織田哲郎 ZARDとは2回のみの対面

 1990年代前~中盤にかけて、日本の音楽市場では100万以上のCD販売を記録する「ミリオンセラー」が続々と登場していた。その時代を代表する作曲家の一人が織田哲郎だ。ZARDの『負けないで』や、WANDSの『世界が終るまでは』、FIELD OF VIEW『突然』など、国内のみならず、海外でも愛される多数のヒットソングを手がけた。現在は、YouTubeで自身のコンテンツ『オダテツ3分トーキング』で曲にまつわるエピソードトークを披露など、活動に広がりを見せている織田に「90年代の音楽シーン」を振り返ってもらった。

【写真】白肌にドキッ! ポカリCMでも注目を浴びた綾瀬はるかの刺激的な入浴シーン

■ZARDとは2回しか会ったことがない

 僕がヒット曲を世に出していた90年代は「ビーイング」という会社に所属していたんですけど、その会社はアーティストとコンポーザーを極力会わせないという方針だったんです。でも、自分自身あまり会いたくなかったので助かっていました。何故なら自分が面倒臭く感じることって、大体が「対人的なもの」が原因だったんです。基本的にスタジオにいれば幸せな人間なんで、そういう意味じゃとてもありがたい環境でした。ビーイングの創業者・長戸(大幸)さんとだけ打ち合わせをすればよくて、とにかく音楽を制作することだけに専念できた。

 だから、ZARD(坂井泉水)とは実は2回しか会ったことがないんですよ。沢山の曲を彼女と作ってきたけど、「思い出を振り返って」と言われると難しい。完成曲は、店頭に並んだタイミングで初めて聴いていたぐらい。WANDSも同じで、最初に挨拶をしたぐらいしか会ってなかったかな。

 ほぼ時を同じくして、小室(哲哉)くんがヒット曲を量産していたけど、よくあれだけのプロデュース業をこなしていたなあって思います。それも曲だけじゃなく歌詞も書いてね。自分の場合は、納得いかない所がとにかく目についちゃう性格で、アレンジ込みでプロデュースを請け負うと、普通のプロデューサーより時間がかかってしまうタイプなんです。なので小室君はまったく違うタイプの音楽家だと認識していました。世間から見ると、“ライバル関係”に思われていたのかもしれないけど、僕自身特にその意識はなかったですね。

■ヒット打率の高さは歴代でも上位の自負はある

 楽曲を提供するアーティストとの相性は確実にありました。そういう意味では理屈じゃなく、ZARDとはいい運気の中で仕事が出来ていたんでしょうね。曲を提供しやすい人と、何故だかイメージが膨らまない人がいる。タイミングっていう問題もあるけど、彼女に対して提供してきた曲は、自分でも「いいモノができたな」と思うことが多かった。

 それと、彼女は「コピーライター」としての能力がものすごく優れていた人でしたね。『負けないで』もそうだけど、印象に残るフレーズをサビの頭にポンと乗せてくれる。それってポップスにおいてものすごく重要なこと。その能力が頭抜けて素晴らしかったですね。

 お陰様で90年代に僕が手がけた曲は、世の中の多くの人が認知してくれていたけど、実はその時期、ヒットした曲以外はあまり作曲は行っていないんですよ。20代の頃に、とにかく曲を量産していたんだけど、その時に作品を“売れるもの・売れないもの”という基準で線引きし始めちゃっていて、そのことにどこか嫌気が差してしまった。

なので、30歳を過ぎてからは仕事する数を絞って、もし相手が気に入らないのであれば曲を返してもらっていた。そんなスタンスでしたね。そういう意味じゃ、作曲数に対してヒットした「打率の高さ」は歴代でもトップだという自負はありますよ。

「売れる曲」はさまざまな運の噛み合わせ

 90年代ってみんながカラオケで合唱できた曲がランキングを賑わせた最後の時代だったんじゃないかなと思うんです。(作曲を手がけた)『おどるポンポコリン』もそうだけど、最初は娘が喜びそうな仕事をしておきたいと考えて、引き受けることにしたんだけど、おじさん世代がやけに忘年会シーズンで歌っていて、「一体何が起きてるんだ……!?」って驚きましたよ(笑)。

 結局、売れる曲って最後は「運」だと思うんですよ。メロディが良い、歌詞が良い、歌だけ良い、その全てが良くても、案外売れなかったりもする。90年代のヒット曲も、いろんな物事の噛み合わせによる運気の流れとしか言えないんですよね。

 一方で、人が心地いいと感じる事は普遍的。メロディ進行自体は時代と共に変化しているので、その二つをバランスよく噛み合わせることが「流行る」という意味では重要なことなんじゃないかな。

 僕は本質的な意味で「フォーク」の人間。要するに「土着のもの」というか、みんなで歌を歌うような音楽を作る意識が根っこにある。そこには面倒臭いメロディなんてないんです。今の時代ってボーカルも演奏もどちらも“プレイ”にフォーカスが当たって、難しい曲を上手に歌い切ることが至上になっていますよね。それには少し寂しいという気持ちがあって、そういう思考の人間が90年代に活動できたのは、ありがたかったなと思います。

■King Gnuを「面白い」と思う理由

 最近の音楽だと、King Gnuはいろんな意味で面白いなと思いましたね。音楽的な素養がある上で、彼ら特有の音をプラスして「新しいポップス」として鳴らしている。音楽の素養を持っていると、作る上で邪魔になってくる場面があるんです。でもKing Gnuはあくまでポップスの枠組みに収めて表現している。そこがすごいですよね。おまけにいい男だし、ずるいよなぁ(笑)。

 YouTubeを始めたのは元々、新しいことをやってみることが好きなタチだったんですよ。それに、僕の曲は有名でも、どんな人間かって知らない人は多いと思うんです。YouTube配信を始めたのは、そういう一面を知ってもらえたら面白いんじゃないかなと思っただけ。

 普段、YouTubeでギターレッスンの動画なんかをよく見ているんです。その中で「ギターに興味ある人ってまだまだ多くいるんだなぁ」って嬉しさがあって、だから自分の内容もかなり音楽的な話に寄っていて、過去に作曲したコード進行を語っているけど、楽器を弾いたことがない人からしたら「なんのこっちゃ」って感じだと思う。けど、そういう部分を面白がってくれる人が一定数いるんだってことは始めてから実感しているし、今後も発信していこうと思います。

(取材・文/中山洋平)

【スカーレット】烏丸せつこの談話

TOPへ戻る

ニビハコインタビュー、神尾楓珠

RECOMMENDおすすめの記事