TOKYOワインバル・クルージング

ラム肉&ワイン好きが集うバル

  • 東京都港区赤坂3丁目:ラムチョップ&スパイス スパイスモンスター
  • 2018年3月9日

左から、ラムチョップゴルゴンゾーラ(680円)、ラムチョップマスタード(650円)、定番のラムチョップ(480円)。羊が描かれた『ザ・ゴートファーザー2014年』(フェアヴュー/グラス880円、ボトル5500円)は、サンジョヴェーゼ主体。スパイシーな果実味がラム肉にぴったり

  • 豚肉や牛肉を使った料理やスパイス料理も用意。岩塩で塩漬けしたイベリコ豚を焼いた後、数種の香草でマリネした「イベリコ豚の岩塩マリネ」(980円)には、『トカイ・フルミント・ドライ 2016年』(シャトー・デレスラ/グラス600円)を。「このワインのミネラル感は、料理の塩味によく合います」と渡辺氏

  • 力強い『リンカーン・エステイト・シラーズ 2016年』(リンカーン・エステイト・ワインズ/ボトル3200円)〈左から2番目〉はラムチョップに。『ボーロネーロ・カステル・デル・モンテ・ロッソ 2012年』(トッレヴェント/ボトル3800円)〈左から3番目〉のスミレのような強い香りは、ラム肉の脂特有の香りと好相性

  • テーブル席は入り口付近のほか、店の奥にも用意。ゆったりと食事を楽しめる

[PR]

ラムチョップ&スパイス
スパイスモンスター

 高級な料亭やレストランが多い赤坂にありながら「ラムチョップ&スパイス スパイスモンスター」は、オーストラリア産ラム肉とワインをお財布にやさしい価格で提供する。その気軽さから、ワインとラムチョップを心ゆくまで楽しむリピーター客が多い。

 まず、お通しにラムチョップが出てくるのだから、ラム肉好きにはたまらない。塩コショウで味付けした定番のほか、ゴルゴンゾーラチーズをトッピングした創作ラムチョップも絶品。「特大ラムハンバーグ300g」(1580円)もお勧めだ。

 料理はフレンチ出身で大のワイン好きである渡辺尚弥氏が腕をふるう。店のワインも渡辺氏が担当。「脂身が多く独特の香りが強いラムチョップには、スパイシーで果実味のある赤ワインをお勧めしています」と渡辺氏。厚みのある赤ワインは後味をさっぱりさせてくれるので、ラムチョップを何本でも堪能できてしまう。

 現在はアルゼンチン、イタリア、フランス、南アフリカなどのワインを多くそろえるが、さらにバリエーションを増やすそう。今後のワインリストにも期待が高まる。

 ラム肉とワインをとことん楽しみたいなら、オープンキッチンに面したカウンター席が狙いめ。渡辺氏が楽しく話をしながら、料理に合わせたワインを提供してくれる。訪れる際はぜひ特等席へ。

グラスワイン 20種 480円〜
ボトルワイン 20種 2900円〜

    ◇

ラムチョップ&スパイス スパイスモンスター
住所:東京都港区赤坂3-18-9 磯谷ビル1F
TOKYOワインバル・紹介店舗マップはこちら
TEL:03-6426-5681
営業時間:ランチ11:30〜14:30(14:00 LO)、ディナー月曜〜金曜17:00〜23:30(23:00 LO)、土曜16:00〜23:00(22:30 LO)
定休日:日曜・祝日
交通:赤坂見附駅から徒歩5分

今号は、肉が美味しいバル特集

『ワイン王国』103号(2月1日発売)のTOKYO ワインバル・クルージングでは、「肉が美味しいバル」を特集します。まだまだ続く肉人気。美味しい肉料理を求めて東京の町をクルージング。ワインと肉、どんどんいけちゃう素敵バルを紹介します!

■この記事は、『ワイン王国』3月号(No.103)に掲載されています。

ワイン王国

Copyright(c)ワイン王国 記事・画像の無断転用を禁じます

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!