TOKYOワインバル・クルージング

モダンベトナム料理に“クリーンナチュラル”を中心にペアリング

  • 東京都渋谷区神宮前3丁目:アン ディ
  • 2017年11月24日

「ティーリーフサラダ」(1800円)はホーリーバジルのドレッシングで。『タケダワイナリー サン・スフル白・発泡2016年』(ボトル5500円)を合わせて。発酵させた八女茶にパクチー、小エビ、緑豆、白ゴマ、トマトなどの食材が加わり、ライムを搾って混ぜ合わせていただく。サラダの葉の香りや酸と苦味に、発泡性のデラウェアの香りと酸を同調させて

  • 「10種のハーブ&野菜 エビの生春巻き」(1000円)は店のシグニチャーディッシュ。パイナップル、柴漬けが入り、甘味と塩味が同居。しっかり具材が詰まった満足感の高い一品。ヌクマムの旨味に合わせたいのは『フレデリック・スティーヴンソン ロゼ 2016年』(ボトル9500円)。南オーストラリアのバロッサ・ヴァレーで造られるグルナッシュ、サンソー、シラーを使ったノンフィルターの旨味たっぷりのナチュラルワイン

  • オーストラリア、イタリア、アメリカなど、ナチュラルワインのラインナップは13カ国と多種多様。右端の『クラヴァン シュナン・ブラン2016年』(ボトル9000円)は南アフリカ・ステレンボッシュで造られた白。凝縮感と清涼感を併せ持つ

  • テーブル18席にカウンター5席の計23席。インダストリアルなテイストとリゾート感がミクスチャーされたリラックスムード漂う店内

[PR]

アン ディ

 銀座線・外苑前駅より徒歩4分ほど、熊野神社にほど近いビル1階に今年7月4日オープン。

「AnDi(アン ディ) 」はワインテイスターでソムリエの大越基裕氏がオーナーを務める、モダンベトナム料理とナチュラルワインのレストランだ。「銀座レカン」シェフソムリエを経て、ワインの世界で国を超え活躍をしてきた大越氏だが、自身の店としては初の出店となる。

 「ヘルシーでライトなベトナム料理は今、世界中から求められている。それに合わせてご提供したいのは、清涼感と凝縮感がありながら、旨味をたっぷりと感じられる“クリーンナチュラル”なワインです。トレンドを押さえたナチュラルワインとのペアリングの面白さを楽しんでいただきたい」と、大越氏は目を輝かせて語る。

 ただベトナム料理といっても、現地のソウルフードそのままの再現ではない。あくまで「うちの店ならではの、レストラン料理に昇華させたメニュー」というから、既存のベトナム料理店とは一線を画す。「ネムチュア(発酵ソーセージ)のサラダ」や、ミャンマーの食習慣にヒントを得た、八女茶を発酵させた「ティーリーフサラダ」など、発酵を調理のテーマに掲げているのも興味深い。

 またワイン以外にも、本格米焼酎ベースの季節の柑橘の自家製の「レモンサワー」や、厳選した日本酒を10種類そろえるなど、目利きである大越氏のセンスが光る。オーダーはアラカルトでもよし、コースメニュー(5900円)もよし。コースに合わせたワインペアリング(4900円)も用意する。

 「これまでワインを広める活動をしてきた自分としては、フレンチやイタリアン、中国料理、和食といった料理ジャンルを超えて、ワインを楽しむ場の選択肢にベトナム料理というもう一つのフォルダーができたらうれしい」と大越氏。世界中の美味を知り尽くした大越氏ならではの“カジュアル”の表現に、大いに期待が高まる。

グラスワイン 8種 900円~
ボトルワイン 140種 5500円~

    ◇

アン ディ
住所:東京都渋谷区神宮前3-42-12 1F
TOKYOワインバル・紹介店舗マップはこちら
TEL:03-6447-5447
営業時間:火~金18:00~23:00 LO、土日12:00~13:30 LO、18:00~23:00 LO
定休日:月休
交通:東京メトロ外苑前駅より徒歩4分

今号は、ニューオープンの秋の味覚の美味しい店特集

『ワイン王国』11月号(10月5日発売)のTOKYO ワインバル・クルージングでは、美食の秋到来! ニューオープンのお店の中から特に料理に力を入れている個性豊かな店を紹介します。秋の味覚を盛り込んだ1品や店の自慢のスペリャリテとソムリエ一押しのワインとのマリアージュをぜひお試しあれ。

■この記事は、『ワイン王国』11月号(No.101)に掲載されています。

ワイン王国

Copyright(c)ワイン王国 記事・画像の無断転用を禁じます

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!