店で

さらっと上品、カットソー

  • 文・飯塚りえ
  • 2018年6月15日

  

東京・日本橋高島屋「レキップ・グリーン」では、「ジャケットの下にぴったり」という一枚を見つけた。襟の開き具合、身幅など大人の女性を美しく見せることに注力したというパターンが生きている。光沢感もあり、アクセサリーをつければエレガントな印象に。伸縮性があり動きやすく、しわにならず速乾性もあって旅行にも重宝しそう。1万2960円。

  

南青山「プレインピープル」では、フレンチスリーブのカットソーを手にした。しわ加工を施し、前身頃の方が少し短めになった、ニュアンスのあるデザイン。シンプルで、「何にでも合わせやすく、でもオシャレ」という便利な一枚。コットン100%で肌触りもさらっとしている。少し袖があって品よく着こなせるのも大人にはうれしい。1万800円。

  

ルミネ新宿「デミルクス ビームス 新宿」で選んだのは、「フォンデル」というブランドのベーシックなTシャツ。テンセルとキュプラの混紡で、着心地は思った以上にしなやか。短めの袖は、ジャケットなどの下でもたつかない。こなれた印象で、白以外にも、雰囲気のある色がそろっている。詰まり気味の襟も今年らしい。1万4040円。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

飯塚りえ(ゴロゾーマシーン)(いいづか・りえ)編集者・ライター

ファッション業界紙、建築雑誌、女性サイトの編集などを経て編集プロダクション設立。著名人、研究者など200名以上にインタビュー。ファッションから先端科学まで幅広く執筆中。
https://ja-jp.facebook.com/gorozomachine.jp/

今、あなたにオススメ

Pickup!