ほんやのほん

心と体を丁寧に扱う。わくわくする毎日のため、今日からできること

心と体を丁寧に扱う。わくわくする毎日のため、今日からできること

撮影/猪俣博史

『Kapalili Flow Yoga Book & Video』

今年も残すところ2カ月あまり。1年前には想像もしていなかった2020年が過ぎようとしています。先日、車の窓の向こうを通り行く女性たちの姿を見ながら、少し早いですが、ふとこの1年を振り返っていました。

今年、私の心に強く響いたこと。それは、コロナの状況下にありながらも、勉学、仕事、家庭、育児など様々な場面において、一人ひとり女性の生きる強さを感じたことでした。このように感じるきっかけとなったのは、今回ご紹介する本『Kapalili Flow Yoga Book & Video』との出合いがあったからかもしれません。

表紙に写る、マットの上でヨガの「戦士のポーズ」を取る女性が、著者のShokoさんです。Shokoさんは、ハワイで日本人初のサップヨガインストラクターとして、後進の育成をはじめ、各種ヨガクラスの主宰もしています。

2019年には、ワイキキにある「Kapalili Hawaii Royal Hawaiian Studio」をオープン。オリジナルアパレルブランド「Kapalili Clothing」を展開するなど、幅広く活躍しています。Kapalili(カパリリ)とはハワイ語で、わくわくする気持ちを意味します。みなさんが、わくわくを感じることができる人生、そして健康的に美しくなっていくそのサポートをしていきたい、そのような願いがKapalili Hawaiiには込められているそうです。

本書では「1日10分のボディリセット」をベースに、瞑想(めいそう)や呼吸法、便秘解消のためのヨガ、「背中美人」のためのヨガなど、10のテーマに分けてヨガのポーズが紹介されています。

ポーズを取るためのステップと効果は、シンプルに分かりやすくまとめられています。また、最大の魅力はオンラインビデオ用のQRコードが付いていること。これを読み取ると、ハワイにいるかのような臨場感のある映像を見ながらヨガをして、本で復習するなど、個々のスタイルに合わせて活用できるようになっています。

明日の「生きる強さ」に

本の後半では、Shokoさんのライフスタイルも紹介されていますが、驚いたことに、ハワイに移住する24歳まで一度もハワイを訪れたことがなかったのだそう。人が大きな決断をする理由はさまざまです。心地よい日本を飛び出し、アメリカへの挑戦を決断する理由。それはShokoさんにとって、“私は何のために生まれてきたのか?”という自分自身への問いでもありました。

そうして出た答えが、ライフワークを探すこと、そして“大好きなことと得意なことを仕事にする”ということでした。これはきっと、誰もが一度は憧れる生き方。しかし、それを行動に移し、実現していくためには、自分自身の中にあるブレない強さが必要なのだと教えられます。

心と体を丁寧に扱う。わくわくする毎日のため、今日からできること

『Kapalili Flow Yoga Book & Video』Shoko 著 3,465円(税込)

Shokoさんは、健康な身体(からだ)への感謝の気持ちとともに、自分の心と体を丁寧に扱うことも忘れません。ダイエットスタイルと呼ばれる食事法では、食事の取り方にONとOFFのバランスを付けた、身体が喜ぶ食事法を実践している、とつづっています。また読書は、前向きな思考と行動を助けてくれるものだとして、一冊の本を、マーカーを引きながら何度も読み返すといいます。

自らの体験をもとに、わくわくの毎日を送るための習慣や、心がけている10のルールを「The 10 Keys of Kapalili Life」としてシェアしているのは、うれしいところ。私もこのページはとても心に強く残っています。

冒頭にも触れた、表紙に写るヨガポーズを取るShokoさんは、芝生の上に敷いたヨガマットの上で、足は強く大地を踏みしめ、手の指先は真っすぐと空に向かって伸びています。一冊を読み終えるころ、その姿がより力強く、そして美しく感じられたのは、彼女の生きる力強さが伝わってきたからなのかもしれません。

最後に、『Kapalili Hawaii』のコンセプトをご紹介したいと思います。

今日あなたが口にした食事が、明日のあなたを作る。
今日あなたが口にした言葉が、明日のあなたを作る。
今日のあなたの行動が、明日のあなたを作るのです。

(文・藤井亜希子)

    ◇

心をととのえる本


  •    

    ふと何かを思うための一呼吸『お茶の時間』
       

       

    ふと何かを思うための一呼吸『お茶の時間』


       


  •    

    5年後、あなたはどこで何を?『5(ファイブ)』
       

       

    5年後、あなたはどこで何を?『5(ファイブ)』


       


  •    

    植物の本に癒やされる。いつもと変わらない自然の営み
       

       

    植物の本に癒やされる。いつもと変わらない自然の営み


       

  • いつかの旅のために


  •    

    家族の絆を深める旅へ ロケ地コーディネーターの段取り術
       

       

    家族の絆を深める旅へ ロケ地コーディネーターの段取り術


       


  •    

    古く素敵なモノとの出会い『北欧 ヴィンテージ雑貨を探す旅 』
       

       

    古く素敵なモノとの出会い『北欧 ヴィンテージ雑貨を探す旅 』


       


  •    

    どこで何を食べようか『マレーシア 地元で愛される名物食堂』
       

       

    どこで何を食べようか『マレーシア 地元で愛される名物食堂』


       


  •    

    北極圏の冒険を通して気づく、生きるという神秘『極夜行』
       

       

    北極圏の冒険を通して気づく、生きるという神秘『極夜行』


       

  • >> おすすめの本、まだまだあります

    PROFILE

    蔦屋書店 コンシェルジュ

    そのとき一番おすすめの本を、週替わりで熱くご紹介します。

    ●代官山 蔦屋書店
    間室道子(文学)
    ●二子玉川 蔦屋家電
    岩佐さかえ(健康 美容)/中田達大(ワークスタイル)
    嵯峨山 瑛(建築 インテリア)/松本泰尭(人文)
    ●湘南 蔦屋書店
    川村啓子(児童書 自然科学)/藤井亜希子(旅)
    八木寧子(人文)/若杉真里奈(雑誌 ファッション)
    ●柏の葉 蔦屋書店
    大川 愛(食)

    藤井亜希子(ふじい・あきこ)

    湘南 蔦屋書店 旅コンシェルジュ。旅行会社勤務時代は、海外ホテルやオプショナルツアーなど現地への手配を担当。その経験を生かし、ハワイ・北欧・フランス・イギリスなどを中心に、旅行書の選書をはじめ世界各国の自然や文化、人々の暮らしなどその土地にまつわるフェアや旅行イベントを提案。プライベートでは、自他ともに認めるハワイラバー。

    村上春樹が、ディズニーランドが。「雑貨化」する社会の行き先

    一覧へ戻る

    境目をなくす信頼と疑い。2020年にこそ読みたい、前代未聞のミステリー

    RECOMMENDおすすめの記事