店で

限定チョコ、こだわり素材

  • 文・飯塚りえ
  • 2019年2月1日

「グッドモーニングテーブル」の「ほっかいどうミルクトリュフ」/横浜高島屋

 「横浜高島屋」では、「グッドモーニングテーブル」の「ほっかいどうミルクトリュフ」をいただく。低温殺菌製法の北海道産牛乳を使ったクリームを加えたガナッシュに、カカオパウダーでコーティング。さっぱりとした口当たりとほのかな甘さがあり、素材本来の力が発揮されている。もう一つ、と思わず手が伸びる。6個入り1944円。2月14日まで販売。

ショコラトリータカスの「高須しょくらあと」/松屋銀座

 東京「松屋銀座」では、ショコラトリータカスの「高須しょくらあと」を選ぶ。広島県因島で栽培した無農薬の杜仲茶(とちゅうちゃ)を使って爽やかに仕上げた。ミルクチョコレートの香りに杜仲茶の甘みも重なり、味わいは優しげ。日本を意識したパッケージには、フランスを始め海外で高い評価を受ける日本人ショコラティエ高須聡さんの気概が感じられる。1301円。2月6日から期間限定販売。

「ナカムラチョコレート」/西武池袋本店

 西武池袋本店にある「ナカムラチョコレート」は、オーストラリア在住のショコラティエ、中村有希さんが手がける。抹茶とホワイトチョコ、それにイチゴの酸味を加えたり、ユズをベースにタイムでアクセントをつけたり、ミルクチョコに白ごまを使ったりと、ユニークな食材の組み合わせと大胆なデザインが人気を博している。2月14日まで。2160円。(飯塚りえ)


>>店で バックナンバーはこちら

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

飯塚りえ(ゴロゾーマシーン)(いいづか・りえ)編集者・ライター

ファッション業界紙、建築雑誌、女性サイトの編集などを経て編集プロダクション設立。著名人、研究者など200名以上にインタビュー。ファッションから先端科学まで幅広く執筆中。
https://ja-jp.facebook.com/gorozomachine.jp/

今、あなたにオススメ

Pickup!