よなよなハンコ

マグカップになった、めずらしいわんこ 「わんコレ×百世」

  • 文と絵 百世
  • 2018年10月11日

涼しいなと思ったら暑くなったり、なんだかよくわからない天気の10月ですね。今月は、11月に出展するデザインフェスタに向けて、グッズ作りに励んでいます! 地道に進めているんですが、全体的に見ると全然進んでるようにみえないので、気合を入れてやらないとっ。また近付いたら、そんな話もしたいなーと思います。というか、それで頭いっぱいになってる自分が見えるので、その話しかできないかもです。

グッズといえば、先日、犬と猫の食器を作っている、わんコレさんとのコラボ商品が発売されました! 私が描き下ろした、わんことにゃんこが、マグカップや小皿、グラス、箸置き、湯のみになっています。昨年から制作に取り掛かっていたので、やっとみなさんに見てもらえることができて、本当にうれしい。よかったー!

早速自分でも使っていて、マグカップは、飲み物を入れるだけではなく、ペン立てとしてもいいんですよね~。良さそうなペンがあるとつい買っちゃって大量にあるので、めちゃくちゃ重宝しています。持つ部分もハートと音符になっているのが、カワイイです。10cmくらいの小皿にも小物を置いたりして使っていますね。

今回の消しゴムハンコは「わんコレ×百世」でマグカップになった、わんこを!
家の中なんですが、こういう日常感のある絵って思い返すとあんまり描いたことがないんですよね。実際の大きさのラフを描いて、それをマグカップに巻き付けたりしながら、色々と考えているうちに思い浮かんだんですが、普段は花とか植物、音楽の絵を描くことが多いので、めずらしいな~と思いながら楽しく彫っていました。

マグカップは毎日使うものだから、自然に日常感が湧いてきたのかもなぁ。
これと同じシリーズでネコの絵柄もあって、それは家の中でお留守番しているところを描いています。カップの反対面はどちらも窓の絵になっていて、マグカップが家のようなイメージで描いていきました。そこもぜひ見てほしいです。

紹介したもの以外にも、お散歩していたり、バンドをやっていたり、英語のDOGがわんこになっていたりと、いろいろな犬と猫を描きました。全部お気に入りなので、ひとつひとつ紹介したくなっちゃいますが、うるさいやつになりそうなので、このくらいにしておきます……。ぜひチェックしてもらえたらうれしいです!!

私が最初にやったお仕事は、ネコの本の挿絵だったんですよね。ラフで服を着たネコなどを描いていったら、主張が強すぎたみたいで、やっちまった~と思ったことありました。なつかしいな。それ以来のネコを描くお仕事でした! 楽しかったー。また描く機会があったらいいなぁ。

百世

■わんコレのページへ

>>よなよなハンコ バックナンバーはこちら

PROFILE

百世(momoyo) 消しゴムハンコ作家

写真

消しゴムハンコ作家。東京都在住。
2013年1月より消しゴムハンコなどの創作活動を開始。
2014年4月、初の個展「一粒万倍 百世のモモ版画」を銀座のギャラリー403で開催。以後 忌野清志郎「ネズミに捧ぐ詩」の装画やファッションブランドZUCCaとの展覧会、CDジャケット、ロゴマーク、ドラマのタイトルバックやフェスのグッズなども手掛けている。
2018年10月には犬猫グッズの「わんコレ」からコラボ商品が発売された。
https://www.momoyo-hanko.com/

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

百世(momoyo) 消しゴムハンコ作家

写真

消しゴムハンコ作家。東京都在住。
2013年1月より消しゴムハンコなどの創作活動を開始。
2014年4月、初の個展「一粒万倍 百世のモモ版画」を銀座のギャラリー403で開催。以後 忌野清志郎「ネズミに捧ぐ詩」の装画やファッションブランドZUCCaとの展覧会、CDジャケット、ロゴマーク、ドラマのタイトルバックやフェスのグッズなども手掛けている。
2018年10月には犬猫グッズの「わんコレ」からコラボ商品が発売された。
https://www.momoyo-hanko.com/

今、あなたにオススメ

Pickup!