「ガンダム」中国大陸で劇場公開へ

 アニメーションを中心としたオリジナルIP(Intellectual Property/キャラクターなどの知的財産)を40年以上にわたり創出し続けてきたサンライズは、「機動戦士ガンダム」シリーズの劇場版最新作『機動戦士ガンダム NT(ナラティブ)』を7月12日より中国で劇場公開することを発表した。

【写真】 男が惚れる「ザク」&「ドム」の雄姿!セイラの“美しりり”も披露

 中国大陸でのガンダムシリーズ初の劇場公開にともない、6月11日に北京で『機動戦士ガンダム NT』上映決定発表会を開催。発表会には、浅沼誠(株式会社サンライズ代表取締役社長および日昇上海品牌管理有限公司董事長)らをはじめ、『機動戦士ガンダム NT』のメインスタッフやキャストを代表し、吉沢俊一監督、福井晴敏氏(脚本)、メインキャラクターの1人であるリタ・ベルナル役の松浦愛弓、小形尚弘プロデューサーも登壇。生アフレコの披露や各種コーナーを通じて、中国のファンとの交流を深めた。

 発表会は現地でも大きな話題となり「機動戦士ガンダム」シリーズ40周年となる本年に中国大陸で初の劇場公開を行うことは、国内だけでなく海外でもさらなるファン層拡大へのきっかけとなり、今後も世界規模での展開を目指しているという。

『ULTRAMAN』シーズン2製作

トップへ戻る

きゃりーのホストクラブ動画に賛否

RECOMMENDおすすめの記事