よなよなハンコ

今回でちょうど20回目!「空飛ぶ魚と女の子」

  • 文と絵 百世
  • 2018年6月7日

  

 消しゴムハンコ作家で、忌野清志郎さんの長女・百世(ももよ)さんによる連載「よなよなハンコ」も、あっという間に20回。今回は、原稿の文字数と、新作のお話です。

    ◇

 6月にはいりましたねー。今回でちょうど20回目のコラムです! そんなに書いて作品も作ったのか~って、自分でなんだか驚いちゃいます 。たぶん10回分ごとにもうそんなに! ってビックリしてそうですが。

 よなよなハンコの作品は、過去に作ったものもありますが、振り返ると結構新作を彫ったな~と思います。コラムのおかげで生まれたキャラクターが、いっぱいいるのがうれしいです!

文章は、始めの頃よりは書けるようになったかな? と思うんですが、その時の気分によっては、いまいちピンとこない文になっちゃったりして、家族に助けられたりするので、まだまだダメだなぁと思うこともありますね。

 始めた頃、コラムは400~800文字くらいが多いです。って編集者さんに聞いて、400文字も書ける気がしない~って内心嘆いてたんですが、なぜか毎回1000文字近くは書いているので、意外と文章を書くのが好きなのかもなぁと気付かされたり。でも書くモードに入らないと全く書こうとは思わないんですけどねー。

 なんで文字数を知ってるのかっていうと、今回はどのくらい書いたかな~って調べるのが好きなんですよねー! コラムを始めるちょっと前に、文字数がわかるサイトがあることを知って、それまでは「200字以内でプロフィールを」とか言われたときは、めんどくさいなぁ~と思いながら、指で1文字ずつ数えてましたから……。だからかパッと何文字!ってでてくるのが楽しいんですよね。今は文字数アプリを手に入れたので、いつでも文字数が分かる。無敵です!

 文字数を数えながら、30回目も迎えられるように、今後もよなよなハンコを書いていきます。作品作りも頑張っていきますよー。

 今回の消しゴムハンコは「空飛ぶ魚と女の子」! 私とアサミカヨコさんでやっている、ネットショップ「アサモモ店」で新商品のスマホケースを発売したので、その作品です。これとグラデーションがお気に入りの「花と魚とときどき宇宙」のスマホケースもでたので、ぜひ見てみてください~。

 今度はこんな商品も作りたいな、あれもやりたいな~。とか考えるのが、グッズ製作は楽しいです。実際に商品作りに取りかかるのは、だいぶマイペースになっちゃうんですけどね……。じわじわと暑くなってきたので、Tシャツとか作りたいなぁ。

 ちなみに20回目のコラムは、名前まで入れて980文字でした~。文明の利器すごい!

 百世


>>よなよなハンコ バックナンバーはこちら

PROFILE

百世(momoyo) 消しゴムハンコ作家

百世

消しゴムハンコ作家。東京都在住。
2013年1月より消しゴムハンコなどの創作活動を開始。
2014年4月、初の個展「一粒万倍 百世のモモ版画」を銀座のギャラリー403で開催。以後 忌野清志郎「ネズミに捧ぐ詩」の装画やファッションブランドZUCCaとの展覧会、CDジャケット、ロゴマーク、ドラマのタイトルバックやフェスのグッズなども手掛けている。
2017年9月には犬猫グッズの「わんコレ」からコラボ商品が発売予定。
https://www.momoyo-hanko.com/

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

百世(momoyo) 消しゴムハンコ作家

写真

消しゴムハンコ作家。東京都在住。
2013年1月より消しゴムハンコなどの創作活動を開始。
2014年4月、初の個展「一粒万倍 百世のモモ版画」を銀座のギャラリー403で開催。以後 忌野清志郎「ネズミに捧ぐ詩」の装画やファッションブランドZUCCaとの展覧会、CDジャケット、ロゴマーク、ドラマのタイトルバックやフェスのグッズなども手掛けている。
2017年9月には犬猫グッズの「わんコレ」からコラボ商品が発売予定。
https://www.momoyo-hanko.com/

今、あなたにオススメ

Pickup!

Columns