このパンがすごい!

情熱のパン屋、故郷で新章へ。娘と考えた待望のメロンパン/かいじゅう屋

2度目の移転、3軒目の店舗。創業の地である目白から立川、そして江戸川へ。店主の橋本宣之さんにとっては、故郷への帰還を意味する。

移転オープンに際し、実家の酒屋を改装。風が吹き抜ける開放感、三和土(たたき)のシンプルなうつくしさは、古民家で営業を行ってきた過去2軒のイメージを踏襲した。窓から覗(のぞ)く小川の土手の緑も目に鮮やかだ。

朗報がある。アイテムはほぼ食事パンに特化され、絞り込んだアイテムをストイックに焼いてきたかいじゅう屋が、菓子パンをはじめたのだ。

ひとつは「シナモンロール」。なんと、シーター(クロワッサン生地を折るための機械)を使わず、手で折り込む。

もうひとつは、「メロンぱん」。網目の模様も、ほんのりと染まった黄色みもクラシック。食べたいのはこれだった。メロン皮のかりかり、パン生地のもっちり、という食感のツートーン。卵の明るい甘さにアーモンドプードルのコク、バニラの後味。そこへ、パンから溶けだす小麦の旨味(うまみ)が加わって、快楽は翼を得たようにもうひと伸びする。

情熱のパン屋、故郷で新章へ。娘と考えた待望のメロンパン/かいじゅう屋

メロンぱん

かいじゅう屋のパンは、情熱のパンだ。橋本さんは、自らが抱える生きづらさを、パンに打ち込むことで忘れようとしてきた。橋本さんは、熟成に長い時間をかける。ときには3日がかり。ドイツ・ウェルカー社のガスオーブンが発する巨大な熱量もあいまって、豊かな小麦の風味は、橋本さんが注ぎ込む情熱の味のように感じられるのだ。

故郷・江戸川に戻って、橋本さんに心境の変化が訪れた。

「はじめて普通でいられるようになりました。いままで背伸びしていたというか。でも、ここは故郷なので、いいかっこうする必要がない。普通でいい。そもそも、そういうことすら考えなくてもいい感じです」

情熱のパン屋、故郷で新章へ。娘と考えた待望のメロンパン/かいじゅう屋

橋本宣之さん、妻の美香さん

肩の力が抜け、かいじゅう屋のパンは変わった。家族の存在もそれを後押しする。実は、メロンパンの皮のレシピは、小6になる娘のはなちゃんが見つけだしたものだ。

「はなが『これがいい』って、レシピを持ってきてくれました。もちろん、そこから僕がアレンジしていますが。はなはパンの成形もYouTubeを見て勉強しているので、めちゃめちゃ上手」

野菜をテーマとしていた立川時代に生まれたのが「かぼちゃぱん」。かぼちゃの、ターメリックに似た東洋的な香りと、ほのぼのした甘さ。ぷりんぷりんと跳ねて、ぱちんとちぎれる瞬間に訪れる快楽。

情熱のパン屋、故郷で新章へ。娘と考えた待望のメロンパン/かいじゅう屋

かぼちゃぱん

かいじゅう屋のパンからはなつかしさが感じられる。レーズンから起こした発酵種を、栃木の自然栽培生産者上野さんの小麦で継ぐ。なつかしい香りがするのは、木造家屋で嗅ぐあたたかな香りに似た栃木のテロワールと、種の風味によるものだろう。

もうひとつ、橋本さんはアンティーク雑貨のコレクターである。モノへの感受性が生みだすのだろう、パンの形は研ぎ澄まされ、古道具のようになつかしく、心に滲(し)みる。

「ぶどうコッペぱん」もそうだ。誰もが持つ給食のコッペパンという共通体験。それをずっとずっと上質にするとこれになる。ふさふさとしたあたたかい舌触り、ふにっとした歯応え。グリーンレーズンは弾け、ひやりとした酸味とともに、甘美なるジュースを、ほんのりとミルクの味がするコッペの口溶けにふりまく。

情熱のパン屋、故郷で新章へ。娘と考えた待望のメロンパン/かいじゅう屋

ぶどうコッペぱん

販売担当として、橋本さんを支える、妻の美香さん。実はとある名店で修行していたパン職人でもあり、焼き菓子を作っている。マフィンのぽろぽろとした食感もまた、蒸しパンを思わせるなつかしさ。けれども、ノスタルジックだけどもう昭和の清貧には後戻りはできないといわんばかりに、明るいバター風味が横溢(おういつ)。練りこまれた、甘酸っぱい自家製ルバーブジャムの風味ともたまらない相性だ。

橋本さんは、苦悩からの脱出口を家族に見いだしていた。はなちゃんが生まれたばかりの頃、ある本にこんな文章を寄せている。

「妻は光、娘は希望」

時は経ち、娘のはなちゃんはいまやメロンパンのレシピを考えるほどに成長した。

「生きづらさを家族が支えてくれている部分が大半ですが、自分自身の奥深いところを突き動かすものは孤独です」

家族の愛に囲まれながら、それでも癒されぬものを抱えて、今日もパンと向きあう。

情熱のパン屋、故郷で新章へ。娘と考えた待望のメロンパン/かいじゅう屋

長女のはなちゃんが描いたポップ

かいじゅう屋
東京都江戸川区江戸川5-31-3
11:00~18:00
日・月・木曜休み
https://ameblo.jp/osono911

【関連記事:週に2度しか焼かない、情熱のパン屋/かいじゅう屋】

>>写真をもっと見る ※写真をクリックすると、拡大表示されます

「かいじゅう屋」から寄り道 近くのお店

  • “おいしさのための一工夫、食べるととにかく「すごい!」パン/コーデュロイ

    “おいしさのための一工夫、食べるととにかく「すごい!」パン/コーデュロイ


    東京都・江戸川区

  • 元ボクサーのシェフが繰り出す食感の衝撃/ブーランジェリージョー

    元ボクサーのシェフが繰り出す食感の衝撃/ブーランジェリージョー


    東京都・江戸川区

  • 地元マダムに大人気!そそる惣菜パンが目白押しのパン屋/ゴンノベーカリーマーケット/ JUDO

    地元マダムに大人気!そそる惣菜パンが目白押しのパン屋/ゴンノベーカリーマーケット


    東京都・江戸川区

  • 国産小麦ごとにバゲットを味わう。パン飲みバル「さかなパン店」ついに常設化!/チェスト船堀

    国産小麦ごとにバゲットを味わう。パン飲みバル「さかなパン店」ついに常設化!/チェスト船堀


    東京都・江戸川区

  • 東京・東側に相次ぐ新しいパン屋、“即”売り切れる「北海道食パン」の実力/ブーランジェリー パンタレイ

    東京・東側に相次ぐ新しいパン屋、“即”売り切れる「北海道食パン」の実力/ブーランジェリー パンタレイ


    東京都・江東区

  • >>まとめて食べたい!「このパンがすごい!」記事一覧

    >>地図で見る

    PROFILE

    池田浩明

    佐賀県出身。ライター、パンの研究所「パンラボ」主宰
    日本中のパンを食べまくり、パンについて書きまくるブレッドギーク(パンおたく)。編著書に『パン欲』(世界文化社)、『サッカロマイセスセレビシエ』『パンの雑誌』『食パンをもっとおいしくする99の魔法』(ガイドワークス)、『人生で一度は食べたいサンドイッチ』(PHP研究所)など。国産小麦のおいしさを伝える「新麦コレクション」でも活動中。最新刊は『パンラボ&comics 漫画で巡るパンとテロワールな世界』(ガイドワークス)
    http://panlabo.jugem.jp/

    素材の旨味がほとばしる! 20年の歩みが生んだ、孤独のサワードゥ/LEE'S BREAD

    一覧へ戻る

    RECOMMENDおすすめの記事