKYO』(隈研吾と共著・集英社新書)、『ほんものの日本人』(日経BP社)、『観光亡国論』(アレックス・カーと共著・中公新書ラクレ)、&w連載「葉山から、はじまる。」を1冊の本にまとめた『住む場所を選べば、生き方が変わる――葉山からはじまるシフトチェンジ』(講談社)など。

    • 猪俣博史(写真)

      1968年神奈川県横須賀市生まれ。慶応義塾大学商学部卒業。卒業後、カナダを拠点に世界各地を放浪。帰国後、レコード会社、広告制作会社勤務などを経て1999年にフリーに。鎌倉、葉山を拠点に、ライフスタイル系のほか、釣り系媒体なども手がけ、場の空気感をとらえた取材撮影を得意とする。本連載のほか、&travelで「太公望のわくわく 釣ってきました」の執筆と撮影を担当。神奈川県三浦半島の海辺に暮らす。

    サザンオールスターズの名付け親が描く、ゆるく自由な次の価値観 茅ケ崎のカフェ「BRANDIN」

    一覧へ戻る

    出会ったからこそ、できた店 茅ケ崎のコーヒーショップ「小川売店」

    RECOMMENDおすすめの記事