横澤夏子、子どもの話題に笑顔

 お笑いタレントの横澤夏子(29)が1日、法務省で行われた『第70回 社会を明るくする運動-広がり、つながる未来の輪。-』キックオフイベントに参加。2月の第1子出産後初の公の場で笑顔を見せた。

【全身ショット】母になり登場…ゆったりしたワンピース姿を披露した横澤夏子

 よしもと社明アンバサダーの“ほご姉”に就任して1年が経過。その間の変化を問われると「1年の間に子どもも産みました」とにっこり。周囲から祝福の声を掛けられると「ありがとうございます。今はすくすくと育ってます」と笑顔を弾けさせた。現在は4ヶ月。首が座ってきたことも明かし「これからは“ほご母”として頑張って行こうかな」と朗らかな表情を見せた。

 横澤は2017年7月に1歳上の会社員「ダイキ君」と結婚し、昨年9月に第1子妊娠5ヶ月であることを所属事務所を通じて発表。2月27日に自身のインスタグラムを更新し、「#産まれましたーーー! #予定日を通り越してやっと会えましたー!」と第1子出産を報告していた。

 “社会を明るくする運動”は、すべての国民が犯罪や非行の防止と犯罪と非行をした人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全で安心な明るい社会を築くための全国的な運動。横澤は、木村祐一、バッドボーイズと共に、よしもと社明アンバサダーに任命されている。LINEスタンプやCMのコラボ制作を手掛けた矢部太郎、社会を明るくする運動フラッグアーティストの谷村新司も登壇した。

Snow Man・岩本照、芸能活動再開

TOPへ戻る

高橋優、12年所属の事務所“卒業”

RECOMMENDおすすめの記事