リノベーション・スタイル

<168>思い出の家具を中心に、家族団らんを楽しめる住まいを

  • 文 石井健
  • 2018年4月11日

[T邸]
Tさん一家(夫39歳・妻38歳・長男7歳・次男3歳)
東京都三鷹市 築36年/64.89m²/総工費非公開

    ◇

 Tさんご夫婦が選んだのは、駅から徒歩30分ほどの場所にある中古マンション。そう聞くと「ええ?」と思ってしまいそうですが、実は三鷹駅から路線バスが10本ほど通っていて、かなり便利。東京の人はバスを敬遠しがちですが、都内の中でも三鷹と目黒にはバスがものすごく便利なエリアがあります。駅から遠ければ遠いほどコストダウンにつながりますから、バスが便利ならこういう立地の選択も大いにアリです。

 とはいえ、Tさんご夫婦もすぐこの物件に決めたわけではなく、3カ月ほどかけてようやくたどりつきました。三鷹を中心に候補物件の条件を一覧にした比較チャートを作り、限られた時間で効率的に内見されていました。チャートには、最寄り駅からの距離、スーパー、管理費、修繕積み立て費、築年数など、細かく情報が書き込まれていて、それを見ると長所や短所が一目瞭然。9月に弊社のセミナーに来て「子どもたちが小学校にあがる3月までに引っ越せるなら」という条件で動き、実際3月に引き渡しとなりました。

 実は、この物件は最初に購入しようと思ったときには一足早く他の人が申し込みしてしまい、諦めていたのですが、後日キャンセルになり購入に至ったんです。地道に動いていると、ラッキーなこともあるんですね(笑)。

リビングダイニング。ダイニングセットは奥様の実家からもらってきたそう

 この物件の一番の特徴は、四面採光であること。なかなかない恵まれた条件の物件ですので、まずはそれを生かした間取りにするところから考え始めました。お二人から要望があったのは、大きく三つ。家にいるときはできるだけ家族が一緒にいられるよう、広いDKと対面キッチンが欲しいということ。奥様の実家から持ってきたダイニングテーブルと椅子を置きたいということ。そして、子どもたちが大きくなったら子ども部屋をつくれるようにしたいということでした。

>>気になる間取りはこちら

 そこで11畳ほどのLDをつくり、隣には壁付きのキッチンにカウンターを対面テーブルのように置いて、ひとつの空間にしました。キッチンの青いタイルはよく昔の家の外壁などで使っていたもの。レトロな雰囲気が特徴です。

 LDはソファも置ける広さですが、あえておかず、子どもたちが自由に遊べる空間にしました。ちなみにダイニングテーブルは、奥様の実家の空間の中心にあったもので、旦那さまは学生時代に遊びに行ったとき、このテーブルの席に座ったことがあるそう。そういった思い出の家具が、また新しい家族の中心にあるというのはステキなことですね。

 玄関の土間もお二人の要望です。飛び石はみんなでシミュレーションしながら場所を決めていきました。石の上は靴で踏まない、など家族独自のルールがあるそうです。

 キッチンカウンターなどお金がかかった箇所もありますが、その分トイレやお風呂など、あまり気にならないところは予算を削り、全体でバランスをとりました。何を大事にして、何を削るか。立地にも言えることですが、自分がどうしても欲しいものがわかると、捨てるものもわかります。

>>>こだわりのキッチンに飛び石・・・・・・写真のつづきはこちら


>>リノベーション・スタイル バックナンバーはこちら

PROFILE

石井健(いしい・たけし)「ブルースタジオ」執行役員

石井健

1969年、福岡県生まれ。「ブルースタジオ」執行役員。日本のリノベーション・シーンの創世期から600件以上を手がけてきた。「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)でも「古い物件の家賃を倍にする不動産集団!」として紹介される。「郷さくら美術館」(東京・中目黒)で2012年度グッドデザイン賞受賞。また「賃貸アパート改修さくらアパートメント」(東京・経堂)で2014年度グッドデザイン賞受賞。 著書に『リノベーション物件に住もう』(共同編集/ブルースタジオ)、『MUJI 家について話そう』(部分監修)、『リノベーションでかなえる、自分らしい暮らしとインテリア LIFE in TOKYO』(監修)。

ブルースタジオへのリノベーションのご相談は、隔月開催のセミナーや、個別相談で承っています。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

石井健(いしい・たけし)「ブルースタジオ」執行役員

写真

1969年、福岡県生まれ。「ブルースタジオ」執行役員。日本のリノベーション・シーンの創世期から600件以上を手がけてきた。「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)でも「古い物件の家賃を倍にする不動産集団!」として紹介される。「郷さくら美術館」(東京・中目黒)で2012年度グッドデザイン賞受賞。また「賃貸アパート改修さくらアパートメント」(東京・経堂)で2014年度グッドデザイン賞受賞。 著書に『リノベーション物件に住もう』(共同編集/ブルースタジオ)、『MUJI 家について話そう』(部分監修)、『リノベーションでかなえる、自分らしい暮らしとインテリア LIFE in TOKYO』(監修)。
ブルースタジオへのリノベーションのご相談は、隔月開催のセミナーや、個別相談で承っています。

今、あなたにオススメ

Pickup!

Columns