猫と暮らすニューヨーク

泣いて、笑って、癒やされて…「猫と暮らすニューヨーク」よりぬき6選

  • 文・仁平綾、写真・前田直子
  • 2018年12月30日

  

ニューヨーク・ブルックリン在住の仁平綾さんによる人気連載「猫と暮らすニューヨーク」。ニューヨークでの暮らしぶりから、愛猫とのユニークなエピソード、猫好きたちの暮らしとインテリアや飼い方のアイデアまで、魅力たっぷりの写真とともにお届けしています。

泣いて、笑って、癒やされて……2018年のさまざまなエピソードの中から、よりぬき6選をご紹介します。

    ◇

【1】プエルトリコからの保護猫、レディー・ガガが嫌い!?

 オレンジ色のふさふさヘアが自慢の猫・ケソは、なんとカリブ海に浮かぶ島国、プエルトリコの生まれ。保護犬や保護猫などの動物の譲渡情報を掲載するウェブサイト“petfinder”で偶然見つけ、「譲渡の申し込みをしたら、プエルトリコで保護されている猫だとわかったんです」とブリジットさん……続きはこちら


【2】ブルックリンのオス猫、ある日家までついてきた

 世の中には、猫にやたらとモテる人がいる。どんな場所でも決まって猫に遭遇するし、なぜか不思議と猫のほうから歩み寄られてしまう。ブルックリンに暮らすケイさんも、そんな一人だ……続きはこちら


【3】よくしゃべる保護猫。犬派の夫を、猫派に変える

 夫妻が、西海岸のオレゴン州から、NYへ引っ越してきたのは4年前のこと。

 「冬に向かって寒くなり始め、ネズミたちが暖かで快適な住処(すみか)を探しだす頃、我が家のアパートメントにも、その灰色の小動物が姿を見せたんです」とレイチェルさん……続きはこちら


【4】保護猫と保護犬、野良猫。すべてに惜しみない愛を

 ジャーマンシェパードやゴールデンレトリバー、幼少の頃から「家にはいつも犬がいて、犬と育ちました」と話す夫のニックさん。「猫がいたこともあるけれど、正直なところよく覚えていないんです」というぐらい、完全な犬好き人間だった。妻のジルさんと出会うまでは……続きはこちら


【5】感覚のするどい保護猫、深夜の危機一髪を救う。

 幼少の頃から犬と育ったサラさんとアレックスさん。2人の人生初の飼い猫は、急きょNYを去ることになった友人の友人から譲り受けた、オレンジ色の猫Forrest(フォレスト)だった……続きはこちら


【6】芸達者な猫、“お手”は飼い主とのコミュニケーション

 アイダホ州のロッキー山脈近くにある牧場で、牛、犬、猫と育ったマットさんは、大の動物好き。「自分たちの暮らしに動物がいるということは、特別なことだし大切なこと。犬も猫も、それぞれ付き合い方は違うけれど、どちらも人間の良きパートナーです」と話すマットさんが、約10年前に保護施設から譲り受けた猫が、まるでタキシード服を着ているような黒白の毛並みから“タキシードキャット”と呼ばれる猫種のメス猫エリ……続きはこちら


猫と暮らすニューヨーク バックナンバーはこちら

PROFILE

仁平綾(にへい・あや)編集者・ライター

仁平綾

ニューヨーク・ブルックリン在住。食べることと、猫をもふもふすることが趣味。愛猫は、タキシードキャットのミチコ。雑誌等への執筆のほか、著書にブルックリンの私的ガイド本『BEST OF BROOKLYN』、『ニューヨークの看板ネコ』『紙もの図鑑AtoZ』(いずれもエクスナレッジ)、共著に『テリーヌブック』(パイインターナショナル)、『ニューヨークレシピブック』(誠文堂新光社)がある。

http://www.ayanihei.com
http://www.bestofbrooklynbook.com
photo by Naoko Maeda

前田直子(まえだ・なおこ)写真家

前田直子

24歳で渡米。サンフランシスコのAcademy of Art Universityで写真を学んだ後、日本へ帰国し、フォトグラファーの前田晃氏に師事。2010年に独立し、雑誌や写真集、ウェブなどで幅広く活動。2013年に再び渡米、現在はニューヨーク・ブルックリンを拠点に、日本&アメリカの雑誌や広告、ウェブなどで撮影を手がける。猫アレルギーでありながら、子どもの頃から無類の猫好き。10代の頃、実家で飼っていた猫の名前はチノ。
http://www.naokomaeda.net

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

仁平綾(にへい・あや)編集者・ライター

仁平綾

ニューヨーク・ブルックリン在住。食べることと、猫をもふもふすることが趣味。愛猫は、タキシードキャットのミチコ。雑誌等への執筆のほか、著書にブルックリンの私的ガイド本『BEST OF BROOKLYN』、『ニューヨークの看板ネコ』『紙もの図鑑AtoZ』(いずれもエクスナレッジ)、共著に『テリーヌブック』(パイインターナショナル)、『ニューヨークレシピブック』(誠文堂新光社)がある。
http://www.ayanihei.com
http://www.bestofbrooklynbook.com
photo by Naoko Maeda

前田直子(まえだ・なおこ)写真家

前田直子

24歳で渡米。サンフランシスコのAcademy of Art Universityで写真を学んだ後、日本へ帰国し、フォトグラファーの前田晃氏に師事。2010年に独立し、雑誌や写真集、ウェブなどで幅広く活動。2013年に再び渡米、現在はニューヨーク・ブルックリンを拠点に、日本&アメリカの雑誌や広告、ウェブなどで撮影を手がける。猫アレルギーでありながら、子どもの頃から無類の猫好き。10代の頃、実家で飼っていた猫の名前はチノ。
http://www.naokomaeda.net

今、あなたにオススメ

Pickup!