朝日新聞ファッションニュース

グランドセイコー(GS)誕生60年、伝える真髄

グランドセイコー(GS)誕生60年、伝える真髄

グランドセイコースタジオ雫石

岩手に新工房、機械式時計の技を発信

セイコーウオッチの高級腕時計「グランドセイコー(GS)」が今年、誕生60年を迎えた。7月には、GSの機械式腕時計を作る工房「グランドセイコースタジオ雫石」を岩手県雫石町の盛岡セイコー工業内 に新設。豊かな自然の中にある組み立ての現場を訪れた。

赤や黄に色づいた木々に囲まれたスタジオは、大きく跳ね上がった屋根が印象的だ。木造で、周囲の自然と調和している。建築家の隈研吾が設計した。

1970年設立の盛岡セイコー工業は、部品製造から完成品の組み立てまで手がける。これまで敷地内の 別の棟で組み立てていたが、GSのものづくりや世界観を伝える発信拠点としてスタジオが新設された。ブランドの歴史や工程を紹介する展示などもある。予約制での一般公開を予定しているが、新型コロナ の感染拡大防止のため、当面の間は見合わせている。

GSは60年、スイス時計に挑戦する高精度・高品質の国産時計として誕生。現在の中心価格帯は50万~70万円で、中には2千万円を超えるものも。機械式が雫石で、クオーツ式と独自機構のスプリングドライブモデルは長野県塩尻市の工房で作られている。

グランドセイコー(GS)誕生60年、伝える真髄

雫石で作るGSの新作、セイコー創業140周年記念限定モデル。330万円(税込み)。来年1月発売予定

スタジオ内の通路からガラス越しに見えるクリーンルームでは、約20人が目の前に集中し手を動かしていた。機械式ムーブメントは約200のパーツから成り立ち、砂粒のように小さな部品もある。ムーブメントの仮組みや調整の後、独自の精度基準で17日間かけて検定。外装を取り付け、さらに検査する。

訪れた日はあいにくの天気だったが、職人らが目を上げると外には岩手山が見える。組み立てに携わる伊藤勉さん(48)は「今日の岩手山はきれいだね、と従業員同士のコミュニケーションにもなっている。GSは数多くの先輩が作ってきて、伝統を引き継ぐ責任を感じる。一方、セイコーの最高の技術のかたまりで誰もやったことがないことをやる難しさもある」と話す。

グランドセイコー(GS)誕生60年、伝える真髄

ムーブメントの組み立て作業をする伊藤勉さん

海外での組み立て実演も数多くこなしてきた平賀聡さん(50)は、「GSは高額なので、お客さんに組み立てを見てもらい、『これだけ丁寧に品質の良いものを作っているから高いよね』と納得してもらうことが大切」と、ものづくりの現場を伝える重要性を説く。

見学の詳細はホームページ(https://gs-studio-shizukuishi.resv.jp/)。

本質的な価値、欧米で高い評価 内藤昭男副社長に聞く

1960年誕生のGSを海外展開したのは2010年。米国と欧州の現地法人会長も務めるセイコーウオッチの内藤昭男副社長に、海外戦略や新型コロナの影響を聞いた。

グランドセイコー(GS)誕生60年、伝える真髄

セイコーウオッチの内藤昭男副社長

――GSを海外展開した当初の反応は?

それまでセイコーが海外で出していた商品は3万~5万円ほどが中心。GSを展開した際は「なぜ同じセイコーなのにこんなに高いんだ?」という消費者や小売店の受け止めが強かった。17年にGSは独立ブランド化。セイコーとは別のブランドだと明確になり、売りやすくなった。

――米国で、GSは特に若い世代に人気だとか。

個性を尊重し挑戦者を評価する風土がある。既存の価値の踏襲より「自分が評価する価値を自分で見つける」という姿勢。特に、若く成功したミレニアル世代にその傾向を感じる。親世代がありがたがっていたブランドなどに懐疑的。それより「多くの人は知らないが、GSはすごいと私は発見した」と。SNSなどで広がる。

――欧州はまた違う?

米国で注目され、欧州は約1年遅れてという感覚。6月、GS専門店をパリのヴァンドーム広場に開いた。ここに店を持つことが世界の一流ブランドの条件。旅行者が多い場所でコロナの影響もあるが、時計ファンや富裕層を常連として獲得できてきている。

――今後の戦略は。

後はアジアだが、中国の富裕層はグローバルマーケットに敏感なのでは。GSが欧米で認知され、触発されて中国でもブランドの価値が高まっていくと思う。

――コロナで、人々の時計に対する意識に変化は?

時計はしばらく前から、生活必需品ではなく嗜好(しこう)品になっていると思う。装飾品であり、所有する喜びを満たす宝物。外出の機会が減り、装飾品としての需要は減るのかもしれない。一方、何としてでも所有したいと思わせるのに、ブランドの本質的な価値がさらに問われる。雫石など製造地や歴史をストーリーとして伝え、アピールしていきたい。

(神宮桃子)

コロナ禍の新作、マリンで陽気に デザイナー・島田順子に聞く

一覧へ戻る

コシノジュンコ×観世流 能とファッションショー、融合で新境地 

RECOMMENDおすすめの記事