ほんやのほん

境目をなくす信頼と疑い。2020年にこそ読みたい、前代未聞のミステリー

境目をなくす信頼と疑い。2020年にこそ読みたい、前代未聞のミステリー

撮影/馬場磨貴

『Another 2001』

大傑作『Another』のシリーズ最新刊。1作目では夜見山北中学校の三年三組だけに起きる「災厄」が描かれ、スピンオフ的な2作目『Another エピソードS』では、ある「死者」のひと夏が描かれた。このエピソードSに出てきた12歳の少年・想(そう)が、あの中学の三年三組に……というスリリングな展開をするのが本書である。

正編の舞台であった1998年から3年。新学期スタートを前に、三年三組では災い回避のための綿密な打ち合わせが行われていた。もちろん過去にもさまざまな対策がなされ、場所が悪いのかと教室を移動したり、名前を変えればと「三年C組」にしたりしたが、恐怖は続いた。そんな中、ある年に取られた方法が「効いた」。以来このクラスでは、始業式から卒業まで、ひそかに異様なことがおこなわれている。

物語には“Anotherオールスターズ”的に、正編の主人公だった恒一、「災厄」の始まりを知っている第二図書室の千曳さん、そしてこの人物のために本シリーズがあると言っても過言ではない稀有(けう)な存在感を放つ少女・見崎鳴(みさき・めい)が登場する。彼女は現在、高校3年生だ。

タイトルにもあるように、時は2001年。ここに作者・綾辻行人先生のたくらみがある。物語に、この年の象徴的なものが二つ出てくるのである。一つはつくりもの=映画で、二つ目は実際の事件だ。

映画館を出た後、登場人物のひとりが「あれだけの恐竜が自由自在に動き回ってるのはやっぱ、それだけですげえよな」と言う。黎明(れいめい)期の特撮映画は「自由自在」ではなかった。「ほんものではない」感がバレバレ。でも技術は進化し続け、この年公開の作品には、ふつうのネイチャー番組ぐらいの精度で恐竜たちが映っている!

事件のほうは9月。深夜にテレビに映し出された大惨事に見入り、想が衝撃を受けるシーンがでてくる。私も同じだった。これはSFX大作の予告編か?と思い、事実とわかって震えた人は多いはず。

2001年は「非現実が現実に、現実が非現実に見える」を世界に決定づけたのだ。これが三年三組の怪異とシンクロする。相反するものの融解は人の心にも作用していく。信頼と疑い、愛と憎しみが境目をなくし、登場人物たちから怒りが、悲しみが、噴出する。

「ある年」そのものを大仕掛けに使った、かつてないミステリー。そして「災厄」について、読後思うのだ。「対策を取ったからといって万全ではない」「規則性は不明」「降りかかったら、とても身近な人に影響が出る」「こんな状況でも恋をする人はいるし、逃げ出そうとする人もいる」――これは、今だ。

誰が「おりる」ことを考え、誰があきらめず、誰が未来への小さな希望を口にして人を励まそうとするか。本作が2020年に出た意味は大きい。

(文・間室道子)

     ◇

ミステリー


  •    

    あの子への優越感と嫉妬。くだらない、でも精いっぱいだった「私」
       

       

    あの子への優越感と嫉妬。くだらない、でも精いっぱいだった「私」


       


  •    

    お正月にぞわぞわ読みたい。『コンビニ人間』『危険なビーナス』
       

       

    お正月にぞわぞわ読みたい。『コンビニ人間』『危険なビーナス』


       


  •    

    やってられない? 痛快ミステリーがくれる心のスパイス
       

       

    やってられない? 痛快ミステリーがくれる心のスパイス


       

  • シリーズの楽しみ


  •    

    過去を捨てた男と家族の物語。……なのか? 深読みの妙味
       

       

    過去を捨てた男と家族の物語。……なのか? 深読みの妙味


       


  •    

    私立探偵・沢崎が14年ぶりに復活。『それまでの明日』
       

       

    私立探偵・沢崎が14年ぶりに復活。『それまでの明日』


       


  •    

    「うさこちゃん」が教えてくれたこと―ブルーナさん、ありがとう
       

       

    「うさこちゃん」が教えてくれたこと―ブルーナさん、ありがとう


       


  •    

    北村薫作品は、おいしい芋がぞろぞろである。『中野のお父さんは謎を解くか』
       

       

    北村薫作品は、おいしい芋がぞろぞろである。『中野のお父さんは謎を解くか』


       

  • >> おすすめの本、まだまだあります

    PROFILE

    蔦屋書店 コンシェルジュ

    そのとき一番おすすめの本を、週替わりで熱くご紹介します。

    ●代官山 蔦屋書店
    間室道子(文学)
    ●二子玉川 蔦屋家電
    岩佐さかえ(健康 美容)/中田達大(ワークスタイル)
    嵯峨山 瑛(建築 インテリア)/松本泰尭(人文)
    ●湘南 蔦屋書店
    川村啓子(児童書 自然科学)/藤井亜希子(旅)
    八木寧子(人文)/若杉真里奈(雑誌 ファッション)

    間室道子(まむろ・みちこ)

    代官山 蔦屋書店の文学コンシェルジュ。
    テレビやラジオ、雑誌でおススメ本を多数紹介し、年間700冊以上読むという「本読みのプロ」。お店では、手書きPOPが並ぶ「間室コーナー」が人気を呼ぶ。

    心と体を丁寧に扱う。わくわくする毎日のため、今日からできること

    一覧へ戻る

    世界にたった一つの体。お見舞いにどんな本を贈りますか?

    RECOMMENDおすすめの記事