鎌倉から、ものがたり。

ケーキのメレンゲをくしゃっと崩しながら、高まるティータイムへの期待 ブンブン紅茶店

鎌倉駅西口から西に向かう市役所通りの、トンネルをひとつ抜けた先。緑多い閑静な一角に、品のよいティールームがたたずむ。佐助の地で43年間続く「ブンブン紅茶店」だ。

 階段をあがってポーチから店内へ。扉を開けると、イギリスのカントリーハウスのような温(ぬく)もりのある空間が広がっている。

 メニューブックには、同店が定番とする「ヨークシャーティーゴールド」とともに、「2020年 ダージリンファーストフラッシュ タルボ農園」「2020年 ヌワラエリア クオリティシーズン」など、旬のおすすめが産地とともに並んでいる。「アッサム」「ウヴァ」「キャンディ」など豊富なラインナップは、店主の小木曽榮(おぎそ・さかえ)さん(62)と、姉でティーインストラクターの初鹿野(はつかの)みのぶさんがふたりで選び抜いた茶葉ばかり。

 ポットでサーブされる紅茶のお供には、イギリスの伝統的なお菓子をベースに、オリジナルレシピでつくるケーキたち。おなじみのスコーンをはじめ、「ヴィクトリアサンドイッチケーキ」「レモンドリズルケーキ」など、メニューには10種類ほどがずらり。これに魅了されない人はいないだろう。

 創業は1977年。当時、紅茶の専門店は、まちではまだ珍しかった。

「喫茶店といえば、今も昔もコーヒーが主流ですが、私の家は家族そろって紅茶党で、私も子どものころから紅茶好き。それが今にいたるまで続いているんですね」と、小木曽さん。情熱の原点は、創業時にインドの茶園まで足を運んで、目の覚めるようなフレッシュな紅茶を飲んだこと。

「ひと口に紅茶といっても、産地、茶園、収穫の時期などによって、味わいがまったく違ってきます。茶葉の向こうには、ワインと同じような奥深い世界が広がっている。これはやめられないな、と」

 大英帝国が世界を制した時代に、インドやスリランカで収穫される紅茶は、本国イギリスに運ばれて、暮らしを彩る文化として花開いた。

 イギリスには現在も、古き良き紅茶文化を伝える老舗がいくつも残る。そのひとつ、ヨークシャー州の「Betty’s(ベティーズ)」のあり方に共感を覚えると、小木曽さんはいう。

「全英に知られる人気店なのですが、ヨークシャー州以外の土地には店を出さないというポリシーをずっと守っている。自分たちの歴史と誇りを捨てないというのが、私が考えるイギリス流。そこに惹(ひ)かれますね」

 地域に根付く伝統と文化を大切にする心意気は、小木曽さんが育った鎌倉の土地柄にも通じている。ブンブン紅茶店の立地は、観光客が行き交う駅前から離れた場所だが、だからこそ近所の人たちが安心して集まってくる。そして、そのコージー(くつろいだ)な雰囲気に誘われて、はじめてのお客さんも、ここでのひとときを楽しむことができる。

「個人経営の喫茶店は、いまや絶滅危惧種などともいわれていますが、いいお客さまに恵まれたおかげで、長く続けてこられたと思います。常連さんの中には、通算来店数が1300回以上という方も。1000回に達したときに記念のティーパーティーを開きましたが、それ以降もずっといらっしゃっています」

 産地限定の茶葉だけでなく、オリジナルブレンドやチャイも種類が揃(そろ)っていて、それぞれにおいしい。はじめての人向けの、小木曽さんによるおすすめは、ヨークシャーティーゴールドの紅茶と、イギリス名物菓子「イートンメス」のブンブン流アレンジ、「スノーフレーク」の取り合わせ。

 本場のイートンメスは、イチゴが旬の時期にメレンゲと生クリームを合わせて、「メス(かき混ぜて)」の状態でいただくものだが、ここではフルーツと生クリームの上に三角のメレンゲが載っているという、何とも面白い造形。くしゃくしゃっとかきまぜながら、紅茶の時間への期待が高まっていく。

ブンブン紅茶店
〒248-0017 神奈川県鎌倉市佐助1丁目13−4
TEL:0467-25-2866

>>フォトギャラリーはこちら ※写真をクリックすると、くわしくご覧いただけます。

「鎌倉から、ものがたり。」バックナンバー

>>地図で見る

PROFILE

  • 清野由美

    ジャーナリスト。1960年、東京都生まれ。東京女子大学卒。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了。英ケンブリッジ大学客員研究員。英国留学、出版社勤務を経て、92年にフリー。先端を行く各界の人物インタビューとともに、時代の価値観や感覚、ライフスタイルの変化をとらえる記事を「AERA」「朝日新聞」「日経ビジネスオンライン」などに執筆。著書に『新・都市論 TOKYO』『新・ムラ論 TOKYO』(隈研吾と共著・集英社新書)、『ほんものの日本人』(日経BP社)、『観光亡国論』(アレックス・カーと共著・中公新書ラクレ)、&w連載「葉山から、はじまる。」を1冊の本にまとめた『住む場所を選べば、生き方が変わる――葉山からはじまるシフトチェンジ』(講談社)など。

  • 猪俣博史(写真)

    1968年神奈川県横須賀市生まれ。慶応義塾大学商学部卒業。卒業後、カナダを拠点に世界各地を放浪。帰国後、レコード会社、広告制作会社勤務などを経て1999年にフリーに。鎌倉、葉山を拠点に、ライフスタイル系のほか、釣り系媒体なども手がけ、場の空気感をとらえた取材撮影を得意とする。本連載のほか、&travelで「太公望のわくわく 釣ってきました」の執筆と撮影を担当。神奈川県三浦半島の海辺に暮らす。

数年後、また食べたくなる味を 行列のできる焼き菓子店「TOROkko」

一覧へ戻る

小料理と一緒に仲間と笑い合った大切な時間を、ここ長谷でも 「koyagi-ya delicatessen&co.」

RECOMMENDおすすめの記事