クリトモのさかな道

鹿児島・焼酎イベントでも酒の肴は魚介

  • 文・写真 栗原友
  • 2018年11月20日

家族で参戦!

家族で鹿児島旅行に行ってきました。私の仕事が2件入っていたので先に娘と鹿児島入りして、後半は仕事終わりの夫が合流した感じです。

商店街全体がイベント会場に

11月1日から3日間、鹿児島の天文館という大きな商店街で「焼酎ストリート」という本格焼酎のイベントが行われ、そちらにゲストでお招きいただきました。500円で5杯も飲めるというすごいイベントです。東京ではお目にかかれない焼酎がずらり。そして鹿児島ならではのおつまみも販売しています。今回はその中でおいしかったものをご紹介。

きびなごとウツボ。やっぱり人気商品

焼いたきびなごとウツボの天ぷら

酒飲みに言わずと知れたきびなご。手でちびちび食べながら焼酎ぐいっといくのは最高ですね。そして、ウツボの天ぷら。これめちゃくちゃおいしかったです。ウツボ料理は高知ではよく食べますよね。鹿児島でも食べるの知りませんでした。ネチネチとゼラチン質が甘く香ってもう最高!

バショウカジキのモツ煮。ヘルシーだ

バショウカジキのモツ煮

バショウカジキって今の時期にとれる九州ならではのお魚だそうです。この胃袋をみそ仕立てで煮たのがこれ。すごい歯ごたえ。でも臭くなくてあっさり。根菜と相性いいですね。

酒飲むには味濃いほうがいいのかな。マヨどっさり

月日貝の磯焼きマヨネーズがけ

この月日貝、とても珍しく貴重なものだそうです。中身の見た目はホタテっぽいですが、殻はハマグリの質感で形がホタテといった感じでしょうか。味は、うん、おいしいです。おいしいですが、これといって強い特徴はないです。ホタテだよといって出されたらわかんないかも。だってマヨネーズどっさりかかってるんだもん。


>>「クリトモのさかな道」のバックナンバーはこちら

PROFILE

栗原友(くりはら・とも)料理家

写真

1975年生まれ、東京都出身。2012年から4年間、築地「斉藤水産」に勤務した。現在は料理教室を中心に活動する傍ら、魚料理の啓蒙や、魚を用いた食育に力を入れている。また、東京・浅草の遊園地「花やしき」内の居酒屋「夜のさわぎ」をはじめとする飲食店のプロデュースなど、幅広く活動中。近著に『クリトモの大人もおいしい離乳食』(扶桑社)、『クリトモのさかな道 築地が教えてくれた魚の楽しみ方』(朝日新聞出版)。http://kuritomo.co.jp/

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

栗原友(くりはら・とも)料理家

写真

1975年生まれ、東京都出身。2012年から4年間、築地「斉藤水産」に勤務した。現在は料理教室を中心に活動する傍ら、魚料理の啓蒙や、魚を用いた食育に力を入れている。また、東京・浅草の遊園地「花やしき」内の居酒屋「夜のさわぎ」をはじめとする飲食店のプロデュースなど、幅広く活動中。近著に『クリトモの大人もおいしい離乳食』(扶桑社)、『クリトモのさかな道 築地が教えてくれた魚の楽しみ方』(朝日新聞出版)。http://kuritomo.co.jp/

今、あなたにオススメ

Pickup!