リノベーション・スタイル

どのくらい住む? 今の暮らしを楽しみながら将来の売却も考えて

Aさん(二人暮らし)
東京都豊島区/54.58m²/築27年

     ◇

リノベーションをする人の中には、「ライフスタイルに合わせて住む場所を替えたい」と考えている人は少なくありません。私たちブルースタジオでは、リノベーションをする方々に「この家は何年くらい住む予定ですか?」と最初に必ず聞きます。10年は住みたいけど、その後は実家に帰るから売りたい。5、6年で別の場所に住み替えるので、その後は賃貸にしたい。こんなふうに、リノベーションをする人の状況はさまざま。それぞれに合わせた家作りを考えていくことになります。

Aさんはマンションをリノベーションして、数年後は住み替えのために売却したいという希望がありました。でも、もちろん今の暮らしの心地良さは、諦めたくありません。将来の売却と今の暮らしの心地良さのバランスをとる、リノベーションになりました。

間取りは、個室がたくさんある3DKから、広々としたLDKと大きめのウォークインクローゼットのある寝室の1LDKにしました。キッチンは、収納が充実して使いやすい日本のメーカーのものに。そして、トイレや浴室も日本メーカーのハイグレードな設備を選びました。

どのくらい住む? 今の暮らしを楽しみながら将来の売却も考えて

売却を考えて、汎用(はんよう)性のある選択です。一方で、インテリアは元々持っていた家具や照明、アートなどを雰囲気よく配置したいという、お二人のこだわりを反映させました。

さらに、大きな特徴は、寝室に設置したウォークインクローゼット。洋服をたくさん持っているというお二人の希望で、広さを十分に確保し、棚と手持ちの家具を配置して見やすく収納できるように機能的にしました。また、玄関の土間からクローゼットに入れるので、外出&帰宅の動線がスムーズ。洋服が、リビングに置きっぱなしになることがありません。

売却後は、次の人がライフスタイルに合わせて、寝室とウォークインクローゼットの間に壁を作ることが可能です。または、棚を撤去して寝室を広くすることも。今も売却後も暮らしやすいスペースになっています。

どのくらい住む? 今の暮らしを楽しみながら将来の売却も考えて

ずっと同じ家に住み続けるという選択肢がある一方で、ライフタイルに合わせて住み替えるという選択肢もあります。どちらが正解ということではなく、自分が「どんな暮らしをしたいのか」を見極めることが大切です。

今回は、今の暮らしを楽しみながら、次のステップを考えている方々のリノベーションでした。住み替える予定の場合でも、今住んでいる家を売却するか賃貸に出すかで、作り方が違ってきます。住まいの選択肢は増えていきますが、戻るのは「どんな暮らしをしたいのか」という基本。そこが決まっていれば、後悔のない選択ができると思います。

どのくらい住む? 今の暮らしを楽しみながら将来の売却も考えて

Aさんに聞く
リノベーションQ&A

Q1 今回のリノベーションで一番大切にしたことはなんですか?

土間とウォークインクローゼットは特にこだわりました。玄関と土間の床は自然石の素材を用途に合わせて切り替えました。細かいところだと、ドアノブにもこだわっています。あと、トイレは床や壁に自然石のタイルを使い、手洗いスペースには木製の収納を。デザイン性と使いやすさを大切にしました。

どのくらい住む? 今の暮らしを楽しみながら将来の売却も考えて
どのくらい住む? 今の暮らしを楽しみながら将来の売却も考えて

Q2 自分が想像していた以上のことはありましたか?

マンションの隣に高速道路があり交通量が多いのですが、騒音など気にならず快適に暮らしています。眺望も良く、広々としたLDKの窓から見る景色をとても気に入っています。

Q3 リノベーションのプロセスで楽しかったことは?

家には服や靴が好きでたくさんあります。土間から寝室へ続く途中にあるウォークインクローゼットは、玄関のシューズクローゼットとつなげて作りました。収納力に加え、物の取り出しやすさと管理のしやすさも大事にし、洋服選びが楽しくなる仕掛けとスムーズな生活動線を実現できました。大切にしているものが、ていねいに配置されていくプロセスは楽しかったですね。

(構成・文 大橋史子)

リノベーションの写真のつづきはこちらへ
写真をクリックすると、各部屋の詳細をご覧いただけます。

>>リノベーション・スタイルのバックナンバーはこちら

PROFILE

石井健

「ブルースタジオ」執行役員
1969年、福岡県生まれ。「ブルースタジオ」執行役員。日本のリノベーション・シーンの創世期から600件以上を手がけてきた。「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)でも「古い物件の家賃を倍にする不動産集団!」として紹介される。「郷さくら美術館」(東京・中目黒)で2012年度グッドデザイン賞受賞。また「賃貸アパート改修さくらアパートメント」(東京・経堂)で2014年度グッドデザイン賞受賞。 著書に『リノベーション物件に住もう』(共同編集/ブルースタジオ)、『MUJI 家について話そう』(部分監修)、『リノベーションでかなえる、自分らしい暮らしとインテリア LIFE in TOKYO』(監修)。
ブルースタジオへのリノベーションのご相談は、隔月開催のセミナーや、個別相談で承っています。
http://www.bluestudio.jp/

おうち時間で何をする? 家の可能性は無限大です【総集編】

一覧へ戻る

“子ども目線”で楽しいリノベーション。成長に応じて変化する家【傑作選】

RECOMMENDおすすめの記事