フラワーアーティスト・東信が動画で表現する、目に見えない「生命の美しさ」

フラワーアーティスト・東信が動画で表現する、目に見えない「生命の美しさ」

動画「POLA B.A 第6世代 ブランドCM 誕生篇」より引用

女性の肌に寄り添うことで定評のある「POLA(ポーラ)」の最高峰ブランド「B.A」から新しい化粧水が9月11日に登場。さらに10月2日にはクレンジングクリームと洗顔料、乳液、クリームの新作も発売され、その美しく進化した「B.A」の世界観を伝えるWEBプロモーションムービーが公開されました。

「人の可能性は広がる」というブランドポリシーを掲げ、肌領域にとどまらず、筋肉や脳科学、社会科学など多角的に研究を深めている「B.A」。「人生100年時代」ともいわれる今、年齢にあらがうのではなく、自らがつくりだすポジティブな力で、肌から人、人から社会へと新たな美しさの可能性を広げる「エイジレス」な生き方を提案し続けています。

動画のアートワークを手がけたのは、&wの人気連載「花のない花屋」を担当しているフラワーアーティストの東信さん。「Flowers of Anima(魂の花)」をテーマに、目に映る植物そのものではなく、その先に潜む生命の美しさの本質を映し出すために、レントゲンという手法を用いています。

「生命美の核という、目に見えない本質まで表現したいと思いました。肌の細胞のミクロな部分も目に見えないもの。その本質を表現するために、アートワークにおいても化粧品とは何か、人は何かというところまで入り込み、行き着いたのが人の構造を捉えるレントゲンを使う手法でした。一見華やかで美しい映像だけれど、動物に見えたり、風景に見えたり、細胞に見えたりと、見る人に問いかけをしているのです。それが分かった時に心がぞわっとするような、魂が震える体験まで昇華してもらいたい」と東さんは、肌の奥に眠っている美しさの可能性を映像で伝えています。

B.A公式サイト:https://www.pola.co.jp/brand/ba/special/

〈218〉母の料理が大嫌いだった彼女が28歳で気づいたこと

TOPへ戻る

秋ですよ! たっぷりきのこのご馳走ピラフ

RECOMMENDおすすめの記事