ほんやのほん

「生と死」を語る言葉たち。10年前のあの日から、私たちは

「生と死」を語る言葉たち。10年前のあの日から、私たちは

撮影/猪俣博史

『大切な人は今もそこにいる』

今、震災を通して想うこと。

2011年3月11日のあの日、あなたはどこで、何をしていましたか。

先月、福島沖で発生した震度6強の「揺れ」により、体感としてあの日のことを改めて思い出した方も少なくないかもしれません。中学生ぐらいの年代に向けて「生と死」について考える本を、という趣旨で昨年秋に刊行された本書は、大人の方にも今こそ手に取って頂きたい一冊です。

岩手県陸前高田市のお寺をご実家とするノンフィクションライターの千葉望さん。震災当日、千葉さんは東京にいて、遠くの被災家族を心配しながらも、テレビの画面に映し出される、自然の猛威に襲われる故郷の姿を、ただなすすべもなく目にすることになります。この辺りの描写を読みながら、ああ自分もそうだった、こんな風に呆然(ぼうぜん)としながらも近距離の事態への対処で右往左往していたな。千葉さんの詳細な記録を読みながら、自分の3月11日の記憶をたどるような気持ちになります。

本の後半では宮沢賢治の作品を通じて、東北人の死生観が語られます。親友と共に銀河鉄道の旅に出て、道中の様々な景色や人々との出会いを経て、しまいにその親友の死を悟る少年の話『銀河鉄道の夜』や、賢治が死にゆく妹のトシを悼む有名な挽歌(ばんか)「永訣(えいけつ)の朝」。私自身は宮沢賢治の作品を語る言葉を持ち合わせてはいないけれど、それでも今回、千葉さんの手によるたくさんの「死」を読んだ後に触れた宮沢賢治作品には、なぜこの作家が東北人の魂の救済となっているのかを実感することができました。

千葉さんは震災後、陸前高田に通い、被災者の話に耳を傾け続けます。その中にはコロナ禍の今にも通じる言葉がありました。大きな被害を受けたにもかかわらず「自然は偉大だ! 自然は偉大だ!と思ったんだ」と語る漁業関係者の言葉からは、今まさに新型コロナウイルスと対峙(たいじ)している私たちに、ただ恵むだけではない自然と生きていかなくてはならない覚悟が問われているように思えます。

そして震災当時12歳だった千葉さんの姪(めい)っ子さんの言葉にはとりわけ胸を打つものがあります。

「このことはあなたの大事な経験の一つになるかもしれない」っていろんな人に言われた。でも私はそうじゃないと思ってた。しなくてもいい経験だよ。これが私の運命で、受け入れなければいけないんだろうけど、やっぱり嫌だった。せめて、12歳という年齢で知らずに済めばよかったのに。(p.82)

この1年、コロナウイルスの世界で様々なものや機会を失ってきた若者たちにも通じるところがあるように感じられます。

震災と新型ウイルス、それぞれの苦難は同じものではないけれど、報道で伝えられる死者数の一人ひとりの命の重みや、困難な状況下でも前を向こうとする人々の姿は重なるものがあり、平時とは違う今だからこそ深く共感できるものに思えます。

震災を通して他者を、そして死者を想(おも)うこと、そして悲しみに寄り添う文学の必要性を教えてくれる、今こそ心に響く一冊です。

(文・川村啓子)

     ◇

時代を読む


  •    

    村上春樹が、ディズニーランドが。「雑貨化」する社会の行き先
       

       

    村上春樹が、ディズニーランドが。「雑貨化」する社会の行き先


       


  •    

    あなたは何を「うれしい」と思う? 20年後に“旬”を迎えた本
       

       

    あなたは何を「うれしい」と思う? 20年後に“旬”を迎えた本


       


  •    

    時代をとらえ続ける『anan』。女性の“好き”を見つめた半世紀
       

       

    時代をとらえ続ける『anan』。女性の“好き”を見つめた半世紀


       

  • 生きること


  •    

    人生って無意味?と思ったときに開く本。やさしい哲学書
       

       

    人生って無意味?と思ったときに開く本。やさしい哲学書


       


  •    

    どうか、生きて。『9月1日 母からのバトン』
       

       

    どうか、生きて。『9月1日 母からのバトン』


       


  •    

    夫がのこしたものをつなぐ。『ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから』
       

       

    夫がのこしたものをつなぐ。『ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから』


       


  •    

    あなたはどっちの生き方? “忘れられた子どもたち”の長い旅
       

       

    あなたはどっちの生き方? “忘れられた子どもたち”の長い旅


       

  • >> おすすめの本、まだまだあります

    PROFILE

    蔦屋書店 コンシェルジュ

    そのとき一番おすすめの本を、週替わりで熱くご紹介します。

    ●代官山 蔦屋書店
    間室道子(文学)
    ●二子玉川 蔦屋家電
    岩佐さかえ(健康 美容)/中田達大(ワークスタイル)
    嵯峨山 瑛(建築 インテリア)/松本泰尭(人文)
    ●湘南 蔦屋書店
    川村啓子(児童書 自然科学)/藤井亜希子(旅)
    八木寧子(人文)/若杉真里奈(雑誌 ファッション)

    川村啓子(かわむら・けいこ)

    湘南 蔦屋書店 児童書・自然科学コンシェルジュ。
    読書といえば小説が主で大学も文学部、ずっと「人間のこと」ばかり考えてきましたが、このお仕事に出会ってからは「人間以外のこと」を思う時間が増えました。いま気になっているのは放散虫。「自然界は美しいものだらけです」

    年下男性にときめいて…… リアリティーを生む固有名詞の力

    一覧へ戻る

    一貫性のなさこそ作風。ある建築家の波瀾万丈の人生

    RECOMMENDおすすめの記事