シトウレイの好きな服、似合う服。

季節の変わり目、服選びに困ったら。ミックススタイルで乗り切る

季節の変わり目、服選びに困ったら。ミックススタイルで乗り切る

シトウレイです、こんにちは!

猛暑、というよりもはや酷暑だった今夏。日々、外に出るため家の扉を開けるたび、「つぅッッ……!」といったといった声が自然に漏れ出てしまう。

この漏れ出る声は暑さ故の「(あ)つぅッッ、、、!」」なのでしょうか、灼熱(しゃくねつ)の日差しがもはや痛覚として認知された故での「(い)つぅッッ!」なのでしょうか。
そんな由無(よしな)し事に思いをはせつつ過ごした夏も終わり、みなさんいかがおすごしでしょうか?

私はと言えばストリートスナップの毎日で、気がつけばこんがり焼けております(涙)!

ファッションでいえば夏のお洒落(しゃれ)もいい加減に飽きちゃった。秋っぽい着こなしもしたいなぁ、みたいな気持ちは起こりつつ、残暑が続く中で秋の洋服を手に取る気持ちにはなりにくい。

涼しく着られて、新鮮さや秋の雰囲気を感じるには。オススメは「小物から秋を取り入れる」方法!

理由は二つ。

1.服より暑さのリスクがない。
2.気候に合わせてお洋服を買うのが今のライフスタイルだから。

かつて「お洒落な人は季節を先取りして服を買う」と言われていましたが、気候は気分を左右します。そして気分で私たちは服を買う。欲しくなるときが買うタイミング。「お洒落は我慢!」と汗かいて無理して季節を先取りして服を着るのがかっこよかった時代は終わりました。

だ、か、ら、こ、そ!
無理ないテンションで夏の気分を少し変え、秋を感じる装いにするには小物がポイント!

冒頭の写真を見てください! 去年のパリで撮らせてもらった彼女。ちょうどショーとショーとの間で休憩中の一枚。

夏気分をはらんだ小花柄のノースリーブワンピースドレス。合わせる小物は黒のレザーブーツと、合せるバッグも同様に黒レザー。
盛夏だったらシンプルなサンダルや、かごバッグなんかで軽やかにスタイリングするところを、靴とバッグだけ変化させることで、一気にハードなイメージに変化、重みのある秋冬っぽいスタイリングに早変わり。

洋服は夏服だけど、小物の色や素材を変えるだけで一気に着こなしがシックなものに変わってきます。とはいえあくまで小物なのでトータルでの分量的には微々たるもの、つまりスパイス的な形で秋冬要素を取り入れることが出来ます。

ファッションの醍醐味(だいごみ)は何を着るか、ではなくどう着るか。

同じワンピースでも小物を変えるだけで、見違えるように雰囲気が変わります。

お手持ちの洋服にちょっと飽きてきたら、こんな風に違う季節を感じさせる小物とミックスしたスタイルを楽しんでみては。お洒落の幅がより広がるかと!

ではでは今日はこの辺で。
また次回おあいしましょう!

お相手はシトウレイでした。またね!

(文・写真 シトウレイ)

PROFILE

シトウレイ

shitorei-sukinafu-kuniaufuku
日本を代表するストリート・スタイル・フォトグラファー、ジャーナリスト。
毎シーズン、世界各国のコレクション取材を行い、独自の審美眼で綴(つづ)られる言葉と写真が人気を博している。ファッションにおける感性の高さと分析力で講演や執筆、テレビやラジオ出演、商品プロデュースやコンサルタント等、ジャンルを超えて活動。ストリートスタイルの随一の目利きであり、「東京スタイル」の案内人。また彼女自身のセンスも、ストリートフォトグラファーの権威「The Sartorialist」の著書で特集を組まれる等、ファッション・インフルエンサーとしても活躍中。

STYLEfromTOKYO

著書:
東京ストリート写真集「STYLEfromTOKYO」
(discover21刊)
東京ガイド「日々是東京百景」
(文化出版局刊)

夏はサラリと一枚で。ご機嫌になれるワンピース

一覧へ戻る

毎日を心地よく楽しくするおしゃれ

RECOMMENDおすすめの記事