朝日新聞ファッションニュース

秋冬のトレンド、鮮やかにポジティブに

  • 2018年9月11日

そろそろ秋から冬にかけての装いの支度を始めるころ。今年の秋冬ファッションは男女ともに、明るい色使いが特徴で、ボリュームのあるアウターも充実。レディースでは手の込んだデザインで生み出される新しいシルエットにも注目だ。若々しくポジティブな雰囲気の新トレンドスタイルで、スカッと晴れやかになれたら。

(左)MSGM (右)エルメス

【カラフル】目を引く色と大胆な柄、装いに幅

例えばエルメスの温かみのあるイエロー、MSGMの蛍光気味のグリーン。この秋の主役は、原色も含めた華やかで明るい色みといえそうだ。アウターにも赤や紫など、目を引く色が多く、シャツやパンツ、スカートなど様々なアイテムで色を楽しめる。

マックスマーラ

柄でも、ヒョウやゼブラのアニマル柄や大きなペイズリーなど大胆なタイプが注目されている。マックスマーラはインパクトのある3種のヒョウ柄を組み合わせながらも、シックな着こなしに。

柄使いは服だけでなく小物でも多い。強いイメージの色や柄が今秋のポジティブな雰囲気を演出する。

マルニ

今秋はメンズでも、柄ものの服が増えている。マルニはブラウンのスーツのインナーに、朱や黄色を配して見せた。インターナショナルギャラリービームスのメンズを担当する関根陽介バイヤーは「ここ数シーズン、硬質感やミニマルなテイストが主流だったが、一気にカラフルに。アイテムを着たり脱いだりすることで、装いに変化をもたらすこともできる」と話す。

【ボリューム】アウター、多彩なバリエーション

サカイ

最も有望なトレンドアイテムと言われているのが、中綿やダウンを使ったボリューム感のあるアウター。アウトドア系のジャケットやパーカだ。スポーツテイストやストリートスタイル、ビッグシルエットといった近年の流れに沿い、コーディネートに取り入れやすい。

これまで専門ブランドやスポーツブランドが強みを発揮してきた分野だが、今季は多くのハイブランドが自前で作り、様々なバリエーションが生まれた。

(左)メゾン・マルジェラ (右)フェンディ

アウターに発色のよい赤とオレンジを使い、前身頃をずらして重ねたサカイ。メンズでも、目の覚めるような黄色にエコファー(フェイクファー)の縁取りを施したメゾン・マルジェラ、ブランドロゴを重ねた柄のフェンディ。色や柄だけでなく、コートやベスト、ケープなど、展開も豊富で、それぞれの丈に長短もある。選ぶ楽しみが広がっている。

エミリオ・プッチ

量感たっぷりのアウターを、いかにさりげなく着こなすか。バーニーズジャパンの鈴木春ファッションディレクターは、「着物のように抜き襟をするとバランスが取りやすい」とアドバイスする。女性はエミリオ・プッチのように、フェミニンなアイテムと合わせるのがコツだ。

毛皮そっくりの質感にまで進化したエコファーも充実している。化繊など、発色がよい素材を使っているので、明度の高い色も楽しめる。

【新シルエット】不規則や非対称も楽しんで

(左)スポーツマックス (右)クリスチャン・ディオール

新鮮なのは、新しいシルエットのスカートやドレスだ。不規則なプリーツや複雑なフリル、切り替えで新たな形を作り出している。非対称の裾や袖のボリュームは、これまでのシンプルなデザインとはひと味違うので、着ると気分が上がりそう。シャツやニットは裾をボトムスに入れるのが今年風。

今シーズンの各地のコレクションでは、自由な重ね着や多彩な色みが提案され、好きな色や気に入った服を誰にも気兼ねしないで楽しんで欲しいという作り手のメッセージが伝わってきた。

鈴木ディレクターも「スポーツウェアで使われていた吸湿や発熱などの機能性を持つハイテク生地が、ファッショナブルな服にも使われ出した。軽くてストレスが少ない。作り手が着る人のことをより考えて作った服が多く、ファッションが変わってきていることを実感する」と話す。

(編集委員・高橋牧子、後藤洋平、写真は大原広和氏撮影)

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!