ぶかつ

「音楽とスポーツの力を確信……」Jazzy Sportのマサヤ・ファンタジスタさん

  • 文・写真/井川洋一(Yoichi Igawa)
  • 2018年7月10日

  

人生100年時代とも言われる昨今、健康への関心は低くありません。“楽して健康”よりも“楽しく健康”に。そう考える皆さんに、“運動のある過ごし方”をご提案。

今回は、マサヤ・ファンタジスタさんの活動を通して、「音楽とスポーツ」を考えます。

    ◇

ランニングをする際に音楽を聴く人は多い。軽快なビートが歩みを進めるペースにぴったりだとか、高揚感のあるグルーヴは背中を押してくれるとか、そんな風に話してくれたランナーもいる。もちろんジョギングだけではなく、試合前に音楽を聴いて気分を高めたり、集中を研ぎ澄ませるアスリートはたくさんいる。

つまり、音楽とスポーツの親和性はとても高い。そして、この2つを軸に活動している人がいる。「音楽とスポーツ」をキーワードに、どちらの界隈でも活躍するマサヤ・ファンタジスタさんだ。

「もともと、普通の音楽レーベルをやりたいとは思っていないんです。自分たちの音楽を売って金儲けしようみたいな概念はなくて。人と人をつなぐアイコンでありたい。Jazzy Sportに触れた人がちょっとでも前向きになれたり、幸せを感じてもらいたいなと思って始めました」

『女性に優しいハードコア集団』──。Jazzy Sport(ジャジスポ)のキャプテンであり、自らをクリエイティブ・アスリートと称するマサヤ・ファンタジスタさんは、お金儲けよりも人生の豊かさを優先して活動している。

  

インディペンデントの音楽レーベルでありながら、ジャジスポの活動は多岐にわたる。音楽プロダクションやパーティー、レコード屋、カフェ、ダンススクール、映像制作、内装デザイン、毎年恒例の逗子ビーチフィルムフェスティバルとスペインはバスクでの映画祭……。拠点は盛岡、五本木、下北沢、京都、LAなど。活動の幅と行動の範囲に比するように、認知度も高まっている。

  

マサヤ氏はポーランドで生まれ、横須賀で育った。音楽好きの両親の影響もあり幼少期からピアノとジャズに没頭。大学時代は盛岡(岩手)の老舗クラブでスタッフ兼DJに。卒業後は老舗レーベル『ファイル・レコード』に勤務した。その後、友人たちと2001年にJazzy Sportを立ち上げると、徐々に活躍の幅が広がっていった。

それと並行して、テニスやバスケなどあらゆるスポーツにも取り組んだ。とりわけ、フットサルではアディダスのイベントで世界大会に出場。スキーブランドVector Glideとのコラボツアーを行ったり、クライミングにものめり込んだ。「音楽」と「スポーツ」、この二つに通ずるものを信じ続けて。

  

「音楽とスポーツ、どっちもグルーヴが大事ですよね。チームスポーツとジャズバンドって本当に似ていると思う。個々が練習して自らを高め、本番では仲間と連携してグルーヴを生み出す。うん、似ているというより、まったく一緒」

そんなポジティブなチームワークが、今の社会にちょっと足りないと感じている。

  

「地球上にはいろんな人がいて、本来ならそれぞれを尊重して、良いところを生かし合うべきなんです。そうすれば前向きなエネルギーが生まれて、世の中はもっと良くなるはず。簡単な話なのに、人類はそれに気づかず戦争をしたりする。本当は地球全体がひとつのチームであるべきだと思う。ぼくらは幸いにも気づくことができた。互いに協調して協力すれば、勝利はつかめるはずなんです。その勝利とは、次の世代に今よりも良い状態でバトンタッチすること」

音楽とスポーツで世界をひとつにしたい──。ただ、それを大上段から啓蒙するようなやり方は彼の色ではない。

「はたから見たらなんだかよくわからないけど、楽しそうじゃん。そういうポジティブなものを発信しています」

  

かつてボブ・マーリーがジャマイカで、サッカー選手のディディエ・ドログバがコートジボワールで内戦を止めたように、時に音楽とスポーツは人々の行動を変える力を持つ。

「彼らはレゲエとサッカーのスーパースターだったから、それができたわけですよね。ぼくらはそこまでの存在にはなれないかもしれないけど、これからもメッセージを発していけば、いつか大きな影響力を持つ可能性はある。音楽とスポーツの力を確信しています」

地球というチームの仲間全員がハッピーになれるように。今より少しでも良い未来のために。そんな想いが今日も彼を突き動かしている。

■マサヤ・ファンタジスタ
『Jazzy Sport』代表、クリエイティブ・アスリート。幼少期から音楽好きな親の影響でジャズを聴き込み、高校時代からDJを始め、大学時代はジャズを研究した。卒業後は『ファイル・レコード』に勤務、その後に独立して『Jazzy Sport』を立ち上げる。音楽プロダクションにとどまらず、様々な活動を精力的に続けている。1977年、ポーランド生まれ。

(文・写真/井川洋一 Yoichi Igawa)

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!