【ディズニー】ホテルオークラ東京ベイ、春の訪れを感じる華やかなアフタヌーンティーを実食!

東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルの「ホテルオークラ東京ベイ」では、4月11日(日)までの期間「サクラクルール(桜色)」と題して、アフタヌーンティーや料理やスイーツを提供している。

「Afternoon Tea~サクラクルール~」は、「桜」や「桜色」にちなんだアフタヌーンティーを提供している。ふわふわのパンにたっぷりの桜色の生クリームを挟み込んだイタリア・ローマの伝統的なパン菓子マリトッツォをはじめ、春の訪れを感じるスイーツはもちろんのこと、サンドイッチなどのセイボリーも充実。ウェルカムドリンクも用意され、多くのゲストを魅了している。こちらは4月9日(金)までの実施で、料金は4,200円。開放感いっぱいの空間が特徴のレストラン フォンタナで開催中だ。

同じくレストラン フォンタナでは、シーズナルセレクトディナー「サクラクルール」を提供中。季節の食材を使った月替わりのディナーコースで、プラス料金で選べるメインディッシュは4種類ある。4月11日(日)までで、料金は5,000円とリーズナブルだ。

ランチ帯では、シーズナルセレクトランチ「サクラクルール」を提供中。シェフがおすすめする月替わりのメインディッシュに、オードブルサラダ、スープ、デザート盛り合わせが付いたコース仕立てのランチとなり、デザート盛り合わせはテーブルにて好きなだけいただける。こちらも4月11日(日)までで、料金は2,460円より。同じ会場でランチ、アフタヌーンティー、ディナーと時間帯で、提供する内容が異なっている。

「ホテルオークラ東京ベイ」は、浦安市舞浜の東京ディズニーリゾートに位置するアーバンリゾートホテル。ヨーロッパの宮殿を思わせる優雅な佇まいの外観と、イルカの門柱、南欧風のコートヤードほか多様な施設を備え、広々とした客室には大理石のバスルームを用意。日常から少し離れ、心弾ずむ春のひとときを満喫して。

※写真はすべてイメージです。最新情報は、公式サイトをご確認ください。

金城武がCMで演技力を発揮

TOPへ戻る

子どもの発想にチョコプラも驚き

RECOMMENDおすすめの記事