店で

冬のお出かけバッグ

  • 文・飯塚りえ
  • 2018年12月7日

ジャマン・ピュエッシュ

東京・表参道「ジャマン・ピュエッシュ」で見つけたのは、フクロウをモチーフにしたバッグ。数種のビーズ、糸を使って、彩りのある模様を巧みに表現している。がま口タイプで持ち手は細めでエレガント。バッグの大きな留め金もアクセントになっている。見れば見るほど、繊細な作りには感心してしまう。高さ約20.5cm、幅約27.6cm、マチ約7.2cmと収納力もあり、底にはゴートレザーを使って強度にも配慮。フクロウは、幸運を呼ぶモチーフと言われているとか。出先ですてきなことがあるかもしれない。9万7200円。

リビングモティーフ

六本木「リビングモティーフ」で見つけたのは、「ナガエプリュス」というブランドのクラッチバッグ。兵庫県の職人が上質な牛革に特殊な加工で箔(はく)を型押しし、香川県の職人が縫製するという、職人技を結集したようなアイテムだ。箔の表面には、越前和紙をイメージしたシワ加工を施し、そこはかとなく和風の雰囲気もある。使い込むほどに風合いが出てくるのも楽しい。ストラップは取り外しができて、洋服だけでなく、和服にもよく合う逸品。幅27.6cm、高さ14.6cm、マチ3.4cm。3万4560円。

シーズンスタイルラボ

新宿高島屋の「シーズンスタイルラボ」は、スタイリストの大草直子さん監修の高島屋オリジナルブランド。こちらでは、レッキスラビットをたっぷり使ったワンハンドルのバッグを手に取る。ハンドルは羊革で滑らか。ボルドーは、モノトーンの着こなしのポイントに、ベージュはシルバーやゴールド系のドレスとも合いそう。軽く、財布や携帯など細々とした身の回りのものが十分に入る大きさで、中には小さなポケットもついている。気軽なパーティーに活躍しそう。1万8360円。

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

飯塚りえ(ゴロゾーマシーン)(いいづか・りえ)編集者・ライター

ファッション業界紙、建築雑誌、女性サイトの編集などを経て編集プロダクション設立。著名人、研究者など200名以上にインタビュー。ファッションから先端科学まで幅広く執筆中。
https://ja-jp.facebook.com/gorozomachine.jp/

今、あなたにオススメ

Pickup!