オトコの別腹

故郷・徳島の定番お菓子 小男鹿本舗冨士屋 小男鹿(さおしか) 佐藤タイジさん

故郷・徳島の定番お菓子 小男鹿本舗冨士屋 小男鹿(さおしか) 佐藤タイジさん

小男鹿(さおしか)本舗冨士屋

和三盆糖や山芋、小豆、うるち米を使った、冷やしてもおいしく、あたためると、もっちり感がさらに増す、故郷の徳島の定番のお菓子です。

母親が茶道をやっていたことが大きく、物心ついたときから、実家には、小男鹿がお茶菓子としていつも置かれていました。母親がお抹茶をたてて、家族で食べるのが日常でした。

父親の仕事の関係者が色々なお菓子をくれることが多く、みんなで全部食べ比べても、やっぱり小男鹿が一番。友達がうちに遊びに来ても、ケーキの代わりに母親が小男鹿を出して、うまい、と食べていました。今も自宅に常備することはよくあり、作詞作曲、自分が主催するライブやイベントやフェスの構想を練りながら、エスプレッソと一緒に食べるのがお気に入り。自分の子どもたちにも、和風ケーキということで好評です。

和紙でできた包み紙も箱もきれいです。品良く丁寧に作られたお菓子とパッケージにもひかれてしまいます。帰郷して東京に戻る時の徳島土産でも、小男鹿を買うことが多いです。海外の友達には贈ったことはないけど、見た目も味もきっと喜ぶんじゃないかな。

    ◇

本店 徳島市南二軒屋町1の1の18(電話080-623-1118)。1棹(さお)2060円、半棹1130円(いずれも税込み)ほか。午前8時20分~午後5時半。年中無休。通販可。

PROFILE

故郷・徳島の定番お菓子 小男鹿本舗冨士屋 小男鹿(さおしか) 佐藤タイジさん

佐藤タイジさん

さとう・たいじ ギターボーカル。バンド「シアターブルック」リーダー。太陽光発電システムによるロックフェス「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」主宰者。1月26日(火)、東京・吉祥寺のスターパインズカフェでイベント開催。

>>「オトコの別腹」バックナンバー

やっぱり戻ってきちゃう 「ラティーネ」のヴェルテ 土田晃之さん

一覧へ戻る

人生を変えた、戦友のようなお菓子 永餅屋老舗の安永餅 作家・秦建日子さん

RECOMMENDおすすめの記事