猫にGPSをつけてみた 夜の森 半径二キロの大冒険

写真

 東京から大分県・国東半島の人里離れた山間に引っ越してきた高橋のらさん。そこで出会った猫6匹との思いがけない共同生活をつづったフォトエッセーが刊行されました。
 都会では味わえない自然の中、猫たちの朝は高橋さんと一緒の散歩から始まり、昼は庭同然の広い森で自由に遊びます。ある時、1匹の猫が行方不明になり、そのことがきっかけで猫たちの首輪にGPSをつけてみると、高橋さんが寝ている間に一晩で4キロも歩く大冒険をしていました。「猫の行動範囲は数百メートル」は都会だけの話のようです。
 のどかな里山で自由に過ごすとっておきの猫暮らしから、一部を紹介します。

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    PROFILE

    高橋のら(たかはし・のら)

    1960年東京生まれ。製本会社を経て編集プロダクションを営む。現在の六匹を含め夫婦で十四匹の猫飼い歴あり

    BOOK

    猫にGPSをつけてみた 夜の森 半径二キロの大冒険

    猫にGPSをつけてみた 夜の森 半径二キロの大冒険
    (雷鳥社)高橋のら(著)

    猫ってこんなにたくましかったんだ!
    引っ越し先の田舎は隣家まで2キロ離れた山の中。そこで出会った猫6匹との共同生活がはじまった。朝は飼い主といっしょに散歩して、昼は森で自由に遊ぶ。あることをきっかけに彼らにGPSをつけてみたら……飼い主の寝ている間に、夜の大冒険に繰り出していた!! 一晩に歩く距離は、なんと4キロ。さらに、記録が示すのは猫の優れた時間&方向感覚。「猫の行動範囲は数百メートル」は都会だけの話。国内でもめずらしい環境だからこそ記録できた、日本初!? の貴重な行動データがここに。
    ★のどかな里山で暮らす猫たちの写真をたっぷり堪能できるオールカラー
    ★とっておきの猫暮らしが詰まった一冊

    [PR]